AirMac Express、第1世代後期が逝く→第2世代に!が、初期化・アップデートで繋がらなくなる・・

ついに壊れましたよ、
ウチのAirMac Express(2008)。
電源が入らなくなりました。
第1世代の、wi-fiが802.11nに対応した後期型でした。
気づけば10年使ったんだなー。

ウチはauのルーターがwi-fi使えるので、
まあAirMac無くても普段使いには困らないんだけど、
AirMacって、設定楽だし使い勝手いいんだよねー。
だから、
修理でウチにやってきたMacどもとか、
突然我が家に登場するApple製品(←意外とあるww)
にぱぱっと対応できるのがなんたって便利。

てなことを、
某会員制実名SNS(笑)でつぶやいてたら、
うん、やはり救世主っているのね。
「もう使ってないAirMacありますが、いります?」
くださーい!!ヽ(^o^)丿

ちゃんと箱入り!

AirMac Express(2012)、第2世代です。
いやー新しくなっちゃった!
購入後2年ほど使って、その後眠っていたとか。
使用感も少なく美品、しかもタダだなんて(*´∀`*)

まずは接続し、
Macの標準アプリ「AirMacユーティリティ」で確認したところ、
前使用者の設定が残っていたので、工場出荷時へリセット

その後、AirMacExpressのファームウエアを最新版にアップデート。

すると、なんということでしょう!
繋がらなくなりました(;´Д`)

操作をしていたのがMac mini、OSがEl Capitan。
そこに入ってるAirMacユーティリティと、
アップデートしたAirMacExpressのバージョンが合わなくなったのでは?
と推測しました。

ならば、最新のOSでならAirMacExpressと繋げられるのでは?
との推測のもと、

我が家にある最新OSのマシン、
そう、iPadの出番です!!

結果、iPadのAirMacユーティリティで、
難なく設定ができました!

ほいで、あらためてMac miniの
AirMacユーティリティ開いてみると、
こちらもちゃんと認識していました!

ああ・・iPad役立った!(^^)

自宅サーバ計画(倒れ?)

いつも自宅のMac関係の写真といえば、
デスク上しか写っていませんが、
実は足下はこーなってます。

右のG4はたんまり改造して愛着のあるヤツ。
たまにしか使いませんが、こいつは捨てられません。
CPUもグラフィックカードも強化しているので、
Leopardも起動します。

左は起動しないiMac。
直そうか、直せるのか?!と思案中。

さて、真ん中のG4ですが、
これがくせ者。
まともに起動します。
ただ、今さら大金投じてパワーアップさせるのもどうかと。
しかもチューンドG4なら右にあるし。
かといって売っても2000円、捨てるのはもったいないかな。
で、ふと思いました。
自宅サーバ。

まだやったことのないジャンル。
未知の世界。
はてさて、どうなることやら・・。
どうすればいいのか、ちょっとずついろいろと調べています。

iMacのAirMacでWZR2-G300NとAOSS接続…?

せっかくBUFFALOのAOSSがMacに対応したってことなので、
さっそくAOSS利用して接続を試してみました。

実は、ここに写真をのせて書くまでもなく、
ちょー簡単。
WZR2-G300Nに付属のCD-ROMのMacフォルダから
「AOSSアシスタント」を起動して、開始をクリック。

「本体のAOSSボタンを押せ」と書いてあるので、
そのとーりに。
すると、自動的に・・

画面が変わり、設定が始まります。
ところが・・

エラーです。
・何度かやり直してください。
・近づけてみてください。
・再起動してみてください。
と書いてありますが、すべてやってみたけどダメ。
サイトのサポートを見て、そこに書いてあることをすべて試してみましたが、
やっぱりダメ。
うーん・・日を改めてみるか・・。

とりあえずマニュアルで設定。

メニューバーのAirMacを見てみると、
無線は認識しているようです。
各セキュリティレベルの無線がずらっと並んでいました。
このうちからひとつ(私はAESを選びました)選びます。

WZR2-G300Nにあらかじめ設定されているAESの
「暗号化キー」が必要になりますが、
ブラウザでWZR2-G300Nの設定画面の、
無線設定>AOSSを開けばそこに記載されているので、
それをコピー、そして

AirMacの設定画面に戻って「パスワード」の欄にペースト。
なんか、AOSSより簡単だったりして・・(笑)

