iTunes Store(App Store)の認証解除忘れた!私に、Appleの温情

〈2007.10〉

やっちまいました。
実は、USBポートの不具合で販売店に引き取ってもらう先代iMacを
「iTunesStoreの認証を解除」しなければならなかったのを、
先代iMacを販売店に引き渡してから気づきました(^^;

金曜日の夜に販売店に引き渡し、家へ帰ってきてからすぐ
それに気づいたのですが、時すでに遅し。
そこでAppleのサイトをあちこち見ていると
サポート>iTunesStore>コンピュータの認証
という項目にたどり着きました。
http://www.apple.com/jp/support/itunes/store/authorization/

この項目を一通り読んでみると、要するに
「手放すときには、そのコンピュータからiTSにアクセスしてちゃんと解除しとけ」と書いてありました。
ハイ・・。
でも、それを忘れた場合の対処が書いてなかったので、
このページの一番下にある「メールサポート」に、ことのあらましを書き込み、
フォームを送りました。それが金曜日の夜中です。

翌土曜日の朝10時前には、なんとさっそく返事がきていました。
「事情が事情だけに、IDとかパスワードとか教えてくれるなら、
今回だけは例外としてこっちで解除したげる」とのこと。
おお~助かった~。
(ってか、iMacにトラブルさえなければこんなことにもならなかったんですけどね・・)
↑まあ、この辺の事情を考慮しての対応でしょうね、きっと。
1台分だけ解除というのはできないそうですので、
登録してあるすべてのPCをAppleにて一旦解除、
その後また登録してください、とのことでした。

IDやパスワード他要求された事項を書き込み返信したのが月曜日のお昼。
夜8時に確認したら、もう解除されていました。
iMacとeMac、G4、VAIOの4台をあらためて登録。
無事、元通りになりました。

iMacもiTunes認証でiPodも問題なし

〈2007.10〉

もうG4からの移行はすべて終えました。
さて、あとはiMac使いこなすのみ。

ひとまずiPodをつないで
iPodの中の曲も整理しよう・・あれっ?!
つないだ瞬間にアラートが。

iPod miniは手動で同期にしているので、
こんなのは出ませんでしたが、
iPod nanoは自動で同期にしているので、つないだ瞬間に
アラートが出現。
よく読むと、iTunesStoreで買ったものばかりが
iPod nanoにコピーできない、再生できないと。
ちゃんとコピーガードが効いてます(笑)。

このiMacをiTSに認証させるのをすっかり忘れていました。
ひとつのIDに対して5台のPCまで認証させられるので、
G4、eMac、VAIO、そしてこのiMacで4台になります。
(あ!あと1台買っても大丈夫だ/笑)

許可されていない曲を再生しようとダブルクリック、
すると写真下のようなアラートが出るので、
(メニューバーにも認証の項目がありますけどね)
IDとパスワード入れて、認証は終了。
無事にiMacでiPodがいじれるようになりました。

これで各種設定や移行は、
すべて終了(のはず)。
これから興味深い進化を遂げた(らしい)iLifeを使ってみたいと思います。
特にiMovie、iDVD、iPhoto、そしてiWeb。
また順次報告します~。

iMacへiTunes、MailなどをG4から移行

〈2007.10〉

ほとんど新規インストールしたのですが、
そのまま移したいデータもあります。

SafariブックマークとiCalのデータは、
私.Macに加入してるので、同期で簡単。
勝手にデータがやってきます。

ATOKの登録した単語は捨てました。
また新たに登録していきます。
以前に会社でG4→G5にATOK引き継いだときに、
トラブルがあったもので・・。

iTunesは
ユーザー>ミュージック>iTunesフォルダをまるごと、
Mailは
ユーザー>ライブラリ>Mailフォルダをまるごと、
G4からコピーしました。
これで問題なく作動しています。

iTSアートワークいただきの小技

〈2006.10.1〉

自分の持ってるCDから曲を取り込んで
iTunesで管理。
同じ曲がiTSで売っていたとしても、
アートワークがダウンロードできないことがありますよね。

アートワーク、正確には「アルバムのアートワーク」と言います。
とゆーことで、曲名だけ一致していてもアートワークは
ダウンロードできません。
iTunes上で言う「名前」(曲名ですね)「アーティスト」「アルバム」の
3つの名前の一致が必要なようです。

例えば私、iTunesにhitomiの「LOVE2000」を取り込んでいます。
iTSでもhitomiの「LOVE2000」は販売している(=アートワークがある)のですが、
アートワークがダウンロードできません。
私は「LOVE2000」を、CDの「SelfPortrait」から取り込みました。
でも、iTSにある「LOVE2000」は、アルバム名は「Love 2000 -Single」なのです。

そこで、まずiTS上でアルバム名を確認し
(正確には「Love〈半角スペース〉2000〈半角スペース〉-〈半角スペース〉Single」です)
すでにiTunesに取り込んであるLOVE2000の「アルバム」の部分の名前「SelfPortrait」を、
このiTSでの「アルバム」の名前「Love 2000 -Single」に打ち替えます。

これでおっけ。あとは
「アルバムのアートワークを入手する」で、
ほら、ちゃーんとhitomiちゃんが我が家にやってきました~♪

iTunes、疑って悪かった!

