iMac(Late2009)HDD交換と温度センサー対策(ソフトウェア)←失敗。

ネタになるようなのは久しぶりですね。

今回は後輩くんの
iMac(Late2009)。Core2Duoのやつです。

以前から調子よくない話は聞いてました。
一体型のiMacはグラフィックカードの故障とかだともうどうにも手は出せないけど、
症状を聞くとどうやらHDDらしい。
後輩くんも「HDDにあるデータをできるだけ取り出したい」というのが先決で、
本体はどーなってもよい、とのことなので、
その覚悟があるならば、バラしてみてもいいよってことで。

まずはモニターカバー外し。
私自身iMac(Mid2007)使っていたことがあり
[https://blogs.yahoo.co.jp/dc2raka/58215698.html] これはサクサク。

吸盤をくっつけて、

引っ張り上げるだけ。
マグネットでくっついてるだけなので、
ちょい力入れれば外れます。

そのまま下側を支点に持ち上げて・・

爪で留まっている下側を引き抜きます。
これで外せます。

次は液晶パネル。
こいつの下にHDDがあるのです。

矢印の位置にネジがあります。同じ位置の反対側にもネジがあるので、
合計8か所。
トルクスレンチで外します。

これがまたやっかいで、
ネジのあるそばに、モニターカバー固定用のマグネットがあるので、
慎重にやらないと外したネジがマグネットに持って行かれます(^_^;

パネル外したところ。

本体側マザーボードと、この液晶パネルは
3か所のケーブルがつながっています。

写真のようにガバッと開けるには、
そのうちの
2か所のケーブルのコネクタを外さなければなりません。

本体側AとBの部分にそれぞれ、

液晶パネル側のコネクタAとBがつながっていました。

ネジが外れた時点で、少し持ち上げ、
隙間から手を入れ、このAとBを外します。なかなかイライラします(^_^;

さて、本題のHDD外し。
ネジは矢印の部分の2か所。
こちらもトルクスレンチ。

外したHDD。
ネジで固定されていた側の反対側に、
こんな固定用アダプタが付いています。

今回の主題は
壊れたHDDからのデータ救出、なのですが、
このiMacも、HDDが壊れているだけなら、
交換すればきっとまた使えるハズ、なので、
手元にあった中古HDDに交換してみます。

写真、
右が付いていた純正のHDD、
左はこれから使うHDD。
純正品、薄いっす。

まずは純正HDDからアダプタを外し、
そのアダプタをHDDに固定していたピンのようなパーツを
トルクスレンチで外します。2か所です。

交換するHDDに
この純正から外したピンをねじ込み、
固定用アダプタを装着。

HDDの厚さが気がかりだけど・・
とりあえず本体にHDDを取り付けます。
問題なく入りました。

問題はひとつあって、純正HDDに刺さっていた温度センサーのコネクタ、
これが行き場を失います。

iMacは、HDDの温度を監視し、その状態によって冷却用のファンを
コントロールしています。
で、
純正のHDDには、そのための温度センサーを接続するコネクタが付いていますが、
汎用のHDDにはそんなものないですよね。
てなわけで、汎用HDDに交換すると、この温度センサーのコネクタが接続できずに
宙ぶらりんとなる。

でも、これつながってないと、
冷却用ファンが全開で回り続けます(^_^;
今回はそれをフリーのソフトウエアで制御しようと考えました。

ひとまず組み上げ、起動の確認。
あ、表示されてる赤字のエラーは気にしないで(^_^;

さて、インストール。
ネットを回遊しながらあれこれ探すと、こんなものが。
その名もズバリ「Fan Control(ファンコントロール)」
[https://www.derman.com/Fan-Control]

iMacいじられてる方々(HDD交換やSSDへの換装など)は、
だいたいは
「Macs Fan Control」か、この
「Fan Control」のどちらかを使っているようです。

早速ダウンロード。

そしてインストール。

英語のサイトなので、FanControlのバージョンとか不明でしたが、
ひとまず入れてみました。
OSは10.6 SnowLeopardです。

インストール後、システム環境設定に、
FanControlが追加されます。

あれ?エラーだ・・。
やっぱSnowLeopardではだめなのかな?
Core2Duoだからかな・・。

調べる根気が無いので(^。^)別の方法をとります。
今度はハードでの対処。
次回書きます。

MacPro Early2008に、2.5インチSSDを内蔵

前回の日記で
「次のブツが・・」と締めましたが、
その次のブツってのがこれ。

はい、SSDですー\(^_^)/
ウチで普段使ってるMacmini2010、2014ともに
起動ディスクがSSDなので、もうウチじゃ
SSDでササッと起動してくれないと
煩わしく思えてしまう・・という贅沢なマカーに
なってしまいました(^◇^;)