これで4台の機器が無線でつながりました。
一番上からVAIO、DS、Wii、そしてiMac。
iMac以外はちゃーんとAOSSでさくさくっとつながりました。

それにしてもiMacでAOSS使えないのは、
ちょっと面白くないなぁ・・。
少し調べてみるかな。

Macで設定「WZR2-G300N」アクセスポイント

いやー買っちゃいました、BUFFALOの無線LAN親機、
「WZR2-G300N」。

ウチではMacは有線LANですが、
VAIOとWii、DSを無線LANで繋いでましたが、
これがみんなセキュリティレベルが違っていて、
いままで(BUFFALO WHR-G54S)は、
同時には認識できなかったりで、面倒でした。
んで、別々のセキュリティレベルの機器を同時に接続できる
このWZR2-G300Nに惹かれました。

それともう一つ、興味を持ったのが設定ツール。
ついに簡単設定の「AOSS」に、Mac対応の設定ツールが出ました。
WZR2-G300NシリーズにはMac用の「WZR2-G300NM」というのがありますが、
おそらく設定ツールにMac用がついてきているだけで、
本体は他と一緒だと思われます。
なので今回購入したのはスタンダード版であるWZR2-G300N。(安売りしてたので)
設定ツールはネットでダウンロードできるし。
とゆーわけで購入しました。

・・などと考えてWZR2-G300Nを買いましたが、
開けてみるとMac用の設定ツールの入ったCD-ROMが付属してました!
しかも、取説もWindows用・Mac用両方入ってました!!
じゃあこれって「WZR2-G300NM」の存在してる必要がないんじゃ・・?

とりあえずウチのネットワークに合わせて、
初期設定のIPアドレスをiMac(有線LAN)を使い変更します。

Macフォルダから「AirStation設定ツール」を起動します。

AirMacと有線LAN両方が設定されていると、
こういう表示が出ましたが、
IPアドレス設定するだけだし、無視して進めました。

設置したAirStationを見つけ出せたら、それを選択。

IPアドレスを入力で、

設定終了。ありゃ簡単。

VAIOやWii、DSのAOSS設定も
すんごい簡単。
ホントにボタンひとつで、それぞれのセキュリティレベルで
ちゃんと設定できました(当たり前か)。

ちょっとiMacもつないでみようかな・・。

iMacのAirMac VS Ethernet再戦

〈2007.10〉

AirMac(無線LAN)とEthernet(有線LAN)をあらためて比較しました。
前回試したときには、ちょっと古いLANケーブルだったので、
今回はカテゴリー6のLANケーブルを用意。
さて、再戦です。

あらためて記載すると、
我が家のネット環境はBフレッツ光+プロバイダーはdion・・じゃないau-one net。
このiMacのAirMacは「802.11n」規格。
速さは理論値100Mbpsといわれていますが、
ウチの無線LANアクセスポイントはバッファローの「WHR-G54S」。
ただしこいつは「802.11g」規格なので速さは理論値54Mbpsまでしか出せないんです・・。

そんな環境で比較。
「ブロードバンドスピードテスト」を使いました。
AirMac(無線LAN)だと、下りで24M出ています。充分な速度ではあります。
ん?上りの方が速いなぁ。
設定を切り替え、Ethernet(有線LAN)で測定。
ん!下り58M。今回は満足、納得。
AirMacもったいないけど、Ethernetで使おうっと。
いや、それともアクセスポイントをいっそ
「AirMac Extreme」にしちゃおうかな・・。

あ、ちなみに前回と同じくToastのアップグレード(137MB)のダウンロードが、
AirMac2分58秒に対してEthernet2分18秒でした。
これも満足♪

iMacのAirMacとBroadbandTuner

〈2007.10〉

ネットワークの接続なのですが、
LANもいいけど、せっかくAirMac内蔵してるんだから、
使わないのももったいない。
ウチの無線ハブ、バッファローの「WHR-G54S」はWiFiのg規格だから、
iMacの無線の速さ(n規格)は活かせないけど、
それでも不満はないかな?

