AirMac Express、第1世代後期が逝く→第2世代に!が、初期化・アップデートで繋がらなくなる・・

ついに壊れましたよ、
ウチのAirMac Express(2008)。
電源が入らなくなりました。
第1世代の、wi-fiが802.11nに対応した後期型でした。
気づけば10年使ったんだなー。

ウチはauのルーターがwi-fi使えるので、
まあAirMac無くても普段使いには困らないんだけど、
AirMacって、設定楽だし使い勝手いいんだよねー。
だから、
修理でウチにやってきたMacどもとか、
突然我が家に登場するApple製品(←意外とあるww)
にぱぱっと対応できるのがなんたって便利。

てなことを、
某会員制実名SNS(笑)でつぶやいてたら、
うん、やはり救世主っているのね。
「もう使ってないAirMacありますが、いります?」
くださーい!!ヽ(^o^)丿

ちゃんと箱入り!

AirMac Express(2012)、第2世代です。
いやー新しくなっちゃった!
購入後2年ほど使って、その後眠っていたとか。
使用感も少なく美品、しかもタダだなんて(*´∀`*)

まずは接続し、
Macの標準アプリ「AirMacユーティリティ」で確認したところ、
前使用者の設定が残っていたので、工場出荷時へリセット

その後、AirMacExpressのファームウエアを最新版にアップデート。

すると、なんということでしょう!
繋がらなくなりました(;´Д`)

操作をしていたのがMac mini、OSがEl Capitan。
そこに入ってるAirMacユーティリティと、
アップデートしたAirMacExpressのバージョンが合わなくなったのでは?
と推測しました。

ならば、最新のOSでならAirMacExpressと繋げられるのでは?
との推測のもと、

我が家にある最新OSのマシン、
そう、iPadの出番です!!

結果、iPadのAirMacユーティリティで、
難なく設定ができました!

ほいで、あらためてMac miniの
AirMacユーティリティ開いてみると、
こちらもちゃんと認識していました!

ああ・・iPad役立った!(^^)

iMacのAirMac VS Ethernet再戦

〈2007.10〉

AirMac(無線LAN)とEthernet(有線LAN)をあらためて比較しました。
前回試したときには、ちょっと古いLANケーブルだったので、
今回はカテゴリー6のLANケーブルを用意。
さて、再戦です。

あらためて記載すると、
我が家のネット環境はBフレッツ光+プロバイダーはdion・・じゃないau-one net。
このiMacのAirMacは「802.11n」規格。
速さは理論値100Mbpsといわれていますが、
ウチの無線LANアクセスポイントはバッファローの「WHR-G54S」。
ただしこいつは「802.11g」規格なので速さは理論値54Mbpsまでしか出せないんです・・。

そんな環境で比較。
「ブロードバンドスピードテスト」を使いました。
AirMac(無線LAN)だと、下りで24M出ています。充分な速度ではあります。
ん?上りの方が速いなぁ。
設定を切り替え、Ethernet(有線LAN)で測定。
ん!下り58M。今回は満足、納得。
AirMacもったいないけど、Ethernetで使おうっと。
いや、それともアクセスポイントをいっそ
「AirMac Extreme」にしちゃおうかな・・。

あ、ちなみに前回と同じくToastのアップグレード(137MB)のダウンロードが、
AirMac2分58秒に対してEthernet2分18秒でした。
これも満足♪

iMacのAirMacとBroadbandTuner

〈2007.10〉

ネットワークの接続なのですが、
LANもいいけど、せっかくAirMac内蔵してるんだから、
使わないのももったいない。
ウチの無線ハブ、バッファローの「WHR-G54S」はWiFiのg規格だから、
iMacの無線の速さ(n規格)は活かせないけど、
それでも不満はないかな?

