Mac(Chrome、Safari、Firefox)からInstagramのかんたんアップ(更新)方法

「web関係はさ、やっぱスマホよりMacでアップする方が楽でさ」
うんうん同感。
「ホントはInstagramもMacでやりたいんだよねー」
あ、それできるよー。

そんな会話を友人としていて、やり方を伝授。
仕事でインスタやってるその友人、
写真はPhotoshopで色調整とかしてるんですよ。
だからそのままMacでインスタアップする方が楽なんすよ。

あ、あとね、
私の世代だとね、やっぱキーボードで文字打つのが楽ってのもあるかなー。

以前、Mac上で動かせるAndroidのエミューレーターで遊んでる時に
それでInstagramをアップする日記は書いたことあったけど、
Instagramのアップだけなら
もっと、てか超かんたんに
普通にブラウザできるやり方あるんすよ。

Google Chromeと、Safari、Firefoxが使えますが、
ひとまずChromeでのやり方。
(Mac mini2014/El Capitanでやってます)

いわゆる「開発者モード」で作業します。
web製作者などがブラウザで使う機能ですね。

Chromeの右上(1)をクリック、
開いたウインドウから「その他のツール」(2)を選んで、
そこから「デベロッパーツール」(3)を選択。

グラウザ上の半分くらいに
コードばかりの画面が登場します。
その上にある、スマホ&タブレットのアイコン(4)をクリックすると

開いていたサイトが、
スマホで見ているような状態になります。

ここで、Instagramにログイン
[https://www.instagram.com/?hl=ja] すると、Instagram側で
「あ、スマホで見てるなコイツ」と勘違いして、
スマホ同様の画面が呼び出されます。

結果みごとスマホまんまのInstagramを
開くことが出来ます。
これでアップもOK。

Safariはもっと簡単で、
環境設定>詳細の
「メニューバーに“開発”メニューを表示」
にチェックを入れると、

メニューバーに「開発」という項目が出現するので、
そこから「ユーザーエージェント」を選択すると、
iOSの項目が出てくるので選択。

これでInstagramを開くと、
Chrome同様スマホ状態で見られます&いじれます。

Firefoxの場合は、
ツールバーから
ツール>ウェブ開発>開発ツールを表示
で、Chromeと似た画面が開き、

これもChrome同様スマホ&タブレットアイコンのクリックで、
スマートフォン画面として
Instagramを開くことが出来ます。

Safariが一番ラクだけど、
どれもけっこう簡単にできちゃいます。

Macに仮想Android/Xperiaを作る!MacからInstagramの写真アップをする!!

いやはや、初めてみてから
とんでもないことだと気がつきました(笑)

スマホで写真撮るのがあんまり得意じゃなく、
コンデジで撮ることがはるかに多いので、
それをウチのMacからインスタグラムにアップできないのだろうか?
ということなんです。
で、
ネットであれこれ検索して、
「寝ログ」さんというサイト
にたどり着いて、参考にさせていただいたのですが、
寝ログさんが書かれてから半年以上の間に変わったのか、
あるいはMacだからなのか(寝ログさんの記事はWin向け)、
けっこう違いがあって試行錯誤でした。

今思えば長い道のりなのも当然なんだけど・・
根が楽天家なもんだから、「お。やってみよーっと」って始めちゃったんですね。

実はもっと簡単にMacからインスタにアップする方法もあるようなんですけど、
私は今回のこの方法、「Macからインスタグラムにアップできる」だけじゃなくて
Mac上に仮想スマホ/Androidを立ち上げられるっていうのに惹かれたんですよねー。

なお、私の今回の環境は
Mac mini 2014(OSX 10.10 Yosemite)、
InstagramもGoogleもすでにIDを持っています。

ざっくりその長い行程書くと、こちら。

1:Macでエミュレーター作動のためにVirtualBoxをインストールする

2:Mac版仮想Androidアプリ「Genymotion」をダウンロードする

3:「Genymotion」のインストール、Macで仮想Xperiaの設定をする

4:Mac上の仮想Android/Xperiaの日本語設定など

5:MacでGooglePlay使うため「Genymotion ARM Translation」と「Google Apps for Android」をインストール

6:PlayストアからMacにInstagramをダウンロード、そして設定して使う

これけっこう面倒な作業でしたねー(;´Д`)

Cabos0.7.1

〈2007.1〉

Cabosの新しいバージョンが出ていました。
昨年末、いつの間にかバージョンアップしてたんですねー。
とりあえずダウンロードしましたが、
旧バージョンを立ち上げていたので、まだ使っていません。

アイコンが変わったんですね。
新しい方がCabosっぽくて気に入りました。

ダウンロード先は・・探してね~。

Yahoo!のWidget

〈2006.8.1〉

Yahoo!で新しくWidgetを作ったそーです。
さっそくダウンロードしました。
http://widgets.yahoo.co.jp/

なんと言っても、珍しくMac対応。
メッセンジャーもそうですがインストール系は一応
Macも念頭に置いて開発されてるようですね。

OS-XのWidgetとは違い、通常のデスクトップ上に浮いてます。
何かアプリケーションを開くと、Yahoo!Widgetは常に最背面にあるようです。
ん~、私はっこっちが使いやすいかなー。

メッセンジャー立ち上げなくてもYahoo!Mailは確認できるし、
欲を言えばブログやSNSも、訪問者や書き込みがあったら
表示されるWidgetなんか開発されるといいなぁ・・。

