G4DigitalAudioトラブル決定打~ATOK2006

〈2007.9〉

で、そのウチのG4のトラブルですが、
前に書いたカーネルパニックやフリーズの他、
フォトショップもビデオ再生時も調子悪い。
よくフリーズします。

そして最近、致命傷が。
文字がまともに打てないんです。
私はATOK2006使っていますが、
最初の写真のように、突然、一文字打ったとたん、その後が打てなくなったりします。
しょうがないので、ことえりに切り替えてその場をしのぎます。
文字打ちのできなくなったアプリケーションを再起動すると、
打てるようになるのですが、
また打ってるうちに同じ症状になります。

また、2枚目の写真のように、この記事のタイトル
「G4DigitalAudioトラブル決定打~」の
「トラブル」の部分、私はローマ字変換してるので
「TORABURU」と打たなければならないのですが、
突然に、なぜかT→O→R→A→・・と一文字ずつ変換されちゃうんです(^^;
これじゃもう、お手上げです。
何もできません。

他のトラブルもあわせて考えると、
ことえりにすれば打てるとはいえ、
おそらくATOKに原因がある訳ではなさそうなんですけどね。
システムなんだろうな・・。
そして、そのシステムの壊れた原因が、ハードじゃないのかなぁ・・?

「MirrorAgent」がG4トラブルの一翼か?

〈2007.9〉

さて、この不調G4、ここ1~2か月、
「終了」を選択するとこんな窓が出ます。

「アプリケーション“MirrorAgent”の終了に失敗したため・・」

これが出たあとで、あらためてもう一度終了を選択すると、
なぜかちゃんと終了するんですよね。

このMirrorAgentなるもの、何かと思い調べてみると
.Macと同期させるためのアプリケーションらしいです。
それが終了しないというのですが・・。
私は.Macは「手動で同期」にしているんですよね。
だからG4を起動してから同期させていないときは
MirrorAgentは起動していないはず。
「アクティビティモニタ」で確認してみると、
なるほど「停止中のプロセス」中にありました。

試しに「アクティビティモニタ」で
MirrorAgentを選択し「プロセスを終了」で、
MirrorAgentを終了させます。
その後Macを終了・・おっ。素直に終了しました。

こいつが原因かどうかはまだわかりませんが、
とりあえずは、
Mac起動直後にアクティビティモニタでMirrorAgentをとっとと終了させて
Macを使用し、様子を見てみてみたいと思います。

G4とりあえず起動

〈2007.9〉

とりあえずウチのG4、
中をばらして組み直し、起動させてみましたが・・ダメ。

eMacからHDDをはずし、
それをG4に取り付けやっと起動。
その後
G4のシステムを選択し、再起動。
なんとか起動しました。

それでもあいかわらずフリーズしやすく、
再起動させればカーネルパニック。
どうにかして安定しないかな・・。

G4、引退勧告・・

〈2007.9〉

起動しません、G4。
もう5年になるかな、このマシン。
ハード・ソフトとも新たなモノ(周辺機器やアプリケーション)に対応させるため、
がんばってチューンしながら使ってきましたが、
ここひと月くらいフリーズやカーネルパニックが頻発。
今週に入り起動しなくなりました。

起動するとAppleマークと「くるくる」は画面上に出てきます。
その後、バックが青くなって、終わり。
画面は真っ青なまま。
いろいろやってみたけど、改善の兆しなし。

ただ、いろんなデータは拾い出さなきゃならないので、
一度はなんとか起動させないと・・。

※何人の方からかメールいただいてます。
この場を借りて「読んでます」(携帯使って)。
お返事は少々お待ちください。

トラブルはUSB2.0カード。(たぶん)

〈2007.7〉

ウチのG4/466改1.4GHzで
iTunes使ってCDから音楽を落としている途中、
「エラーが起こりました」旨の表示が。
はて?とiTunesのバージョンを確認すると、7.3。
最新版は7.3.1だったので、早速アップデート。
インストール後再起動の案内が出たので、それに従いました。

・・。
・・・・。
・・・・・・・(-_-;
起動しない。
さらに再起動。
・・うおー!またもやカーネルパニック。

冷静に読んでみると
「USB setup error」という表示がズラリ。
一度言えばわかるって(-_-;

そういえば・・
思い当たるフシがありました。
後付けされているRATOCのUSB2.0カードに、
何を刺しても正常に作動するけど、2.5インチのポータブルHDDだけ、
毎回読み込みにしくじるんですよね。
もう1枚のアダプテックのUSB2.0カードなら何ともないのに。
ってことは、やはりRATOCのUSB2.0カードがおかしいのか?

