iMacへiTunes、MailなどをG4から移行

〈2007.10〉

ほとんど新規インストールしたのですが、
そのまま移したいデータもあります。

SafariブックマークとiCalのデータは、
私.Macに加入してるので、同期で簡単。
勝手にデータがやってきます。

ATOKの登録した単語は捨てました。
また新たに登録していきます。
以前に会社でG4→G5にATOK引き継いだときに、
トラブルがあったもので・・。

iTunesは
ユーザー>ミュージック>iTunesフォルダをまるごと、
Mailは
ユーザー>ライブラリ>Mailフォルダをまるごと、
G4からコピーしました。
これで問題なく作動しています。

iMacメモリ2GBが12800円

〈2007.10〉

設置の話に戻りますが、
写真上のようにウチでは設置されています。
これね・・ちょっと難アリ。
そうなんです。iMacのディスクドライブにディスク差し込めない。
eMacが邪魔。
eMacと場所を入れ替えても、横の壁が邪魔。
iMacは向かって右にスロットがあるんですけど、これはもうどうにもならない。
幸い、私は外付けのロジテックDVD-R(DualLayer)も持っていますので、
ディスク使うときはそれを利用してしのいでます。
(ちなみにiMac直前にあるキーボードはG4用のです。まだ動いています)

MightyMouseは使っていません。あれだけはどうも馴染めなくて・・。

まだアプリケーションはPhotoshopくらいしか使っていないのですが、
ちょっといじってみた感想。
今までメインで使っていたのは
Power Mac G4/466(DigitalAudio)にSonnet1.4GHzカードでパワーアップ。
メモリは1.5GB、VRAMは256MB(ATI9600) でした。
このiMacはCore2Duo 2GHz、メモリが4GB、VRAMは128MBです。
家でPhotoshopを使うといっても、解像度は72dpiがほとんどなので、
データとしては軽い。
その程度のものなら、まあiMacが速いことは速いんですが、
G4/改1.4から乗り換えても「劇的に」速いってことはないですね。
体感でちょっと速いかな、と思う程度。
家庭でインターネットやメール、ブログ作ったりするだけなら、
オーバースペックですね。
近々iMovie、iDVDでビデオ編集するので、そこで差が大きく感じられるかもしれませんが。
また報告します。

で、そのメモリです。
MacMini欲しかった私がiMacにした決定打が、
ひとつはグラフィックカード&VRAM、
そしてメモリ搭載量の違いです。
iMacなら最大4GB積める。これはこの先の作業(ビデオ編集等)考えると
大きなアドバンテージになるのではないでしょうか。
そして当然、メモリもそのMAXまで積みました。2GB×2本。
今回はDo-夢で購入。
http://www.at-mac.com/
購入は9/28にしたのですが、なんとっ!前日まで14800円だったのが
この日から12800円に値下げされていました!!
らっき~♪
ってなわけで12800円の2GBメモリを2本発注。

メモリの搭載は超簡単。
iMacのスタンドの裏にも取り付け方が書いてあります。

iMacのAirMacとBroadbandTuner

〈2007.10〉

ネットワークの接続なのですが、
LANもいいけど、せっかくAirMac内蔵してるんだから、
使わないのももったいない。
ウチの無線ハブ、バッファローの「WHR-G54S」はWiFiのg規格だから、
iMacの無線の速さ(n規格)は活かせないけど、
それでも不満はないかな?

試しに有線と無線で時間を計りました。
Toastのアップデートをダウンロード。137MBです。
有線LANだと、2分55秒。
さて、無線LANだと・・2分58秒。
あれ?変わらないや・・。
というわけで、今は無線LANで接続中。
でもちょっと納得いかないので、LANケーブルを新しいものに換えて、
また後日やってみます。