Mac版Skype1.5β版

〈2006.7.1〉

Mac版のSkypeの、バージョン1.5β版が登場しました。
待望のビデオチャット機能が付いた・・・んだけど、
ダレも相手してくれねぇ・・・。

相手がいないのでビデオの機能はどんなもんだかわかりませんが、
インターフェイスが大幅に変わっていました。
写真の上がバージョン1.4まで、
下が今回のバージョン1.5です。
Tigerにあわせたようなデザイン、ぐっとおしゃれになりました。
前よりシンプルですが、必要な機能はすぐに引き出せます。

写真はどちらも一番小さくした状態。
これなら他の作業やブラウジングなどをしながらの
「ながらSkype」でも、デスクトップ上にこぢんまり置いておけますね。

M社OTF「Pro」と「Pr5」

〈2006.5.27〉

某M社のOpenTypeFont。
この中に、同じフォント名で、名前の後半だけが、
「Pro」と「Pr5」という2種類存在するのがあります。
(例えば「A-OTF Shin Go Pro」と「A-OTF Shin Go Pr5」とかね)

この2つの違い、
納められている(使える)文字(漢字や記号)の数で、
Pro仕様は15444文字、
Pr5仕様は20317文字(JIS第3・第4水準含)が
納められているんだそーで。
ならば、FontはすべてPr5仕様を使えばいいのですが・・

先日、某M社が来社した時に、
M社の持ってきたMacを見てみると、
なんと「~Pro」と「~Pr5」の両方がインストールされてるっ!

聞くところによると、
「Pro」と「Pr5」は、JISの文字コード(配列)が若干違うのだそーです。
ですので、「Pro」でつくったドキュメントの文字を「Pr5」で置き換えると、
文字化けの可能性があるんだそうで。
こんな重たい書体、
両方入れておかなきゃならないなんて・・。
どーにかならなかったんですかね~。

DVD抜きの2番手

〈2006.4.27〉

DVDをリッピングするのに、ずーっと
「DVDbackup」を愛用していましたが、
以前から書いているように、OS10.4では調子が悪い。
OS10.3で再起動してから使っていました。
(最初に5分くらい再生しなきゃならない、というヘンなクセもあった)
そこで、思い切って他のアプリケーションに切り替えを。
いくつか候補がありましたが、
どうも「MacThaRipper」の評判がいいようで。
早速使ってみましたが、ん、こりゃなかなか。

7GBほどのデータ量の場合、
G4/1GHz+OS10.3+DVDbackup(メモリ1GB)なら1時間ちょっとかかっていました。
でも今回
G4/1.4GHz+OS10.4+MacThaRipper(メモリ1.25GB)で30分。
クロックもメモリも若干違うとはいえ、
時間が半分以下とゆーのは、アプリケーションで改善された部分も
けっこうあるのではないでしょうか。

リッピング後の作業も
前は「DVD2oneX」で圧縮→Toast5で焼き、でしたが
今はToast7で圧縮・焼きとなるため、お手軽です。
しかもToast7の圧縮は「DVD2oneX」より速い。
3/4~2/3位の時間で済みます。

それにしても、「MacThaRipper」でリッピング後に出るこの
画面は、いったいなぜボンバーマンなんだべか?

G5用に、アイコン作りました

〈2006.2.6〉

あのHDDのアイコンじゃ、あまりにも寂しい。
そこで、Appleのサイトから、G5の写真を引っ張ってきて、
切り抜いてコピペ。
すると、見事にまわりに白い部分が(笑)。

こりゃかっこわるい。
そのままじゃ、アイコンにはなるけど、カタチに抜けないんですね。
そこで、
ネット上で、アイコン作りのフリーウェアを探しました。
ありましたありました。
「ToyViewer」というフリーウェア。(ver.4.8)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~ogihara/software/OSX/indexj.html

使い方は簡単。
ToyViewerを起動し、アイコンにしたい写真を開く。
そして「ファイル」>「アイコンを付け加える」で、
そのアイコンを付けたいフォルダを選択するだけ。
これですっきり、かっこよくなりました。

「あみだくじ」と「シイラmini」

〈2006.1.12〉

新しいウィジェットをいくつか入れました。

まずは「あみだくじ」
最初に裏側で、設定をします。
項目と、その選択肢を入れます。
んで、表に戻し、あみだくじします。
表示してる最中、とめどなくあみだはランダムに変わってゆきますので、
ホントにどれになるかわかりません。
あ、今日の焼肉はあぶりやに決まりました(笑)。

それと、「シイラmini」。
ブラウザです。Dashboardでウエブブラウジングできる。
まず裏面で「Safariのブックマークを使う」にチェック。
これで、即使えます。
表に戻ると、ブックマークが一覧で表示。
意外と探しやすい。
小さいブラウザに、サイトも縮小されて表示されます。
そのせいか、表示は速いです。

ちなみに、BBS等への書き込みはできました。
何書いてるか読めませんが(笑)。
YahooBlogは、ログインはできましたが、
投稿やコメントは無理なようです。

DVDbackupと険悪なTiger

〈2005.11.24〉

リッピングソフト、DVDbackupが、
最近うまく作動しなかったんですよ。

で、いろいろ調べてると、ふとこの症状が
Tigerにしてから、ということに気づきました。

TigerでDVDbackup立ち上げてリッピングすると、
すべてのファイルがリッピングされません。

空きのあったHDDにPantherをインストールして、
Pantherから起動、そしてDVDbackupで抜くと・・
おお、ちゃんと抜けました。

DVDbackupの新しいバージョンも出てないし、
これでしのぐしかなさそうです。

あ、一応書いておかなきゃ。
「市販DVDのコピーは著作権法で禁止されていますので
絶対にやめましょう。」
・・・っと。