Mac OSXのHDDに鍵、しかもアクセス権の修復もできない!→DriveGenius+ターミナルの合わせ技で。

時は令和2年(2020年)、
なーのーにSnowleopardのネタで恐縮ですm(_ _)m
先日職場でデータバンクと化しているMac Pro 2010(OS10.6.8 Snowleopard)の
ハードディスクのアクセス権がぶっ壊れまして。


事の起こりは
内蔵HDD4台、USB外付けHDD2台のうちの1台が、
気づくとHDDに鍵マークがついちゃって。
ディスクユーティリティで直そうかと「アクセス権を修復」など
使ってみたんだけど、
するとなんと起動ディスク以外のすべてのHDDに鍵が(゚Д゚)びっくりですわ。
直してたハズなのに悪化するだなんて…。


ディスクユーティリティでは、
もはや「ディスクのアクセス権を修復」ボタンが
グレーになってて押せないため、早々に断念。

「情報を見る」で
「カスタム」になってるアクセス権を
「読み/書き」にしても、すぐに勝手に「カスタム」に戻っちゃう。これもダメ。


なのでネットで「Snowleopard アクセス権 修復できない」で検索。
思った通り、ターミナル使って修復する方法がいくつもヒット。
が、いくつか試したけど、どれもダメ。

さらに深く検索したものを追ってゆくと・・
見つけたのがこちら、
Ani-Came!さんのサイトの
Mac OSX 10のカスタムアクセス権を簡単に解除する方法」。
私と同様に、
ネット検索でヒットした方法をいくつか試したけどダメだったとか。
そんな中でたどり着いた方法、って事だったので、かなり期待が持てました。
ターミナルを使います。
以下引用

こういったコマンドを用います。
chflags nouchg /Volumes/ハードディスクの名前
sudo chmod 1775 /Volumes/ハードディスクの名前
sudo chflags nouchg /Volumes/ハードディスクの名前
もしくは
sudo chflags nouchg /Volumes/”ハードディスクの名前”
sudo chmod 1775 /Volumes/ハードディスクの名前
などです。
「ハードディスクの名前」に、カスタムアクセス権を解除したいハードディスクの名前を入力します。注意点は、たとえば名前が「Macintosh HD」であれば、「Macintosh\ HD」と入力しなければならないこと(カギ括弧は外して入力)。「\」の後ろは半角あけ(注意:ブラウザによっては文字コードの問題で円、¥マークが表示されてるかもしれませんが、半角「/」の反対、つまりバックスラッシュが入ります)。
sudo chmod 1775 /Volumes/Macintosh\ HD

この方法で、鍵のかかったHDD5台のうち、
内蔵HDDの2台が直りました!!
残りは内蔵HDD1台とUSB外付けHDD2台。


ここでハッ!っと想い出しました。
私、アイギーグのDriveGenius2持っていることを。
Snowleopardをメインで使ってた頃に買ったんですよね。
もう10年以上前かな、買ったの。存在すら忘れてました。


こいつの修復機能で残り3台の鍵のかかったHDDを検証・修復。


特に問題は出なかったし、
DriveGenius2使っただけでは問題解決しなかったんだけど、
その後あらためて先述のAni-Came!さんの方法を試すと、
なんと!3つともアクセス権を修復できました!!

直ったHDDは、中身を一旦別のHDDに移し、初期化→再フォーマットして
今も使っています。

DriveGenius→ターミナルの合わせ技で直るもんなんだなぁ。
やー最新版のDriveGeniusも買っておこうかな・・。

Mac(Chrome、Safari、Firefox)からInstagramのかんたんアップ(更新)方法

「web関係はさ、やっぱスマホよりMacでアップする方が楽でさ」
うんうん同感。
「ホントはInstagramもMacでやりたいんだよねー」
あ、それできるよー。

