iMacメモリスロットのふた注意

〈2007.10〉

交換した2代目iMacがウチにやってきて、
まずやったのがメモリ交換。

前の初代iMacから、あやうく外すのを忘れそうになったんですよね。
販売店に持っていく直前に「あっ!」と気づいて外しました。

初代と取り替えてもらったこの2代目iMacに、
その外した2GB×2本のメモリを移植。
ところが・・ねじ1本で外れるはずのメモリスロットの上蓋が
ねじ緩めても外れてこないんです。
初代のときはねじ緩めたら上蓋が浮いてきて簡単に外れたのに・・。
どうやら蓋の精度に個体差があるようですね。
今回の2代目は、わりと固めにはまっているようです。

蓋がパンチングメッシュになっているので、
その穴にボールペンの先を突っ込んでこじ開けようとしたのですが、
けっこうきつめにハマっているせいか、
そこそこ力を込めなければならなそう。
で、すこし力を入れてみたところで、なんとなく嫌な感触。
この蓋もアルミ製なのですが、かなりヤワな感じです。
穴が広がりそうな予感。あるいは曲がりそうな感触。

すぐに力を抜き、ボールペンの先でお手軽に、というのはあきらめました。
今度は事務用の小さいクリップをJ字に曲げて、
穴から突っ込み、引っ掛けて持ち上げました。
これで難なくメモリスロットの蓋は外れてきました。

アルミ素材って、確か厚みだけじゃなくて、強度によって
規格がいろいろあったと思いますが(うろ覚えです)、
iMacのメモリスロットに使われているものは、
かなり柔らかいアルミ素材のようです。
固めにハマっている蓋のiMacをお持ちの方、
メモリ交換の際にはお気をつけ下さいねー。

.Mac不通で結局再インストール

〈2007.10〉

iMac、戻ってきました。
ターゲットディスクモードも、約束通り販売店で対応してくれていました。
がしかし・・
いろいろ再設定していく中、.Macだけが
うまくいかない。
アップデートしてもだめで、結局再インストールしています。
OSを再インストールしたことでこの問題は現在は解消しましたが、
これからまたしこしこアプリケーションやフォントも
また再インストールしていかなければなりません。

問題のあったUSBポートが解決しただけいいかぁ・・。

iMac交換待ち・・WindowsXP待ちぼうけ・・

〈2007.10〉

で、無事に気まぐれUSBのiMacを販売店に預けてきました。
(この記事はeMacにて)
ターゲットディスクモードでデータ移行をお店がやってくれるというので、
土曜日の夕方、新しいiMacを引き取ってきます。
そういえば私のiMacも、そのうち
AppleStoreの「整備済商品」コーナーに載って売られるのかな~?

そういえば今週初めにヤフオクで購入した
WindowsXPが、今日届いていました。
肝心のハコ(iMac)がないというのに・・虚しい。
iMacが復活してきたら、いろいろ検証して
また記事をアップします。
BootCampとParallelsの比較もします~。

気まぐれUSBポートのiMac。さよなら・・

〈2007.10〉

先のUSBポート不良の件、購入した電器店に相談しました。
購入して1ヶ月経っていないこともあり、新品と交換してもらうことになりました。
(すでに在庫を押さえてもらっています)

それと、交換だとしても
すでにインストールしてあるものの移行や
再設定の手間の不満を述べると、
この電器店にてターゲットディスクモードでの移行を行ってくれるとのこと。
なかなかいい対応、ってゆーかそれでも迷惑な話ですけどね。
「取りに来て、代わりを持ってこい!」と言いたいのは山々ですけどね・・。

さて、本当は昨日iMacを持参するはずだったのですが、
仕事が遅くなりできませんでした。
なのであらためて検証。
すると・・おやおやっ、マウントした・・
差し替えて・・あれ?マウントしない・・(笑)
というように、不具合が出たり出なかったりしています。
再起動しても、マウントするときがあったり、しないときがあったり・・
やっぱりオカシイ。