試しに有線と無線で時間を計りました。
Toastのアップデートをダウンロード。137MBです。
有線LANだと、2分55秒。
さて、無線LANだと・・2分58秒。
あれ?変わらないや・・。
というわけで、今は無線LANで接続中。
でもちょっと納得いかないので、LANケーブルを新しいものに換えて、
また後日やってみます。

あとは「BroadbandTuner」。
Power Macの時はけっこう速くなりましたから、またこいつもインストール。
あ、上記の結果がBroadbandTunerをインストールした状態です。
アンインストールしたら、3分15秒でした。
こいつは効果があるようです。

G4DigitalAudioとeMacのブロードバンドスピードテスト比較

〈2007.5〉

違うサイトで、光回線の速度測定をしてみました。
http://www.bspeedtest.jp/

DIONの速度測定は
http://www.dion.ne.jp/service/speed_check/index.html
色々なサイト使って測定した中でも
けっこう低い数値の部類に入ります。
ただ、私はISPがDIONということもあり、実測はともかく
比較するにはいいかな~と、普段はDIONの速度測定を使っていました。

前回(BroadbandTunerインストール前)
この「ブロードバンドスピードテスト」のサイトで速度測定したときには
22Mbpsくらいでした。
で、今回はというと・・おお!
50Mbpsに迫る勢い!!こりゃ満足。
一番下に記載されている平均値よりも高い!!
BroadbandTunerインストール前との比較で、
DIONでは150%でしたが(これでもすごい割合ですが)、
ここでは200%以上になりました。

ところで、今回も3~4回このサイトでテストを繰り返しましたが、
微妙に数値は違えど、
DigitalAudioとeMacの比較で言うと、必ずこの相対関係なんですよね。
DigitalAudioの方が下りが7~8%低く、
上りが半分。
いや、これが数値だけなら「クセ」や、
測定サイトとの「相性」みたいなものかぁ、とも思えるのですが、
体感でもeMacがほんの少しダウンロードが速いんです。
特にテキストメインのポータルとか(Yahoo!のトップページとかね)は
明らかにeMacが速い。

マシン自体のスペックは、
DigitalAudioが
G4/1.4GHz、メモリ1.25GB、VRAM256MB、
eMacは
G4/1.25GHz、メモリ1GB、VRAM64MB
OSはどちらも10.4.9なんですけどね。

Apple Broadband Tuner1.0 vs 驚速ADSL2比較

〈2007.5〉

光回線なのに遅い・・。
以前にも記事にしましたが、どうも納得がいかない。
ネット上でいろいろ検索してみると、速くするために
「システムのパラメータ値をいじって云々・・」という記事が目にとまります。
シロートの私にはなかなかリスキー。

そこで、とりあえずコイツを試してみました、
ソースネクストの「驚速ADSL2 for Mac」。
ソフトでお手軽に、かつ自動的に
「システムのパラメータ値」とやらをいじってくれるやつ。
もう古いソフトなのですが、ま、ダメもとで。
ネット上でも賛否両論だったのですが、
実際試してみて、ここに書くまでもなく(笑)、
私も賛否両論の「否」の方でした。
標準の状態で
●下り15.89Mbps
●上り8.22Mbps
が、驚速ADSL2で
●下り14.98Mbps
●上り7.23Mbps
変わらない・・。

そこで、遅ればせながら本国Appleのサイトから
「Broadband Tuner1.0」をダウンロード。
英語版のみなので、なにがなんだか・・とも思いましたが、
インストールするだけですので、超簡単。
で、結果
●下り22.55Mbps
●上り6.1Mbps
お!ちょっとありがたみのある数値になりました。
体感的にも若干向上してます。
無料だしApple純正だし、こりゃいいですね。

光が遅い原因を探せ

〈2007.4〉

光回線、ウチは遅いのがよーくわかりました・・。
他の回線速度測定サイトでもいくつも測定してみましたが、
結果は13~17Mあたりですね。

知ってしまったからには、どうにかしなきゃならん。
いろいろ調べながら、
システム環境設定>ネットワークの
「TCP/IP」や「Ethernet」の設定をちょしてみました。
その後また計測してみたら、数値的には1MBほどの
速度アップが見られたのですが、体感はまったくできません。

ハードを換えたら・・とも思ったので、
ハブとして使われてるBUFFALOの無線LANをスルーして、
光終端装置から直接Macに繋いでみたけど、
結果はまったく改善が見られず。