そんな会話を友人としていて、やり方を伝授。
仕事でインスタやってるその友人、
写真はPhotoshopで色調整とかしてるんですよ。
だからそのままMacでインスタアップする方が楽なんすよ。

あ、あとね、
私の世代だとね、やっぱキーボードで文字打つのが楽ってのもあるかなー。

以前、Mac上で動かせるAndroidのエミューレーターで遊んでる時に
それでInstagramをアップする日記は書いたことあったけど、
Instagramのアップだけなら
もっと、てか超かんたんに
普通にブラウザできるやり方あるんすよ。

Google Chromeと、Safari、Firefoxが使えますが、
ひとまずChromeでのやり方。
(Mac mini2014/El Capitanでやってます)

いわゆる「開発者モード」で作業します。
web製作者などがブラウザで使う機能ですね。

Chromeの右上(1)をクリック、
開いたウインドウから「その他のツール」(2)を選んで、
そこから「デベロッパーツール」(3)を選択。

グラウザ上の半分くらいに
コードばかりの画面が登場します。
その上にある、スマホ&タブレットのアイコン(4)をクリックすると

開いていたサイトが、
スマホで見ているような状態になります。

ここで、Instagramにログイン
[https://www.instagram.com/?hl=ja] すると、Instagram側で
「あ、スマホで見てるなコイツ」と勘違いして、
スマホ同様の画面が呼び出されます。

結果みごとスマホまんまのInstagramを
開くことが出来ます。
これでアップもOK。

Safariはもっと簡単で、
環境設定>詳細の
「メニューバーに“開発”メニューを表示」
にチェックを入れると、

メニューバーに「開発」という項目が出現するので、
そこから「ユーザーエージェント」を選択すると、
iOSの項目が出てくるので選択。

これでInstagramを開くと、
Chrome同様スマホ状態で見られます&いじれます。

Firefoxの場合は、
ツールバーから
ツール>ウェブ開発>開発ツールを表示
で、Chromeと似た画面が開き、

これもChrome同様スマホ&タブレットアイコンのクリックで、
スマートフォン画面として
Instagramを開くことが出来ます。

Safariが一番ラクだけど、
どれもけっこう簡単にできちゃいます。

Macに仮想Android/Xperiaを作る!MacからInstagramの写真アップをする!!

いやはや、初めてみてから
とんでもないことだと気がつきました(笑)

スマホで写真撮るのがあんまり得意じゃなく、
コンデジで撮ることがはるかに多いので、
それをウチのMacからインスタグラムにアップできないのだろうか?
ということなんです。
で、
ネットであれこれ検索して、
「寝ログ」さんというサイト
にたどり着いて、参考にさせていただいたのですが、
寝ログさんが書かれてから半年以上の間に変わったのか、
あるいはMacだからなのか(寝ログさんの記事はWin向け)、
けっこう違いがあって試行錯誤でした。

今思えば長い道のりなのも当然なんだけど・・
根が楽天家なもんだから、「お。やってみよーっと」って始めちゃったんですね。

実はもっと簡単にMacからインスタにアップする方法もあるようなんですけど、
私は今回のこの方法、「Macからインスタグラムにアップできる」だけじゃなくて
Mac上に仮想スマホ/Androidを立ち上げられるっていうのに惹かれたんですよねー。

なお、私の今回の環境は
Mac mini 2014(OSX 10.10 Yosemite)、
InstagramもGoogleもすでにIDを持っています。

ざっくりその長い行程書くと、こちら。

1:Macでエミュレーター作動のためにVirtualBoxをインストールする

2:Mac版仮想Androidアプリ「Genymotion」をダウンロードする

3:「Genymotion」のインストール、Macで仮想Xperiaの設定をする

4:Mac上の仮想Android/Xperiaの日本語設定など

5:MacでGooglePlay使うため「Genymotion ARM Translation」と「Google Apps for Android」をインストール

6:PlayストアからMacにInstagramをダウンロード、そして設定して使う

これけっこう面倒な作業でしたねー(;´Д`)