カードを外してみました。
あら、見事起動。
うむむ・・思い起こしてみれば、昨年まではなんともなかった。
ってことは、最近のバージョンのOS(今は10.4.10)と相性が良くないのかな?

秋葉館CPU「SpeedStarG4 1.6GHz」(AKB-MCG4-16)

〈2007.6〉

会社のQuickSilver用に、Do-夢からCPUカードを購入しました。
秋葉館の「SpeedStar G4 1.6GHz」(AKB-MCG4-16)。
イケイケなカラーリングにイカしたネーミングです(笑)。

QuickSilverはファームウエアをアップデートする必要がない、と
取説にありましたので、
付属のCDからのみ、なにやらインストールしました。
でも、それによって
「ブート ROM のバージョン」ってのが、
「4.25」から「4.33」に上がっていました。
(CPUカード取り付けに必要なブートROMは4.28以上)

QuickSilverは、めんどくさいんですねぇ。
ファンをはずさなきゃ、元のCPUを取り外せない。
まあ、それでもサクサク取り付け、起動。
何の問題もありませんでした。

正直、ブランドに一抹の不安を感じていましたが、
見た目がSonnetだったのでOEMだろうと思い、思い切って購入しました。
案の定、取説の片隅に「OEM」とプリンとされていたし、
取説そのものも、文章の固有名詞(Sonnetの商品名「Crescendo」とか)の部分は書き換えられていましたが、
それ以外はSonnetのCrescendoの取説そのまんま。
(あ、一部に「Crescendo」って名前も残っていました・笑)
これでちょっと安心しました。

「GoogleEarth」でATi9600の実力発揮

〈2007.5〉

ちょいと噂の「GoogleEarth」をいじってみました。
いかにも重そうなこの3Dマップ、
でも、ウチのG4/digitalaudioにゃATI Radeon 9600がついている!
てことで、これがまたスムーズに回るわ動くわ。
さすがVRAM256MB。実力発揮です。
あらためてこのビデオカードにしたありがたみを感じました。

試しにeMac(VRAM32MB)でも動かしてみると・・
ときどき引っかかりながらも、それなりに動いてくれます。
建物の3D描写がちょっとついて来れないようですが、
地表の写真だけならそれほどストレスを感じませんでした。

digitalaudio、蘇ろ!

〈2007.4〉

いや~さすがに残業100時間越えはこたえます。
おかげでまったくブログ更新する気にならず。
そして、もうひとつブログ更新を妨げていたのが、
以前にも書いた、ウチのG4のトラブル。

ディスクユーティリティで検証すると
赤字が出てきたので、これが原因とは思えませんが一応修復。
その後本体をばらして組み直したり・・。
一応復活しましたが、安定度はイマイチ。
ま、も少し様子見ようと思っています。

Intel購入モードになる原因~digitalaudioのトラブル連発

〈2007.4〉

ウチのG4/466改1.4GHz(digitalaudio)が最近、
フリーズしまくってます。
起動したまま作業せず30分~1時間くらい放っておくと
フリーズしています。
時にはディスプレイ上にカーネルパニックのような症状が出ていたり、
再起動を推す表示がされていたりもします。

当然、使い続けてゆくのなら原因究明も必要だけど、
今まででも使い続けてもう丸6年。
そろそろ「次」を考えてしまいます・・。
まずはこの春に登場すると噂されている「何か」を
見てみてからですね。

非対応なのについOS9起動を・・

〈2007.4〉

先日、つい出来心で(笑)OS9起動をしてしまいました。
ところが、ウチのG4/digitalaudioは
グラフィックカードにATiの「RADEON9600PRO」を使っているんです。
こいつはOS9非対応なんですよね。

立ち上がった画面はモノクロでなにやら乱れている。
ひどく見づらいのであわててOS10.4のDVD入れて
そのDVDから再起動。それが写真の画面です。
起動ディスクで、HDD上のOS10.4を選択して再起動。
ほっ。元に戻りました。
表示される画面が乱れるだけで、システムそのものは
まともに稼動するんですねー。