あとはケーブルかなぁ。
昔に買ったLANケーブルなので、
新しくカテゴリ6のケーブルでも買ってみます。

そんなはずはない光回線

〈2007.3〉

私の家では、Bフレッツ(回線)+DION(プロバイダー)です。
昨年の末からBフレッツにしました。
それまでは1MのADSLでしたので、その速さには大満足。
で、いったい実際はどのくらいのスピードなのだろう・・と、
DIONのサイトから測定しました。
http://www.dion.ne.jp/service/speed_check/index.html
100Mはナイにしても、最低でも50Mはいってるでしょうね~。

で、測定。
え・・?
140M!!・・いや、違う、14M・・。
ぶ、ブラウザのせいだなー。
FireFoxを終了し、Safariで再度計測。
約16M・・

そうだ・・
こ、この測定システム、ほ、本来はWindowsにしか対応していないから
きっと誤動作起こしてるに違いない!
あは、あはは・・Macにはよくあることですよね・・。
な、なんだそうだよきっとそうだ・・。

PowerBook内蔵AirMac+BUFFALO WHR-G54S

〈2007.2〉

そういえば、コイツつなげていなかった・・(^^;

家の無線LANアクセスポイントたる
BUFFALOのWHR-G54Sに、
AirMacカードを内蔵している
Power Mac G4/1.67GHz(15in)を接続しました。
いやぁ、簡単。
特になにやらユーティリティソフトなんかも使わずに、ほいほいと済みました。
「優先するネットワーク」に、すでにWHR-G54Sの電波をキャッチして
表示されていました。

あとは、WHR-G54Sに他の接続しているMacやVAIOで直接アクセスすれば
セキュリティの種類も、そのパスワードもわかるので、
それを選択(セキュリティ)または打ち込む(パスワード)だけ。
こうやって記事にするほど、
ややこしいことはなかったですわ(笑)。

他のMacとの接続も、サーバへ接続>ブラウズでは名前が出てきませんでしたが、
直接「192.168.・・・・」とアドレス打ち込めば
難なく接続しました。

ちっ。つまんね・・あ、いや、
とてもラクラクでよかったです~(^^;

MacとVAIOのBフレッツ設定。(光+無線+Mac+VAIO+Wiiその5)

〈2006.12.1〉

光終端装置(NTT PR-200NE)の設定もできた、
無線LAN(BUFFALO WFR-G54S)のブリッジ設定もした、
WiiのWi-Fi設定もできた、
あとはVAIO Type-F Light(無線)と
Power MacG4(有線)だけです。

VAIO Type-F Lightの無線LANと接続する設定は
すでに済んでいるので、
MacもVAIOもあとはインターネットの設定のみ。

Mac・VAIOともに、光終端装置の設定をする以前は、
写真上のようにPPPoEを使っての設定でした。
でもすでに光終端装置にPPPoEの設定をしたので、
Mac・VAIOの方は、ADSLの時と同じように
TCP/IPの設定をするだけでつながります。
「DJCPサーバを参照」にすればつながるのですが、
せっかくですから、ここも「手入力」しました。
とはいえ、任意の数値を入力する「IPアドレス」以外の、
他の項目(サブネットマスク、ルーター、DNSサーバ)は、
先に光終端装置やWiiに入れた数値と一緒なので、
もうここまでくれば馴れたもの。

これで、最初に描いたとおり
光──無線LAN──無線でVAIO
    ├────有線でMac
    └────無線でWii
が出来上がり~!!

もしかしたら、AirMacExpressを使っていたなら、
Mac使いにとっては、もっと設定が楽だったかもしれません。
Mac独特の言い回しにも馴れてるし、
設定もしやすいと評判でしたから。
でもそこはへそ曲がりな私(笑)、
というか、無線LANだけではなく、有線LANのポートも
必要だったんですよね。

すっかり年末とは無縁の記事となってしまいました。
でもきっと、私と同じように
いろいろなブランドが混在したネット環境で
困ってるヒトはいるんじゃないかなぁ・・。