試しに有線と無線で時間を計りました。
Toastのアップデートをダウンロード。137MBです。
有線LANだと、2分55秒。
さて、無線LANだと・・2分58秒。
あれ?変わらないや・・。
というわけで、今は無線LANで接続中。
でもちょっと納得いかないので、LANケーブルを新しいものに換えて、
また後日やってみます。

あとは「BroadbandTuner」。
Power Macの時はけっこう速くなりましたから、またこいつもインストール。
あ、上記の結果がBroadbandTunerをインストールした状態です。
アンインストールしたら、3分15秒でした。
こいつは効果があるようです。

G4DigitalAudioとeMacのブロードバンドスピードテスト比較

〈2007.5〉

違うサイトで、光回線の速度測定をしてみました。
http://www.bspeedtest.jp/

DIONの速度測定は
http://www.dion.ne.jp/service/speed_check/index.html
色々なサイト使って測定した中でも
けっこう低い数値の部類に入ります。
ただ、私はISPがDIONということもあり、実測はともかく
比較するにはいいかな~と、普段はDIONの速度測定を使っていました。

前回(BroadbandTunerインストール前)
この「ブロードバンドスピードテスト」のサイトで速度測定したときには
22Mbpsくらいでした。
で、今回はというと・・おお!
50Mbpsに迫る勢い!!こりゃ満足。
一番下に記載されている平均値よりも高い!!
BroadbandTunerインストール前との比較で、
DIONでは150%でしたが(これでもすごい割合ですが)、
ここでは200%以上になりました。

ところで、今回も3~4回このサイトでテストを繰り返しましたが、
微妙に数値は違えど、
DigitalAudioとeMacの比較で言うと、必ずこの相対関係なんですよね。
DigitalAudioの方が下りが7~8%低く、
上りが半分。
いや、これが数値だけなら「クセ」や、
測定サイトとの「相性」みたいなものかぁ、とも思えるのですが、
体感でもeMacがほんの少しダウンロードが速いんです。
特にテキストメインのポータルとか(Yahoo!のトップページとかね)は
明らかにeMacが速い。

マシン自体のスペックは、
DigitalAudioが
G4/1.4GHz、メモリ1.25GB、VRAM256MB、
eMacは
G4/1.25GHz、メモリ1GB、VRAM64MB
OSはどちらも10.4.9なんですけどね。

Apple Broadband Tuner1.0 vs 驚速ADSL2比較

〈2007.5〉

光回線なのに遅い・・。
以前にも記事にしましたが、どうも納得がいかない。
ネット上でいろいろ検索してみると、速くするために
「システムのパラメータ値をいじって云々・・」という記事が目にとまります。
シロートの私にはなかなかリスキー。

そこで、とりあえずコイツを試してみました、
ソースネクストの「驚速ADSL2 for Mac」。
ソフトでお手軽に、かつ自動的に
「システムのパラメータ値」とやらをいじってくれるやつ。
もう古いソフトなのですが、ま、ダメもとで。
ネット上でも賛否両論だったのですが、
実際試してみて、ここに書くまでもなく(笑)、
私も賛否両論の「否」の方でした。
標準の状態で
●下り15.89Mbps
●上り8.22Mbps
が、驚速ADSL2で
●下り14.98Mbps
●上り7.23Mbps
変わらない・・。

そこで、遅ればせながら本国Appleのサイトから
「Broadband Tuner1.0」をダウンロード。
英語版のみなので、なにがなんだか・・とも思いましたが、
インストールするだけですので、超簡単。
で、結果
●下り22.55Mbps
●上り6.1Mbps
お!ちょっとありがたみのある数値になりました。
体感的にも若干向上してます。
無料だしApple純正だし、こりゃいいですね。

光が遅い原因を探せ

〈2007.4〉

光回線、ウチは遅いのがよーくわかりました・・。
他の回線速度測定サイトでもいくつも測定してみましたが、
結果は13~17Mあたりですね。

知ってしまったからには、どうにかしなきゃならん。
いろいろ調べながら、
システム環境設定>ネットワークの
「TCP/IP」や「Ethernet」の設定をちょしてみました。
その後また計測してみたら、数値的には1MBほどの
速度アップが見られたのですが、体感はまったくできません。

ハードを換えたら・・とも思ったので、
ハブとして使われてるBUFFALOの無線LANをスルーして、
光終端装置から直接Macに繋いでみたけど、
結果はまったく改善が見られず。

あとはケーブルかなぁ。
昔に買ったLANケーブルなので、
新しくカテゴリ6のケーブルでも買ってみます。