今回入手したSSDは
サンディスク240GB SDSSDA-240G-J25C。
DO-MUでもAmazonでも7000円台半ばとお買得でしたが、
今回は一番安かったパソコン工房で。7,369円税込♪

プラスチック然な安っぽい筐体ですけどね、
造りは割と綺麗に仕上がってるので、まあいいかな。

で、MacPro使いにはご存じの通り、
このままでは搭載できません。
3.5インチHDDならサクッと載せられるMacProなのですが、
2.5インチとなるとサイズを調整するアダプターが必要です。

そこでコレ。
VintageComputerで購入した、
ICY DOCK 2.5 to 3.5 SATA ハードドライブ/SSD コンバーターケース
です。送料税込4000円ちょいだったかな。
やーホント、VintageComputerは痒いところに手がとどく
すばらしい商品をラインナップしていますよねー。
利用するたびにつくづく思います(^。^)

このケースにSSDを収めて、MacProの3.5インチHDDベイに
装着するんですねー。
そしてその、SSDの付け方が簡単。
まずはコンバーターケースの上蓋をスライドさせて外します。

外した状態。
右がコンバーターケースの端子部分。
左は上蓋をひっくり返したところ。
スプリングが付いています。これでSSDをしっかり押さえるんですね。

コンバーターケースの内側のガイドに沿って
SSDを入れます。

SSDをスライドさせつつ
端子部分をしっかり押し込みます。

上蓋閉じて完成!
工具もいりません。1分かかりません!

で、ひっくり返して

MacProのHDD用アダプターを装着。完成。

あとは通常のHDDと同じく、
ベイにしっかり差し込みます。

ディスクユーティリティで初期化。
OSなどをインストールしました。

バッチリ起動。

ちゃんと認識しています(^。^)
もちろん、爆速で起動してくれるようになりましたー♪

MacPro Early2008を、玄人志向Windows用グラフィックカードNVIDIA GeForce GTX750Tiで再起!

このMacProの購入の経緯ですが、
ヤフオクで数千円だったんです。
ただし、
電源なし!HDDなし!ドライブなし!メモリなし!グラフィックカードなし!・・

落札してからのやりとりで聞きましたが、
電源が壊れたらしいので、あれこれバラしてオークションで売ってるとか。
(ご本人はすでにiMac買ったらしい)
グラフィックカードはけっこう高値で売れたとか。

メモリ8GB分のみまだ売れ残っていて、
なんなら格安でお付けしますよ!とのことでしたので、
いただくことにしました。マジ格安で(^。^)
なんたって本体+メモリで数千円ですから(^。^)
良心的な出品者様でした。
(グラフィックカードでガッツリ儲けられたから・・なんて勘ぐってはイケマセンww)

さて、なにはともあれ一旦稼働させないことには
状態も解らず、先へ進めない。

まずドライブ。
実は職場で廃棄処分のMacProがあったので、ドライブ部だけ取っておいたんですねー。
それを装着。

次にグラフィックカード。
これは職場のMacProから純正の
ATI Radeon HD 2600 XTをちょいと借りてきて装着。

そして電源。
当初はATXを流用・・と思っていましたが、色々調べると
かなりハードルが高い。(私的には不可能)
なのでこちらも根気強くヤフオクで見つけました。

HDDは
ウチにあった2TBを使いました。

ハード面はこれで準備完了。

OSは以前作ったインストーラーから
MountainLionをインストールして起動。
うんうん、動きました。ほっ。

メモリもこの通り8GB。

さて、ここからです。

この純正グラフィックカード、
いつまでも借りていられません。
休み明けにはこっそり戻さなければ・・ww

事前にネットでいろいろ検索して、
Macでも稼働させることができるらしい
win用のグラフィックカード、
玄人志向のNVIDIA GeForce GTX750Tiの
アウトレット品をAmazonで購入してありました。1万円でした。
(正確には「玄人志向 NVIDIA GeForce GTX750Ti PCI-Ex16 LowProfile 2GB 補助電源なし/GF-GTX750TI-LE2GHD」)

なんせMac用ってのは高いですからねー。
3万円出しても、このグラフィックカードより遠くおよばない性能のものしか買えない、
いやそれ以前に、Early2008用で高性能なグラフィックカードがほぼ
入手困難ですから。

で、MacでのGeForce GTX750Tiの動かし方ですが、
先駆者の方々のブログ等見せていただくと、
このグラフィックカード、換装前に
先にドライバーをインストールしておかなければならないとか。

