まだまだG4・・SONNETの1.4GHz

〈2006.3.31〉

やっと届きました、SONNETのG4カード。
これでうちのG4/466(DigitalAudio)も、G4/1.4GHzに。
そう、以前も書きましたが、結局1.4に決めました。

まずはファームウエアをupdateしなくちゃならんので、
OS9で起動。OS9からじゃないとできないんです。
(classicでもだめ)
update中は、素っ気ない画面。画面下にバーが出てるだけ。
んで、updat後にさらに付属のCDをインストールし立ち上げると、
OS9の起動画面の下に「CrescendoG4 SONNET」と!
ん~これはなかなかチューニングMacっぽい。
ただし、OS9起動の時だけですけどね。

一通りインストールしたあとに、やっとハードの取り付け。
元のCPUは、シルバーのヒートシンクがでーんと載っていますが、
SONNETのは紫で小ぶり。電動ファンが付いてるから、
ヒートシンクは小さくても大丈夫なんすね。

そういえばG4/400(AGP)に付けた、同じSONNETの1GHzのCPUは、
ヒートシンクは純正のを流用していました。
こっち(1.4GHz)の方が、やっぱかっこいいなぁ。買った値がある感じ。

SONNETのG4カード

〈2006.3.1〉

私は、IntelやらG5やら買うお金など、
到底持ち合わせておりません。
んで、相変わらずG4を使い続けることになりそーです。

そこで、何度か書いていますが、
現在セカンドマシンとなっているG4/466(DigitalAudio)を
ちょっとづついじっています。
ぼちぼち、心臓部にとりかかります。
そこで頭を悩ましているのがG4カード。
とあるオヤジに相談したり、ショップにメールしたり、
情報集めしたりしていますが・・。

SONNETのG4カードのうちの2つで迷っています。
ひとつは
●G4/1.4GHz-L2=256K、L3=2MB。およそ4万円。
もうひとつは
■G4/1.8GHz-L2=512K。およそ5万円。

そう、1.4は3次キャッシュまでありますが、
1.8は2次キャッシュまでなんですね。
実際、0.4GHzのクロックスピードの差は、
キャッシュの差でそれほど体感できないのではないか?
私のDigitalAudioでは、バス速度がボトムネックとなって、
1.8でも1.4でも差は感じないのではないか?
などなど、気持ちとしては1.8で極めたいけど、
そこには迷う問題が立ちはだかっています。

ここしばらく調べていてわかったのは、
SONNETのG4カード、
●1GHz・1.3GHz・1.4GHzはMotorolaの「MPC7455」というCPUで、
この「MPC7455」はPower MacG4/867~1.25(MDD)に使われているCPUと同じ。
(あ、Xserverもね)
■1.8GHzは「MPC7447」というCPUってことが判明。
(ちなみにSONNET1.3Dualは「MPC7447A」。「MPC7447」との違いは不明)
この「MPC7447」はPowerBookG4/1Ghz12in(ウチのじゃん!)~15inに使われている
省電力タイプと同じ。
確かに、1.8もあったら省電力にしないと、熱暴走しかねないですもんね。

ほほう、なるほどなるほど。(だから?)
わかったぞぉーーー!(何が?)
・・どっちにしよう・・(^^;

あ、写真は現在G4/400(AGP)に使ってるG4/1GHzカードです~。

参考までに→G4スペック

MDD867Dual、起動ディスク認識せず

〈2006.1.21〉

んで、残るMDD867なんですが、
ちょっと違う症状なので、
たまたま今回のタイミングで調子が悪くなったと判断し、
いろいろ調べました。

まず「フリーズしやすい」。ここ1週間くらい。
それと「起動時に【?】マークが出て、3~5秒後に起動し始める」
システムフォルダを探すのに時間がかかるんですよね。
これはここ2週間くらい。
そして、同じくここ2週間の症状で、
「FWのMOドライブが時々マウントしない」
「CDドライブを時々認識しない」
う~ん、これは最悪バスのコントローラーなのか?
いずれにしてもハード的な問題かと。

そこで、まず簡単に調べられる方法から。
ATAのつながってるコネクタを、基盤上の違う部分につないでみる。
MDDは、ATA66のコネクタが基盤上に1カ所余っています。そこにHDDを。
・・調子悪い。
CDドライブでも、調子悪い。

今度は、試しに余っていた違うCDドライブを接続。
お!まともに起動!
あれれ?HDDもMOも、普通に認識。
もとのCDドライブに戻すと・・やっぱりだめ。すべてだめ。

原因は、CDドライブでした。
どうやら、CDドライブの不調に、ATAにつながってる他の機器も
引っ張られるようです。
昔のSCSI接続と同じですね。

DVD-Rその後

〈2006.1.21〉

前回、書き込んだDVD-Rが、
ホームのDVDプレーヤーで観られない、という記事を書きましたが、
その続きです。

1:Pioneerのレコーダー(Mac内臓)+Toast6+OS10.3.9+マクセルのブランクDVD-R

では家庭用PioneerDVDで観られて、

2:TEACのレコーダー(FW外付け)+Toast7+OS10.4.4+マクセルのブランクDVD-R

では観られない、というお話しでしたが、
従来の条件と今回の条件があまりにも違うので、
少しづつ検証しようと思いました。

ブランクDVD-Rもなくなったので、
ついでに今回は、汎用性で評価の高い「That’s」を買ってきました。

では、試してみます。
2の組み合わせで、ブランクDVD-Rだけ「That’s」にしてみました。
が、やっぱだめ。
今度は、同じく2のパターンで、ブランクDVD-Rを「That’s」、
レコーダーを内蔵のPioneerで焼きました。
すると・・
あ、観られる!!

