Mac Pro2008+GeForce GTX750TiのOSアップデートでログインできなくなった件

ちょっとタイトルがヲタっぽくなっちゃった(笑)

Windows用のグラフィックカード、NVIDIA GeForce GTX750Tiを積んだ
うちのMac Pro2008、
http://mac.club16.net/archives/1350
ついうっかりOSをYosemiteからEl Capitanにアップデートしちゃって。

気づいたときにはすでに遅し、
アップデート終了後、起動はすれどログインができなくなりました。

リンク先見てもらえばわかるのですが、
このグラフィックカード、ドライバをインストールして
環境設定で標準のドライバか、
GeForce GTX750Tiのドライバかを選択しておかなきゃならないので、
今回みたいに上書きとはいえ、うかつにOSアップデートすると、
環境設定が標準のドライバに戻っちゃうんですね。

そのせいで、起動はすれど画面も映らなくなっちゃうし、
他のMacから画面共有で入ってもログインができない。

こんなときは、もう標準のグラフィックカードに一旦戻すしかなく。

戻せば問題なく一発起動。

システム環境設定>NVIDIA Driver Manager開いて、
標準のドライバ設定「OS X Default Graphic Driver」に戻っちゃってたのを
「NVIDIA Web Driver」の方にチェックを入れて、完了。
ココでMacを一度終了させます。

これだけのことなんですねどねー。めんどくさい(笑)や、自業自得ですが。

んで、標準のグラフィックカード外して、
またGeForce GTX750Tiに付け替えー。

完了。

そして無事起動。

ちなみに、ネットあれこれ徘徊すると、
このMac Pro+GeForce GTX750Tiは
OSはEl Capitanまでしか上げられないらしいですね。
sierra〜Mojaveに対応できるドライバがないとか。
(てか、MacOSがNVIDIAのグラフィックカードをフォローしてないようです)
ひとまずこのまま使い続けるかな。

MacPro Early2008に、2.5インチSSDを内蔵

前回の日記で
「次のブツが・・」と締めましたが、
その次のブツってのがこれ。

はい、SSDですー\(^_^)/
ウチで普段使ってるMacmini2010、2014ともに
起動ディスクがSSDなので、もうウチじゃ
SSDでササッと起動してくれないと
煩わしく思えてしまう・・という贅沢なマカーに
なってしまいました(^◇^;)

今回入手したSSDは
サンディスク240GB SDSSDA-240G-J25C。
DO-MUでもAmazonでも7000円台半ばとお買得でしたが、
今回は一番安かったパソコン工房で。7,369円税込♪

プラスチック然な安っぽい筐体ですけどね、
造りは割と綺麗に仕上がってるので、まあいいかな。

で、MacPro使いにはご存じの通り、
このままでは搭載できません。
3.5インチHDDならサクッと載せられるMacProなのですが、
2.5インチとなるとサイズを調整するアダプターが必要です。

そこでコレ。
VintageComputerで購入した、
ICY DOCK 2.5 to 3.5 SATA ハードドライブ/SSD コンバーターケース
です。送料税込4000円ちょいだったかな。
やーホント、VintageComputerは痒いところに手がとどく
すばらしい商品をラインナップしていますよねー。
利用するたびにつくづく思います(^。^)

このケースにSSDを収めて、MacProの3.5インチHDDベイに
装着するんですねー。
そしてその、SSDの付け方が簡単。
まずはコンバーターケースの上蓋をスライドさせて外します。

外した状態。
右がコンバーターケースの端子部分。
左は上蓋をひっくり返したところ。
スプリングが付いています。これでSSDをしっかり押さえるんですね。

コンバーターケースの内側のガイドに沿って
SSDを入れます。

SSDをスライドさせつつ
端子部分をしっかり押し込みます。

上蓋閉じて完成!
工具もいりません。1分かかりません!

で、ひっくり返して

MacProのHDD用アダプターを装着。完成。

あとは通常のHDDと同じく、
ベイにしっかり差し込みます。

ディスクユーティリティで初期化。
OSなどをインストールしました。

バッチリ起動。

ちゃんと認識しています(^。^)
もちろん、爆速で起動してくれるようになりましたー♪

MacPro Early2008を、玄人志向Windows用グラフィックカードNVIDIA GeForce GTX750Tiで再起!