ドライバーは2つです。
グラフィックカード用ドライバーと
CUDAドライバーです。
(「CUDA」とは何か?ってことはググってくださいww)

事前にインストールしておくべきなのは
カード用ドライバーだけなのですが、
面倒なのでCUDAも先にインストールしました。

まずnVIDIAのドライバーダウンロードのページに行きます。
http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx
GTX750TiのMac用ドライバーは存在しません。
「Quadro K5000 for Mac」というのが使えるそうです。
それのMountainLion用(バージョン313.01.04f06)をダウンロード。

展開してインストールします。

続けてCUDAダウンロードのページに行きます。
http://www.nvidia.co.jp/object/mac-driver-archive-jp.html
自分のOSに合うバージョンを見つけます。
私は6.5.51でした

同じくダウンロードしてインストール。

するとこのように
システム環境設定に表示されます。

CUDAはデフォルトのまま。
何もいじることはありません。

ドライバーも同じくデフォルトのまま。

グラフィックドライバーのチェックが
「NVIDIA Web Driver」になっていることを
確認して下さい。

ソフトの準備が出来たので、
電源を落として
グラフィックカードを交換します。

かっちょええなぁー。

そして起動!!

・・

・・・

あれ・・。
画面が黒いまま。いつまで経っても黒いまま。
ドライバーのバージョン確認し、
念のため再インストールし、
ディスプレイのポートもDVIもHDMIも試してみたけど
ぜんぜんダメ。
んー。

一旦純正のグラフィックカードに戻します。

で、OSをアップデートしてみました。
10.10Yosemiteに。

以前一度MacminiでApp Storeから
ダウンロード・インストールしているので、
App Storeにログインして「購入済み」タブから
再ダウンロード・インストール。

あらためてグラフィックカードのドライバーも
Yosemite用のバージョンをダウンロード、再インストール。
ドライバーのバージョンは
346.02.03f06
CUDAのバージョンはこの時最新の
7.5.25
を入れました。

インストール後、Macを終了し、
またGeForce GTX750Tiに変えて
パワーボタンを祈りながらぽちっと・・

わぉ起動!!

ほれほれこの通り!!

さらにヤフオク+Amazonのアウトレットで手に入れた
格安メモリも突っ込んで

14GBに。
これでしばらく使えるかなー。

といいながらも、
ネット購入した次のブツを待っています・・( ̄∇ ̄)

ちなみにここまで、
からっぽ本体+中古メモリ8GB分+中古純正電源+アウトレットGeForce GTX750Ti
+アウトレットメモリ6GB分(HDDとDVDドライブは0円)
=32000円のMacProです(^。^)
粘りと労力と運が必要ですが、
なんとか「激安!」ってレベルに抑えられたと思いますー。

MacBookのメモリの話

あちこちネットを徘徊していると、
新型(現行)MacBook、MacBookProの
最大メモリが、「このMacについて」上では8GBまで認識(4GB×2本)、
そして実際には6GBまで使えるとか(4GB+2GBの組み合わせのみらしい)。

それと、
マックメムさんのテストによると、
メモリのデュアルチャンネルも、MacOS上ではそれほど
大きな効果は無さ気です。
(デュアルチャンネルは速いようですが、微妙にです)

今、MacBookにかなり心惹かれています。
実際試した方、いないかな?
デュアルチャンネル効果が薄くて、6GBが使えるなら、
4GB+2GBでいってみたいもんです。
ただ、4GBはかなり高いようですが・・(^^;

eMacにBluetoothキーボード

ウチは、狭い机の上にiMacとeMac、そしてVAIOが載ってます。

VAIOはノートで無線LANなので、使うときだけ
どこかで広げればいい。

でも、日常的に使っているiMacとeMacはそうはいかない。
キーボードを並べると、マウススペースがなくなるんですよね。
んで、省スペースのためeMacのキーボードを、
Apple Wireless Keyboardにしました。

うん。このサイズなら並べておいても
マウススペースがあります。
このキータッチも、馴れたらやめられません!