ブログ管理ソフト「xfy Blog Editor」が使えなかった(やっぱし)

ATOKで馴染みのジャストシステムから先日発売された、
ブログ作成・管理ソフト「xfy Blog Editor」(エクスファイ ブログ エディター)を
使ってみたくて、ダウンロードしました。
「xfy Blog Editor」サイト
非商用の個人使用版は機能制限がいくつかあるとはいえ、
無料!タダ!
とりあえずやってみっかー。

コレを使って記事書いたり、アップした写真の管理が出来れば、
このブログのApple記事のみアーカイブした私のサイト「CryMacs」との
共用がしやすい。
そんな企みをもってサイトを覗きましたが、
非情にもソコには対応ブログとして「Yahoo!blog」は
載っていませんでした・・。
(対応ブログ:ココログ/Seesaaブログ/FC2ブログ/ブログ人/ヤプログ!/JUGEM/ドリコムブログ/アメーバブログ/livedoorブログ/ジャストシステムブログ/TypePad/WordPress/WordPress.com/Movable Type 4.0x/3.17x/3.2x/3.3x/Movable Type 4.1x)

でもダメ元で・・もしかしたら・・

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、
xfy-blog-080630>bin>xfyBlogEditor.jarをクリックして起動。

おっ。なかなかシンプルでおしゃれな画面。
xfy Blog Editorスタートをクリック。
そこで開いた画面の
ファイル>ブログサービス追加を選択すると・・

あらら。プルダウンして出てくるブログサービスからしか
選べないのか・・。
やっぱりダメでした。
Yahoo!blogでは使えないです。玉砕。

削除データ復旧「DATA RESCUE 2」から起動

買いました、アイギーグの「DATA RESCUE 2」。

幸いにも私、
誤ってデータ削除したことはこの9年間で一度きり、
HDDの故障等で消失したことは一度もありません。

でも、会社の後輩で先日
「データ消しちゃったんですけど・・」と言うヤツが。
会社で買ってもらうためには手続きに時間かかるし、
でもそうしているウチにデータ復旧の確率は減っていくし。
・・しゃーない。
自腹切りました。ま、ひとつ持っていれば安心だし。
それに、その機能もどれほどのものか興味あったし。

候補は
act2の「テックツールプロ4.6」、そしてこの
アイギーグの「DATA RESCUE 2」なのですが、
サイトで見て「テックツールプロ4.6」は今回はすぐに使えない、とわかりました。
というのも、現段階で今年1月発売のMacProには対応していないとのこと。
なので必然的に「DATA RESCUE 2」購入となりました。

アイギーグのサイトから購入しようと思いましたが、
AppleStoreにもしあれば、そっちにはカード情報等登録してあるのでラクだな~と
探してみたところ、おおーありました。
しかもアイギーグサイトから購入→15750円、
AppleStoreから購入→12810円なので、即AppleStoreでポチッとしました。

昨日商品が届きましたが、実際の使用は明日会社で。
でもちょっと気になって、
ウチのiMacで起動してみました。
DATA RESCUEのCD(DVDではないんですね~)からも起動できるというので、
とりあえず起動してみましたが・・
なんと起動までに10分弱かかりました(^^;

まあ、こっちのミスで無くしたデータをサルベージしてもらうんだから、
そのくらいは我慢しなきゃならないのかな。

Cabos0.7.1

〈2007.1〉

Cabosの新しいバージョンが出ていました。
昨年末、いつの間にかバージョンアップしてたんですねー。
とりあえずダウンロードしましたが、
旧バージョンを立ち上げていたので、まだ使っていません。