〈2006.9.1〉

やってみました、iTunes vs Toast7。
早い話が、Toastが速いかも、というのは気のせいで、
iTunesの勝ちでした・・。

元データはAAC192kbps/73.9MB、
AIFFにエンコードされCD-Rに焼かれた状態では733.9MBでした。
(時間にして1時間12分のデータ)
手持ちの時計で計ったところ、
CD-Rに音楽CDとして焼くのにかかった時間は
iTunesで
3分16秒。
一方、Toast7では
5分17秒。

2分も違いました。
やはり音楽系に特化した分だけ、iTunesは速いのでしょうかね。

iTunes<Toast7?

〈2006.9.1〉

Toast7は、iTunesのプレイリストを読み込んでCDに焼くことができます。
iTunesでは音楽CDとしか焼けませんが、
Toastだといろんな形式のデータCDとしても焼けるから
まあ、人によっては重宝するんでしょうね。

自分にはあまり関係ない機能だと思っていたんだけど、
先日気まぐれでToast7使ってiTunesのデータ焼いてたら・・・
おぅっ?!なんだか速い。
iTunesより焼くのが速いみたいです。
きちんと検証はしてないので、後日iTunesとToastを対決させようと思っています。

iTMSに、私の趣味がわかるのか?!

〈2005.11.24〉

iTMSにログインすると、トップページに
「Just for you」というコーナーがあります。
ここの右上「全て見る」をclickすると・・

今まで購入したアーティストや楽曲から、
iTMSが判断した、ログインしたユーザーにおすすめの曲が。

ちなみに私の場合、
浜崎あゆみを買っていたので、浜崎あゆみの他の楽曲が
いくつか並んでいました。
まあ、それは当たり前といえば当たり前。

佐野元春を買って、「ウルフルズ」を薦められています。
う~ん、微妙。
確かにウルフルズは好きですけど。
ま、これはいっか。

わからないのが
槇原敬之の「Traveling」を買ったことで薦められてる
「アリス」(笑)。
なんでやねん!?根拠はなんじゃ~!?

ま、そんなのも含め、企画としてはけっこう面白いかも。
気に入ってます。
「もう購入している」「ちょっと趣味じゃない」という、
clickできる部分があるので、学習していくのかな?

当然、アリスは「ちょっと趣味じゃない」(笑)。

iTunesのアートワークでCDジャケット作り

〈2005.8.21〉

iTMSでのダウンロードでは、きっとたぶん
ほとんどの方がiPodでその曲を楽しんでいることと思います。
ま、私もそーですけど。

でも、CDに焼こうかな、なんて必要もまれにあり、
ついでにカッコイイジャケットも・・・あれ?
開かない。

iTMSで曲を買うと、同時にダウンロードされる
「アートワーク」、こいつでカッコイイジャケット作ろうと思ったけど、
Photoshopで開けないんですよ。
iTunesの「アートワーク」から、デスクトップに
ドラッグ。んで、そのデータをPhotoshopで開く。
これができないんです。
ドラッグしたデータには拡張子がついていないので、
いろいろな拡張子をひととおり付けてみて試しましたが、
「ドキュメントの種類が適切ではありません」と
無情なダイアログが。

で、違う方法。
iTunes上の「アートワーク」を、直接コピー。
3ボタンマウスなら左クリック、
1ボタンならControl+クリックで、
コピーを選択します。
んで、Photoshopで新規書類を開き、そこへペースト。
うん、これで完璧です。

プリンタ向けに解像度をちょいと上げ、150dpiにしても、
サイズは100mm×100mmほど。
なかなか大きなサイズで使えます。

iTunesStoreの1Click

〈2005.8.20〉

iTMSでのお買い物、「1click」で素早く手軽に、
もいいのですが、私のように
「買おうか、どうしようか・・」とグダグダ悩むタイプには
「ショッピングカート」の方が向いてます。

iTunesの環境設定>ストアで、
お買い物の仕方が、
「1click」または「ショッピングカート」のどちらか選択できます。

「ショッピングカート」を選択すれば、
iTunesのメニューに、「ショッピングカート」が追加されます。

私は「ショッピングカート」を使っています。
気になったり迷ったりしたら、とりあえず
「ショッピングカート」に放り込んでおきます。
放り込んだ時点では、まだ購入ではないので
(普通のお店と一緒ですね)
踏ん切りがついたときに、「ショッピングカート」内に
放り込んだ曲の購入ボタンを
ぽちっとすればいいわけです。

まだ購入してないけどカートに入ってる曲が、
もう10曲以上あります(^^;