Tiger・LeopardとillustratorCS2・Safari、MacProでの症状

仕事のマシンをG5から
MacProに換えてからというものの、
ここにもトラブルの記事ばかり書いていますが・・(^^;

最近、以前記事にしたとおり、Tigerを再インストールしました。
今回は「ターゲットディスクモード」でのデータの移行も行わず、
面倒ですがひとつずつコピーしたり
設定し直したりしました。
おかげで大部分のトラブルは解消されました。

「illustratorCS2でプリントが化ける」(ドロップシャドウが壊れる)という症状は、
再インストールとは関係なく、
プリンタ側のサーバのプログラム書き換えで直りました。

同じく
「illustratorCS2でプリント>プリンタ(旧ダイアログ)>各種設定を「プリセット」に保存
>プリントに戻ってそれを読み込もうとするとillustratorCS2が終了」
というトラブルも、Ethernetポートをそれまでの1から2に変えたら
無事にプリントが出せるようになりました。
ハードの「Ethernetポート1」が壊れているようです。

ただ、また新たなトラブルが(笑)

DVDドライブのスロットのふたが閉まらない・・。
これは再インストールとか無関係ですが、
最近閉まりが悪い。
手でちょいちょい、とつついてやると閉まります。
ま、どーでもいいです(笑)。

そしてこれが新たに発症した困ったトラブルなのですが、
Tiger+Safariからプリントできない。
FireFoxでも同じ症状です。
ショートカット「コマンドキー+Pキー」を押したとたん、
カラーホイールがぐるぐる。
しばらくするとSafari(またはFireFox)が終了。
そして写真のアラートが出ます。

ところが、別パーティションにインストールしたLeopardのSafariでは
なんともないんですよね・・。
なので今は、Safariからプリントするときだけ、
Leopardに再起動しています。

先の通り、私のMacProは
「Ethernetポート1」が壊れているのははっきりしているので、
修理(当然無償)ということになりました。
ロジックボード交換だそうです。
マシンがなくなると仕事が出来ないので、今は代替え機待ちです。

これでTiger+Safariの件も直るのか?
とりあえず原因がまったくわからないので、
修理が上がってきてから再検証してみます。