Mac内臓Pioneerレコーダーで焼くと、他の環境はそのままでも、
家庭用Pioneerプレーヤーで観られます。
やはりこれはレコーダーとの相性でしょうね。
ってことは・・この次私は、
TEACの家庭用プレーヤー買わないと、TEACのレコーダー使えないってこと!?
う~ん・・
それはやだ(笑)。
なにか方法はないのか!?

また時間を見て、いろいろ試してみます。

Pioneer vs TEAC vs SONY

〈2006.1.21〉

「DVDbackup」で、ぶっこ抜いたDVDを
新しく買ったToast7で焼きました。
うきうきしながらDVDプレーヤーに・・
あれ”~!!見られない・・。

さて、冷静に調べます。
DVDを焼く環境は、少し前までは、
OS10.3.9+Toast6+PioneerDVR-105(内蔵DVD-R)。
今年からは
OS10.4.4+Toast7+LogitecDVD-R(外付けDVD-DL)。
ブランクディスクはどちらもマクセル。
観る環境はPioneerDVL919。

う~ん・・なんだろう。
試しに、焼いたDVDをPlayStationに。
あ、観られる・・。
なんかゲーム機で観られるのに、DVDで観られないのって、悲しい・・。

さらに、ちょいとToastで調べてみると、
このLogitecのDVD-DL、レコーダーはTEAC製のようです。
以前のPioneer>Pioneerでは問題なし、
今回のTEAC>Pioneerでは観られず、
試したTEAC>SONY(PS)では観られる。

やっぱレコーダーとドライブの相性ってのも
あるのかなぁ?
あるいは再生が古いDVDなので、
ファームウエアのバージョンがらみなのか?
さらに調べてみないと・・。

MDDの起動ボタンTips

〈2005.10.10〉

後輩の使っているG4/867Dual(MDD)、
起動ボタンを押しても、起動しなくなりました。

起動ボタンは、押せば光るんですよね。で、離せば消える。
ま、通電はしているようですので、
最悪でもスイッチボックスだけの問題かな~。

そう思いながら、とりあえず接続の確認。
上の写真、IDEのコネクタの後ろに、
起動ボタンのスイッチボックスからきているケーブルの
コネクタがあります。
まずこいつをはずして、ちょいと綿棒+アルコールで拭いてやって
くちゅくちゅっと差し直し。
次にスイッチボックス後ろのコネクタもふきふき&くちゅくちゅ。

試しに起動ボタンを。
あ・・立ち上がった。
ま、Macなんてこんなもんすね~(笑)。

2枚舌のG4MDD

〈2005.9.17〉

会社で私が使っているG4/867dual、通称「Mirrord Drive Doors」です。
下段の5インチベイにも、余っていたDVD-ROMドライブを追加しています。

こいつ、変なクセがあって、
終了→起動では何事も起こらないのですが、
再起動すると、なぜか両方のドライブが出てきます。
まるでベロを出しているように。

ドライブを追加したとき、OSが10.2でした。
その時はベロが出ていたのですが、
10.3にしたとき、なぜかそのクセが納まりました。
10.4でも問題なし。
そして今回10.4.2にアップグレードした時から、
ベロ出しが再発しました。
まあ、たいした問題にもならないから、いーんですけどね。
なんなんでしょ?

IBMの意地

〈2005.7.11〉

IBMから発表されましたね、Dualの「PowerPC 970MP」と
低電圧版の「PowerPC 970FX」。

Dualの970MP、クロックは最大2.5GHzだそうで、当然64ビット対応。
一方、970FXは、クロックは最大2.7GHz。こちらは消費電力が少ないタイプだそうです。

どちらも価格が安く抑えられているということで、
G5値下がりするかな?
それと、970FXの発表で、
きっとPowerBook G5、遠くないうちに登場ですね~。

G4でDVD

〈2005.6.17〉

ウチのG4AGP/1GHzは、DVD-Rに換装してあります。
Pioneer DVR-105です。
ちょっと前のモノなので、DVD-R書き込みは4倍速です。

抜き出すソフトは「DVD-backup」、
2層を4.7GB以下に圧縮するのは「DVD2oneX」です。
(書き込みはToast5)

これが、どーゆーわけだか、DVDを少し(1~2分くらい)最初に再生しないと、
うまくいかないんです。エラーが出る。
雑誌を見ても、そのようなことが書いてあります。
で、どの雑誌にもそれが「なぜか」はわからないようです。

まあ、ちょっとしたコツ、そんなに面倒なことはないのですが、
なぜなんでしょうね~???

改造の功罪

〈2005.6.9〉

ウチのメイン、G4/400改1GHzです。
3.5インチベイに、USB2.0のコネクター付いています。
ロータックの、当然DOS用。何の問題もなく作動しています。

ちょっと見栄えが良くないですが
(カバーでも作らないと)
とっても便利。
ただ…ケーブルがだらだらと。
「抜き差ししやすいから」とフロントベゼルに付けたはずなのに、
結局コネクタ差しっぱなし。
ケーブルがだらだらと。

ん~。いかん。
でも、どーにもならん…。(性格の問題ね)