Intel+LeopardにOS9の使い途

〈2007.11〉

私の管理しているホームページがあります。
仲間と作っている車のクラブのサイトです。
http://www.club16.net
そろそろ更新しなきゃ・・と、制作するためのデータを探して・・あ、あったあった。
あ~・・これ、Adobe LiveMotion2.0の書類だ!!

最初の頃のデータを一部使い回しているので、
Flash画像をLiveMotionで作ってる部分があるのでした(^^;
Flashで作り直そうにも、Flash2004しか持っていない。
これ、IntelはおろかG5でも起動しないんですよね~。

やっぱりLiveMotionしかないかぁ。
OS9はもとより、G4+Panther、G5+Tigerでも動いていたLiveMotion、
きっとIntel iMac+Leopardでも動いてくれるに違いない!
(ほとんどすがるような気持ち)

作戦1:
で、まずは普通にインストール。
早速「有効なClassic環境が見つかりませんでした」とアラート。
それがなんぼのもんじゃい!!続行です。
すると少しして今度は「インストール先にシステムフォルダが存在する必要があります」。
インストールがキャンセルされてしまいました。

作戦2:
とりあえず起動できるか確認したい。
G4DigitalAudioを起動。LANでiMacからG4に接続、
G4の起動ディスクをiMacにマウント。
そこで、マウントしたG4の起動ディスクからLiveMotionをダブルクリック。
んんん!!起動しました。
まあ、このまま使ってもいいかな~とも考えましたが、ぴん!とあることがひらめきました。

作戦3:
要は、OS9のシステムフォルダがあればいい。
別にOS9起動なんかできなくても、存在していればいいんですよね、きっと。
そこで、OS9システムフォルダとLiveMotionを、G4からiMacにコピー。
どれどれ、LiveMotionをダブルクリック!
・・あれ・・「接続に失敗しました。サーバが存在しないか・・云々」だそうです。

そうなんです。
さっきG4をiMacにマウントして起動した記録が、どこかに残ってるんですね。
だから、もうiMac内にLiveMotionもOS9システムフォルダも両方とも存在してるのにもかかわらず、
LiveMotion起動するとわざわざ、「G4の起動ディスクに入ってるOS9システムフォルダ」というのを
探しに行っちゃうんですよねきっと。

作戦4:
じゃあ、LiveMotionに「同じMac内にあるOS9システムフォルダを利用して起動する」ことを、
覚えさせてやればいいってことですよね。
そこで今iMacにコピったLiveMotionとシステムフォルダを一旦消去。
もう一度G4を起動。そしてG4上でLiveMotionを一度起動し、終了させます。
これで「同じMac内にあるOS9システムフォルダを利用して起動」と記録されたはず。

あらためてiMacにG4をマウントし、
OS9システムフォルダとLiveMotionを、iMacのアプリケーションフォルダにコピーして移植。
G4のマウントを解除し、LiveMotionをダブルクリック。
・・やったぁ!iMac+Leopard上で見事に起動。
このあと、LiveMotionで作業をしましたが、問題なく作動してました。

OS-X上で起動するけど、OS9がないと作動しない、という過渡期にあったアプリケーションは、
この「PowerPCのMacから、OS9システムフォルダを移植」してくることによって、
Intel+Leopardで起動できるものが他にもあるかもしれませんね。

消えるフォント・・

〈2006.11.1〉

とあるQuickSilver(G4/733・OS9.2.2)なのですが・・
フォントフォルダに入ってるはずのフォントが
アプリケーションじゃ認識しないんです。
Illustratorでも、Photoshopでも、SimpleTextでも・・。
それも特定のフォント(DynaFont)。
ある日突然こんな症状に。

とりあえずは、
「フォント」フォルダのフォルダ名を変え、
そこに新たに「フォント」と名前のつけた新規フォルダを作り、
そこにフォントをすべて移動。
そののち、名前を変えた元のフォントフォルダを削除。
そうすれば認識してくれるんですよね、なぜか。

でも、再起動するとまたダメ・・。
なので、Macを起動するたびにこの作業をしなければなりません。

思い当たることは、初期化以外はすべて試してみたのですが、
すべて効果なし。
うむむ・・初期化→再インストールかぁ。
それで直ればいいけど・・。

OS9「マルチユーザ」のパスワード

〈2006.1.21〉

先日のOS9「マルチユーザ」での
パスワード設定のトラブル。

トラブルの起きないマシンてゆーのが、
グラファイト全般、それとQuickSilverのほとんど、
MDDの867(初期のMDDっすね)のほとんどなんです。
で、トラブル起きたのが、
MDDの1.25(後期のMDD)すべてと、
MDD867・QuickSilver各1台。

そこで、867の1台は、MDD1.25と多少症状も違ったので、
とりあえずおいといて(QuickSilverの1台も)、
同じMDDでも、867と1.25でトラブルの有無がはっきり分かれている。
そこで、手っ取り早く、867の「OS9システムフォルダ」を、
1.25にコピー。

あれれ?問題解決。
実際、どこがどうなのかはわかりませんが、
「個人情報保護法」の資格取得でせっぱつまっていたので、
とりあえず切り抜けそうです。
1.25は、OS9から起動して、問題なくパスワード設定ができました。
867のCDに付いてくる「OS9システムフォルダ」と、
1.25のCDに付いてくる「OS9システムフォルダ」、
バージョンは同じようですが、どこかが微妙に違うのでしょうね・・。

ちなみに、同じ方法で1台だけだめだったQuickSilverも、
問題解決しました・・。不思議。

OS9マルチユーザー

〈2006.1.21〉

勤務先には、1・2・3・・
42台のMacがあります。
システムに関してはほとんど、私とSの2人で、その42台を
面倒見ています。
仕事の傍ら、っつーか、残業しながら。

んで、何を思ったか、会社が「個人情報保護法の認定を取るぞ」
なぞと言い出しました。
OS-Xで常時可動しているのは、私のマシンともう1台だけ。
残りの40台は、OS9。
「マルチユーザー」を使っての、パスワード設定をやらねばなりません。
OS-Xなら、らくちんなのに・・。

しかも、今日は手始めに5台ほど設定してきましたが、
そのうち2台が、固まるわ固まるわ!
ログインした瞬間に、かちんこちん。これにはまいった。
CDから起動して、「マルチユーザー」の初期設定捨てて、
とりあえずは起動できる状態には戻しましたが、
これから原因を調べなければ・・。
あーもーOS9、めんどくせぇ~。