アイコンが変わったんですね。
新しい方がCabosっぽくて気に入りました。

ダウンロード先は・・探してね~。

Yahoo!のWidget

〈2006.8.1〉

Yahoo!で新しくWidgetを作ったそーです。
さっそくダウンロードしました。
http://widgets.yahoo.co.jp/

なんと言っても、珍しくMac対応。
メッセンジャーもそうですがインストール系は一応
Macも念頭に置いて開発されてるようですね。

OS-XのWidgetとは違い、通常のデスクトップ上に浮いてます。
何かアプリケーションを開くと、Yahoo!Widgetは常に最背面にあるようです。
ん~、私はっこっちが使いやすいかなー。

メッセンジャー立ち上げなくてもYahoo!Mailは確認できるし、
欲を言えばブログやSNSも、訪問者や書き込みがあったら
表示されるWidgetなんか開発されるといいなぁ・・。

Mac版Skype1.5β版

〈2006.7.1〉

Mac版のSkypeの、バージョン1.5β版が登場しました。
待望のビデオチャット機能が付いた・・・んだけど、
ダレも相手してくれねぇ・・・。

相手がいないのでビデオの機能はどんなもんだかわかりませんが、
インターフェイスが大幅に変わっていました。
写真の上がバージョン1.4まで、
下が今回のバージョン1.5です。
Tigerにあわせたようなデザイン、ぐっとおしゃれになりました。
前よりシンプルですが、必要な機能はすぐに引き出せます。

写真はどちらも一番小さくした状態。
これなら他の作業やブラウジングなどをしながらの
「ながらSkype」でも、デスクトップ上にこぢんまり置いておけますね。

M社OTF「Pro」と「Pr5」

〈2006.5.27〉

某M社のOpenTypeFont。
この中に、同じフォント名で、名前の後半だけが、
「Pro」と「Pr5」という2種類存在するのがあります。
(例えば「A-OTF Shin Go Pro」と「A-OTF Shin Go Pr5」とかね)

この2つの違い、
納められている(使える)文字(漢字や記号)の数で、
Pro仕様は15444文字、
Pr5仕様は20317文字(JIS第3・第4水準含)が
納められているんだそーで。
ならば、FontはすべてPr5仕様を使えばいいのですが・・

先日、某M社が来社した時に、
M社の持ってきたMacを見てみると、
なんと「~Pro」と「~Pr5」の両方がインストールされてるっ!

聞くところによると、
「Pro」と「Pr5」は、JISの文字コード(配列)が若干違うのだそーです。
ですので、「Pro」でつくったドキュメントの文字を「Pr5」で置き換えると、
文字化けの可能性があるんだそうで。
こんな重たい書体、
両方入れておかなきゃならないなんて・・。
どーにかならなかったんですかね~。

DVD抜きの2番手

〈2006.4.27〉

DVDをリッピングするのに、ずーっと
「DVDbackup」を愛用していましたが、
以前から書いているように、OS10.4では調子が悪い。
OS10.3で再起動してから使っていました。
(最初に5分くらい再生しなきゃならない、というヘンなクセもあった)
そこで、思い切って他のアプリケーションに切り替えを。
いくつか候補がありましたが、
どうも「MacThaRipper」の評判がいいようで。
早速使ってみましたが、ん、こりゃなかなか。

7GBほどのデータ量の場合、
G4/1GHz+OS10.3+DVDbackup(メモリ1GB)なら1時間ちょっとかかっていました。
でも今回
G4/1.4GHz+OS10.4+MacThaRipper(メモリ1.25GB)で30分。
クロックもメモリも若干違うとはいえ、
時間が半分以下とゆーのは、アプリケーションで改善された部分も
けっこうあるのではないでしょうか。

リッピング後の作業も
前は「DVD2oneX」で圧縮→Toast5で焼き、でしたが
今はToast7で圧縮・焼きとなるため、お手軽です。
しかもToast7の圧縮は「DVD2oneX」より速い。
3/4~2/3位の時間で済みます。

それにしても、「MacThaRipper」でリッピング後に出るこの
画面は、いったいなぜボンバーマンなんだべか?