明日仕事が早く終われば
交換に行ってきます。

iMac早速トラブルか!?USB不通

〈2007.10〉

毎日いろいろちょしているiMacですが、
先日は新しいアイテムのFireWire HDDを接続。
そして今日はeMacで使っていたUSB HDDも接続して・・あれっ?
あれれっ??
マウントされません。

USBポートが3つあって、
そのうちの一つには7ポートのハブ(電源付き)をつないでます。
今まではすべてをそれにつないでいたので、
USBポートは2つ空いていました。

最初はハブにつないだのですが、どうやら電力不足のようで
マウントされませんでした。
そこで3つ並んでいるウチの真ん中のUSBポートに差し込みましたが・・
マウントせず。

おかしいな・・と思いつつ、あらためてeMacにつないでみると、即マウント。

もう一度、今度はポートを換えて端っこのUSBポートに。
お~マウントしました。
真ん中のポートだけが怪しい。
ハブを外し、HDDもはずし、
真ん中のポートにマウスだけをつないでみると・・見事に動かない!!
どうやらこりゃ修理行きか?!

とりあえず後ほど購入した電器店に連絡してみます。
めんどくせぇ・・。

iMacにFW外付けHDD

〈2007.10〉

iMacに外付けのHDDを追加しました。
USBのHDDをeMacにつなげていましたが、遅いんですよねー。
やっぱりFireWireじゃないと。

FWのポートが、iMacにはFW800がひとつ、FW400がひとつあります。
ウチにはFW機器がすでに1台、IOのDVD-DLがあります。
他に、DVムービーもFW接続。
そこにさらにFWのHDDですから、
FWのハブを付けようかとも最初は思ったのですが、
市内の電器店にはどこにも置いてありませんでした。
USBハブならどこでも売ってるのに・・。

でも、忘れてました。
FWってディジーチェーンで接続できるんだった!
DVムービー用のケーブルをHDDにつなぎ、
HDDはDVD-DLに、そしてDVD-DLをiMacにつなげました。
結果無事、各機器とも、安定して作動しています。
HDDもFWは速い!たぶん(笑)。
今度両方ともiMacにつないで速度計ってみようと思っています。

iMacで新しいiMovie ver.7.1(iLife’08)

〈2007.10〉

さて、この新しいiMovie、インターフェイスがまるで変わりました。
なんだかよくわからん・・
本当に使い勝手が良くなってるのでしょうか・・。

取り込んだDVファイルは「イベントライブラリ」にまず表示されます。
(この「イベント」が、前バージョンiMovie HD/iLife’06の「クリップ」に相当します。
「イベントライブラリ」は、前バージョンでは右側に表示されていた「クリップパネル」に相当します)

これを編集していくには、この「イベント」を「プロジェクトライブラリ」にドラッグします。
(「プロジェクトライブラリ」は、前バージョンでは下側に表示されていた「クリップビューア」に相当)

このプロジェクトライブラリ内で、色んな効果を加えたり、
タイトルを載せたりします。
この辺の使い方は変わらないんですけど、
見た目や呼び名が変わっているので、なかなか馴染めません。
それでも、「トランジション」利用してフェードアウトの効果をつけたり、
「タイトル」で見出しの文字を加えたりは何気にできてしまいました。

ただ・・見あたらないのが「チャプタ」。
iMovieで編集後、iDVDでまたメニュー画面つけたりするので、
iDVDの方でチャプタつけてもいいのですが、
前バージョンはiMovieにもチャプタをつける機能があったんですよね。
今回のiMovieにはチャプタを付加する機能が見あたりません。
ヘルプで「チャプタ」と検索しても出てきませんでした。
今回はiDVDと組み合わせて使うことを前提としたのでしょうか・・。