電池入れる部分とその蓋。
普通にネジ切りゃいいのに、いちいち凝ってる。
さすがApple。

んで、今回のキモ。
Bluetoothなんぞ内蔵してない旧いeMacには、
こいつを使ってつなげます。
D-LinkのBluetoothアダプター「DBT-120」。

けっこう前の製品らしく、すげー安く買えました。
ネットで検索してみましたが、このD-Linkってブランドも、もうないのかな?
ま、キーボードつなげるだけなので、これで充分でしょう。

eMacのOSは10.5.5。
無事に認識してくれました。
通常のBluetooth機器のように、手順に従っていくだけ。
途中で「パスキーをキーボードに入力しろ」旨の指示が出ますが、
Wireless Keyboard上の数字キーで、
そのパスキーの数字を打てばOK。
ただ、打った数字が表示されるわけではありませんので、
間違えないように慎重に。
ま、間違えてもやり直せばいいだけですけどね。

設定終了後、
環境設定を見ると見事に接続。
これであの使いやすく省スペースのワイヤレスアルミキーボードが
eMacで使えちゃいます。

ちなみに、Bluetoothアダプターはハブ経由でつないでます。
問題ないようです。

無線マウス、Bluetoothキーボード、
そしてぽんこつeMac!(笑)
この違和感がタマリマセン(笑)。

PowerBookエネルギー復活

「PowerBook G4 バッテリー交換プログラム」に該当してしまった
PowerBookのバッテリーが、今日やってきました。
Appleサイトのフォームから申し込んでから、ちょうど1週間。

おぅ。ぴかぴかのバッテリーだぜ~。
これでまたPowerPCの延命が図れました。

ばっちり充電してくれます。

旧いバッテリーは、
配送してくれた宅配屋さんが、
その場で「交換してください」と、さっさと持って行ってしまいました。
せっかく比較した写真撮ろうと思ったのに・・。

今ごろ「バッテリー交換プログラム-PowerBook G4」に申し込む

PowerBookG4/1.67GHz、
起動中に電源アダプターが外れたら、
いきなり終了。

ええ~っ!?と思いながら電源つなぎ直してあらためて起動。
バッテリー残量を見るとゼロ。

何分経ってもゼロ。
何時間経ってもゼロ。

あ、そういえば・・思い出しました。
「バッテリー交換プログラム – iBook G4 および PowerBook G4」ってやつ。
対象機器なのは確認済みだったんですよねー。
交換しなきゃと思いながら半年以上経過してしまいました。

このせいかどうかはわかりませんが、
なにはともあれ、新しいバッテリーがもらえるなら、と
慌てて即申し込み。

申し込み後、来た確認メールによりと
5~7営業日ほどかかるとか。
私にとってAppleは、今までの経験から
「申し込み→到着が早い」という印象がありますが、
今回はけっこう日にちがかかるようです。

サイケ調のMacPro。グラフィックカードトラブル続き

今年春にMacProが4台来たとき、
グラフィックカードに問題があって、モニタはノイズ祭りでした。
直そうとあれこれやってみましたが、
結局これは、後日グラフィックカードのファームウエアのアップデート、
という形で解決しました。

さて、今回。
実は先日来た1台のMacProも、
起動してみるとこんな症状が。

見事にサイケデリックなデスクトップ(笑)。
でも作動に問題はないし・・ということで
あれこれいじってみると、

モニタのDVI出力の「1」(向かって右)だけがサイケで、
「2」(向かって左・ケーブルの挿してある方)はなんともないんです。

このまま時々差し替えて楽しむのも一興ですが(笑)、
新品で買ってコレじゃあちょっと・・というわけで、
後日グラフィックカードの交換となりました。

iBookG3のもがき。増設で速くなる?

友人のiBookG3、メモリ増設しました。
OSやアプリケーションも入れ替えたし、
これですべて完了。

Do-夢で買った512MBのメモリです。

ちょいちょいと増設。
これでトータル640MBに。

せっかくだから、ちょっと試してみました。
まずは標準の128MBだけで起動。

計測は手でストップウォッチ押しただけなので、正確じゃありませんが、
起動音が鳴ってから、デスクトップ上のものすべて表示されるまでに
1’42かかりました。

今度は今までに使っていた状態、
128+256=384MBで起動。
1’04でした。
メモリ3倍ですもんね。かなり速くなりました。

今度はフル搭載の128+512=640MB。
期待していましたが・・1’02でした。
相対的には7割り増しくらいですから、128→384の3倍にはかなわないでしょう。
でも、FinderやSafariなどはサクサク動くようになりました。

50m先のご近所iMac、Bluetoothで発見

Bluetooth起動して、デバイスを探していたら・・

先日自分の携帯をブラウズしていたときと同じく、
ご近所で使っていると思われる「911SH」を検出、
そして今回はさらに、なーんとiMac発見!

このiMacの名前が、思いっきりフルネームだったので
町内会の地図を見ると、近所に同じ名字の家がありました。
女性の名前だったので、もしかしたらこれがきっかけで・・(妄想中)

もしホントにその家の方だとしたら、
50mほど離れているんですけど、
Bluetoothってそんなに届くんですねー。