ATOK2017 for Mac。さすが快適変換。Google日本語入力は手書き入力用に。

Macの日本語入力は、標準の「ことえり」はほとんど使っておらず、
昔からずっとATOKでした。
ATOK14、2006、2009、2011と使ってきました
合間に他ソフトもちょこっと使ってみたけど、結局ATOKに戻ったり。
(「かわせみ2」もけっこう気になったんだけど・・)

それでも、ここ3年くらいはGoogle日本語入力使ってたんすよね。
手持ちのATOK最新版が2011だし、さすがにOSとも合わなく細かい不具合出てくるし、
で、無料だからってことでGoogle日本語入力に。

Google日本語入力は、
今どきの流行言葉は取り込みが早く変換もすぐに出てくる。
でも専門用語や、ユーザーの使う単語の学習が弱い。
個人的には、
Google日本語入力は、友人との気さくなやりとり(メールやLINEなど)、
あるいはSNSでは使いやすいのかなーと。
でも、こうやってブログ書いたり、あるいはグラフィックデザインの仕事で使ったりするのは
やっぱATOKだったなー、というのが私の結論。

てことで、今更ながら、しかも8年ぶりに買いました、
ATOK2017 for Mac。

単体製品では2017が最新版です。
というのも、ATOKも他のソフトメーカー同様、
サブスクリプション方式(月額や年額を支払って使う)のATOK Passport
っちゅーのにウエイトを置いてるようなので(コレはコレで良さそうなんですけどね)、
もう単体製品では新バージョン出ない気がする・・

単体製品最後のバージョンかもしれないから買っておきたいなってのもあったし、
私ユーザー登録してるので安く優待版が買えるうえに、ちょうどキャンペーンまでやってたので、
DL版が税込み3,645円で買えちゃった♪

さくさくアプリをインストールして
次は辞書インストーラー。これ何だべ?

わ。乗り換え案内とかいらんわ。
インストールしないで終了。

入りましたー。てか、ありすぎ(笑)

システム環境設定>キーボード>入力ソース
で少し整理します。
Google日本語入力は外し、

ATOKも「ひらがな」と「半角英数」のみに。

はいスッキリー(^^)

次に環境設定。
これがATOKの肝。
この環境設定をしっかり自分が使いやすいようにチューニングしておかないと、
ATOKは持ち腐れになっちゃいます(と私は思ってます)

辞書とか、2011の頃からだいぶ変わってましたねー。

これで設定完了。
快適なあのATOKでの久しぶりのタイピングは感動すらあります(^^)

ただ、唯一欠点があって、
手書き入力、無くなっちゃったんですよ・・。

ま、使用頻度も多くはないので、
手書き入力が必要なときはGoogle日本語入力復活させて使うようにしました。

稼働させれば

この通り。

ATOKの手書き入力が復活してくれれば一番いいんだけどなー。

ATOK2006で始末書免れる

〈2007.1〉

さっすがATOK!
仕事でもらった原稿が、2年ほど前の印刷物なのですが、
その通り文字を打っていると、パッとウインドウが。
あーそっか!市町村合併で住所が変わっていたんだ~。
ATOKに教えらた住所で制作しました。

たとえ原稿が間違っていても
「合併あったから、住所変わったことくらい
気づかないとだめだべあ!!」と怒られるのがオチなので、
今回はすっかりATOKに助けられました。
このひとつの変換で、もうATOK購入額の
元とったかも(笑)。

ATOK2006の機能~連想変換

〈2006.7.1〉

多機能でレスポンス良いATOK2006、毎日(当たり前か)使っていますが
その機能でこんなのがあります。
どれほど使えるかは別として(笑)、
ATOK2006の「連想変換」という機能のがちょっとオモシロイ。

「しょくたく」と打ちます。
そのまま変換すれば「嘱託」なのですが、
Control+Aキーで「連想変換」の候補が、
ずらずら~っと表示されます。

「依託」はともかく、
「信頼」というのはけっこう意味から読み取っている感じがしますね。
さらに
「人頼み」とは、これまた人間くさい連装です。

同時に横には解説も表示。
仕事上でちょっとしたコピーライト作るときには
イケるかもしれないですね。

G5+OS10.4.4+ATOK15

〈2006.2.6〉

G4MDDから、G5への移行を、
「ターゲットディスクモード」で行った、と書きましたが、
まず、途端にマイナートラブル。

流れとしては、
G5インストール終了

初期設定画面起動

データ移行(ターゲットディスクモード)の
するか、しないかの選択画面

「別のMacから」を選択

自動で移行中・・

終了。
そしてすぐに初期設定画面(住所とか名前入れるやつ)が起動。

ここが問題。
欧文しか入力できないんです。
どうやらG4で使っていた、ATOK15がまずかったようです。

このデータ移行、Applicationとかのバージョンが
旧かろうが対応してなかろうが、
すべて移行されてしまうので、
OS10.4ではサポート外(実際マイナートラブルがある)のATOK15も当然移行され、
文字を打つ最初の場面でいきなりこんなことになったのでしょうね。

結局、G5を強制終了、
G4のATOK15を使わない設定にし、
あらためてデータを移行。
今度は無事に初期設定画面の入力ができました。

ATOK2006、出たら買わなきゃ~。

「ことえり」サンヨリ、ニホンゴ、ジョーズネ!

〈2005.6.23〉

先のタブレットの投稿で、
日本語の手書き認識できない旨の話をしましたが、
日本人が作ると、ちゃーんとイイモノができます。

私はボビー並みの日本語しかできない「ことえり」には
早々に見切りをつけ、
Macを初めてからはほとんど「ATOK」使っています。

「手書き入力」という機能があります。
読めない漢字とかを入力したり調べたりするのに
すっごく重宝している機能です。

この通り、かなり雑に書いても(わざとですからね)
しっかり認識してくれます。

Macのタブレットでだって、できないはずはないんでしょうけどね~。
ぜひ実現させて欲しいものです。