それにしても、いちいち凝ってますね。
デフォルトでは上にある「プロジェクトライブラリ」と、
下にある「イベントライブラリ」の位置を、
上下入れ替えることができます。
その動きがOS-Xの「ジニーエフェクト」みたいににゅう~ん・・となるんです。
そしてこのiMac(メモリは4GBに増強)なら、このにゅう~んも、
ビデオの編集中も、まったくストレス感じません。
ここでやっぱり、G4/改1.4GHz DigitalAudio(メモリ1.5GB)との違いが大きく出ました。
買って良かった♪

iMac(iLife08)へiWeb(iLife06)のデータ移行

〈2007.10〉

さあ、iLife08をちょっといじってみよう・・
と、立ち上げたところで気づきました、iWeb。
こいつのデータを移行していませんでした。

このYahoo!blogのMac系ネタのアーカイブとして制作したサイトは
すべてiWeb(iLife06)で作っています。
http://web.mac.com/kakky_/iWeb/CryMacs/
そのデータをG4に残したまま。
でもいったい、どこにあるんだろう・・?
ヘルプで調べ、やっと見つけました。
ユーザー>ライブラリ>Application Support>iWebの中にある、
「Domain」というデータがそうです。
このたった一個のデータの中にすべてがまとめられてるらしいです。

G4から、iMacの同じフォルダにコピーし、このDomainを
ダブルクリックしてiWebを起動
・・おお、ちゃんと読み込み起動しました。

でも・・変だー。
レイアウトが崩れています。
一番下の写真が現在サーバにアップロードされているサイトの見え方。
その上がiLife08のiWebで開いた、iLife06のiWebで作ったデータ。
うむむ・・地道に修正するしかないのかな(T_T)

iMacのAirMac VS Ethernet再戦

〈2007.10〉

AirMac(無線LAN)とEthernet(有線LAN)をあらためて比較しました。
前回試したときには、ちょっと古いLANケーブルだったので、
今回はカテゴリー6のLANケーブルを用意。
さて、再戦です。

あらためて記載すると、
我が家のネット環境はBフレッツ光+プロバイダーはdion・・じゃないau-one net。
このiMacのAirMacは「802.11n」規格。
速さは理論値100Mbpsといわれていますが、
ウチの無線LANアクセスポイントはバッファローの「WHR-G54S」。
ただしこいつは「802.11g」規格なので速さは理論値54Mbpsまでしか出せないんです・・。

そんな環境で比較。
「ブロードバンドスピードテスト」を使いました。
AirMac(無線LAN)だと、下りで24M出ています。充分な速度ではあります。
ん?上りの方が速いなぁ。
設定を切り替え、Ethernet(有線LAN)で測定。
ん!下り58M。今回は満足、納得。
AirMacもったいないけど、Ethernetで使おうっと。
いや、それともアクセスポイントをいっそ
「AirMac Extreme」にしちゃおうかな・・。

あ、ちなみに前回と同じくToastのアップグレード(137MB)のダウンロードが、
AirMac2分58秒に対してEthernet2分18秒でした。
これも満足♪

iMacもiTunes認証でiPodも問題なし

〈2007.10〉

もうG4からの移行はすべて終えました。
さて、あとはiMac使いこなすのみ。

ひとまずiPodをつないで
iPodの中の曲も整理しよう・・あれっ?!
つないだ瞬間にアラートが。

iPod miniは手動で同期にしているので、
こんなのは出ませんでしたが、
iPod nanoは自動で同期にしているので、つないだ瞬間に
アラートが出現。
よく読むと、iTunesStoreで買ったものばかりが
iPod nanoにコピーできない、再生できないと。
ちゃんとコピーガードが効いてます(笑)。

このiMacをiTSに認証させるのをすっかり忘れていました。
ひとつのIDに対して5台のPCまで認証させられるので、
G4、eMac、VAIO、そしてこのiMacで4台になります。
(あ!あと1台買っても大丈夫だ/笑)

許可されていない曲を再生しようとダブルクリック、
すると写真下のようなアラートが出るので、
(メニューバーにも認証の項目がありますけどね)
IDとパスワード入れて、認証は終了。
無事にiMacでiPodがいじれるようになりました。

これで各種設定や移行は、
すべて終了(のはず)。
これから興味深い進化を遂げた(らしい)iLifeを使ってみたいと思います。
特にiMovie、iDVD、iPhoto、そしてiWeb。
また順次報告します~。