あとは「BroadbandTuner」。
Power Macの時はけっこう速くなりましたから、またこいつもインストール。
あ、上記の結果がBroadbandTunerをインストールした状態です。
アンインストールしたら、3分15秒でした。
こいつは効果があるようです。

iMac起動。で、一番最初にいじったのはモニタの色調整

〈2007.9〉

起動して、まず気になったのがモニタ。
やけに明るい。色も白飛びしてる。
あまり能力的に評判のよくないiMacのモニタですが、
せめて色調整でできるだけ好みに近づけました。

まずはモニタの明るさを確認。
うわっ。MAXになってました。
これを半分ほどにしました。

今度は色。
システム環境設定>ディスプレイ>カラーで確認すると、
「iMac」というプロファイルが選ばれていました。
これがデフォルトなんでしょうねー。
もう白飛びっていうか、全体に色浅すぎ。
メリハリがなく、ただただ明るい。
店内が明るい電気屋の店頭ならいいかもしれませんけど、ウチじゃあちょっと・・。
横にある「補正」をポチッっと。
あとはガイドに従って補正していきます。

ウチのデジカメでどれほど忠実に再現されているかはちょっと不安ですが、
それでも写真の上(デフォルト)と下(補正後)の違いは
わかりますよね。
ガイドに従って補正していくだけで、
充分メリハリのある、現実的な見やすい色になりました。

iMac設置。で、一番最初に気になった新型Appleキーボード

〈2007.9〉

iMac、ようやく完成しました。
今はこうして新しいiMacでこのブログも書いています。

PMG4が、なぜかターゲットディスクモードで起動しなかったため、
必要なデータはLANで地道にコピーしました。
PowerPC→Intelなら、ソフトやシステム系のデータコピーしたら何かトラブル起きそうな気がしたので、
もともとソフトやシステム関係のデータはコピーせずに、
面倒でも新規インストールのつもりだったからいいんですけどね。

まだ起動して2日ですが、気づいたことをいくつか。
iMacを箱からだしまず机に設置します。
なんといってもキーボードがコンパクト。
小さめだから、と気に入ってPMG4に使っていたサンワサプライのキーボードと、
幅が変わりません。
さらに、キーボードについたUSBハブ。
奥まっているので、雑誌等では「フラッシュメモリが挿しづらい」などと
書かれた記事も目にしましたが、
写真の通り、奥まっているということは、
挿したときに飛び出した部分が少ないということで、
邪魔にならず便利です。

有線マウスなら、ケーブルが邪魔にならないよう
私はマウスをキーボードの左側USBポートに挿しますが、
マウスによってはケーブルの短さ故に右側に挿す場合もあると思いますが、
これなら飛び出し量が短いので邪魔になりづらいですね。
この奥まったUSBハブは、私はアリだと思います。

iMac(Intel)パーテーション・・のその前に

〈2007.9〉

さてさて、iMac G4も無事オーナーの手に渡したし、
いよいよ自分のiMacを。
まずは「おじさんMac使い」の癖(笑)でもある、
初期化→パーテーションの儀式を・・っと待て。

そういえばちょっと前にG3B/WからMacmini(Intel)に買い替えた、
同じ初期化→パーテーション癖をもつおじさんMac仲間が、
「bootcampって、パーテーション切ったらダメなんだってさ・・」と
話していたのを思い出しました。

ホントかなぁ?Appleのサイト内bootcampのコンテンツを
読んでみました。
書いてないなぁ・・。
ん?でも「インストール&設定ガイド」というリンク先がある。
http://images.apple.com/jp/macosx/bootcamp/pdf/Boot_Camp_Beta_Setup_Guide.pdf
同名のPDFファイルがダウンロードされました。
IntelMacは初めてなので、一応1ページ目から読んでいきます。
と、全16ページの最後の方(15ページ)にトラブルシューティングの項目があり、
そこに書いてありました!!
(写真下のピンクの部分)

あっぶね~。
あやうくパーテーション切るところでした。
Windowsを後日インストールする予定なので(ただいまXP物色中)やばかった~。
また初期化しなきゃならないとこだった。

PowerPCのことはそこそこ解ってるつもりですが、
やっぱりIntelMacにはIntelMacのノウハウが必要になってきますね。
これからも勉強しなくちゃ。

iMac G4復活へのつまづき・・

〈2007.9〉

メモリを増設後、
まずは必要なものを外付けHDDへ。
そして初期化&パーテーション、新規インストール。
問題なくTigerは入りました。
続けてアプリケーションを色々とインストール。
順調順調。いい感じです。

さて、一通りインストール終わったので、
ネットにつなぎ「ソフトウエア・アップデート」でダウンロードとインストール。
続々とQuickTimeやiTunes、OS10.4.10などにアップデート。
再起動・・うん、調子いい。起動も速い。

もう一度「ソフトウエア・アップデート」で確認。
今度は「Java for MacOS-X10.4リリース5」というのが
アップデートできるようになっていました。
じゃあ、これも・・ダウンロード&インストール開始・・
うわお~!!途中で止まった!?
うろ覚えですが
「署名がAppleのじゃないみたいだから、やめた~」みたいなアラートが出ました。
なんなんだぁ?!

とりあえず終了して再起動。
そして・・カーネルパニック!!
出たーーー!!

とりあえず、もう一度やり直し。
いや、再インストールは最後の手段として、
もう一度10.4.10のアップデートを上書きしてみようと。
「ソフトウエア・アップデート」はもう使えないので、
Appleのサイトから直接OS10.4.10をダウンロード。
そしてインストール・・
順調に上書きされて再起動・・
お。ちゃんと起動。

その後いろいろ使ってみましたが問題なし。
とりあえず「Java for MacOS-X10.4リリース5」というのは、
このマシンに関してはアップデートしないことにしました。

iMac G4 復活へのまず一歩

〈2007.9〉

先日書いたとおり、
友人のiMac G4/1.25GHz FlatPanelを直しています。
こいつ直してからIntel iMacを出そうと思ってるので、
とっとと終わらさなきゃ~。

このiMacG4、メモリが本体256+増設512=768MB。
Tigerにはちょっと心許ないので、
この機会にメモリ増強もしました。
メモリは信頼厚いマックメムさんから購入。
http://www.macmem.com/
ここ北海道でも翌日~翌々日には届くので助かります。

本体側を1GBにしたので、トータル1.5GB。
倍増したメモリで試しに起動してみると、
お~速い速い。
これで初期化+OSインストールや
アプリのインストールもぐんぐんできます。
さ、サクサクやっちゃおーっと。

G4DigitalAudioトラブル決定打~ATOK2006

〈2007.9〉

で、そのウチのG4のトラブルですが、
前に書いたカーネルパニックやフリーズの他、
フォトショップもビデオ再生時も調子悪い。
よくフリーズします。

そして最近、致命傷が。
文字がまともに打てないんです。
私はATOK2006使っていますが、
最初の写真のように、突然、一文字打ったとたん、その後が打てなくなったりします。
しょうがないので、ことえりに切り替えてその場をしのぎます。
文字打ちのできなくなったアプリケーションを再起動すると、
打てるようになるのですが、
また打ってるうちに同じ症状になります。

また、2枚目の写真のように、この記事のタイトル
「G4DigitalAudioトラブル決定打~」の
「トラブル」の部分、私はローマ字変換してるので
「TORABURU」と打たなければならないのですが、
突然に、なぜかT→O→R→A→・・と一文字ずつ変換されちゃうんです(^^;
これじゃもう、お手上げです。
何もできません。

他のトラブルもあわせて考えると、
ことえりにすれば打てるとはいえ、
おそらくATOKに原因がある訳ではなさそうなんですけどね。
システムなんだろうな・・。
そして、そのシステムの壊れた原因が、ハードじゃないのかなぁ・・?

iMacG4FlatPanel+OS10.4

〈2007.9〉

友人のiMacG4 FlatPanel/1.25GHzです。
先日OSを10.3→10.4にしてから、
トラブル多発。
起動すると「再起動してください」旨のアラートがでるそうで。
今晩から初期化・本体分解して原因究明です。

それにしても・・美しい。
古いMacで今欲しいのは、これくらいだなぁ。