このMacProの購入の経緯ですが、
ヤフオクで数千円だったんです。
ただし、
電源なし!HDDなし!ドライブなし!メモリなし!グラフィックカードなし!・・

落札してからのやりとりで聞きましたが、
電源が壊れたらしいので、あれこれバラしてオークションで売ってるとか。
(ご本人はすでにiMac買ったらしい)
グラフィックカードはけっこう高値で売れたとか。

メモリ8GB分のみまだ売れ残っていて、
なんなら格安でお付けしますよ!とのことでしたので、
いただくことにしました。マジ格安で(^。^)
なんたって本体+メモリで数千円ですから(^。^)
良心的な出品者様でした。
(グラフィックカードでガッツリ儲けられたから・・なんて勘ぐってはイケマセンww)

さて、なにはともあれ一旦稼働させないことには
状態も解らず、先へ進めない。

まずドライブ。
実は職場で廃棄処分のMacProがあったので、ドライブ部だけ取っておいたんですねー。
それを装着。

次にグラフィックカード。
これは職場のMacProから純正の
ATI Radeon HD 2600 XTをちょいと借りてきて装着。

そして電源。
当初はATXを流用・・と思っていましたが、色々調べると
かなりハードルが高い。(私的には不可能)
なのでこちらも根気強くヤフオクで見つけました。

HDDは
ウチにあった2TBを使いました。

ハード面はこれで準備完了。

OSは以前作ったインストーラーから
MountainLionをインストールして起動。
うんうん、動きました。ほっ。

メモリもこの通り8GB。

さて、ここからです。

この純正グラフィックカード、
いつまでも借りていられません。
休み明けにはこっそり戻さなければ・・ww

事前にネットでいろいろ検索して、
Macでも稼働させることができるらしい
win用のグラフィックカード、
玄人志向のNVIDIA GeForce GTX750Tiの
アウトレット品をAmazonで購入してありました。1万円でした。
(正確には「玄人志向 NVIDIA GeForce GTX750Ti PCI-Ex16 LowProfile 2GB 補助電源なし/GF-GTX750TI-LE2GHD」)

なんせMac用ってのは高いですからねー。
3万円出しても、このグラフィックカードより遠くおよばない性能のものしか買えない、
いやそれ以前に、Early2008用で高性能なグラフィックカードがほぼ
入手困難ですから。

で、MacでのGeForce GTX750Tiの動かし方ですが、
先駆者の方々のブログ等見せていただくと、
このグラフィックカード、換装前に
先にドライバーをインストールしておかなければならないとか。

ドライバーは2つです。
グラフィックカード用ドライバーと
CUDAドライバーです。
(「CUDA」とは何か?ってことはググってくださいww)

事前にインストールしておくべきなのは
カード用ドライバーだけなのですが、
面倒なのでCUDAも先にインストールしました。

まずnVIDIAのドライバーダウンロードのページに行きます。
http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx
GTX750TiのMac用ドライバーは存在しません。
「Quadro K5000 for Mac」というのが使えるそうです。
それのMountainLion用(バージョン313.01.04f06)をダウンロード。

展開してインストールします。

続けてCUDAダウンロードのページに行きます。
http://www.nvidia.co.jp/object/mac-driver-archive-jp.html
自分のOSに合うバージョンを見つけます。
私は6.5.51でした

同じくダウンロードしてインストール。

するとこのように
システム環境設定に表示されます。

CUDAはデフォルトのまま。
何もいじることはありません。

ドライバーも同じくデフォルトのまま。

グラフィックドライバーのチェックが
「NVIDIA Web Driver」になっていることを
確認して下さい。

ソフトの準備が出来たので、
電源を落として
グラフィックカードを交換します。

かっちょええなぁー。

そして起動!!

・・

・・・

あれ・・。
画面が黒いまま。いつまで経っても黒いまま。
ドライバーのバージョン確認し、
念のため再インストールし、
ディスプレイのポートもDVIもHDMIも試してみたけど
ぜんぜんダメ。
んー。

一旦純正のグラフィックカードに戻します。

で、OSをアップデートしてみました。
10.10Yosemiteに。

以前一度MacminiでApp Storeから
ダウンロード・インストールしているので、
App Storeにログインして「購入済み」タブから
再ダウンロード・インストール。

あらためてグラフィックカードのドライバーも
Yosemite用のバージョンをダウンロード、再インストール。
ドライバーのバージョンは
346.02.03f06
CUDAのバージョンはこの時最新の
7.5.25
を入れました。

インストール後、Macを終了し、
またGeForce GTX750Tiに変えて
パワーボタンを祈りながらぽちっと・・

わぉ起動!!

ほれほれこの通り!!

さらにヤフオク+Amazonのアウトレットで手に入れた
格安メモリも突っ込んで

14GBに。
これでしばらく使えるかなー。

といいながらも、
ネット購入した次のブツを待っています・・( ̄∇ ̄)

ちなみにここまで、
からっぽ本体+中古メモリ8GB分+中古純正電源+アウトレットGeForce GTX750Ti
+アウトレットメモリ6GB分(HDDとDVDドライブは0円)
=32000円のMacProです(^。^)
粘りと労力と運が必要ですが、
なんとか「激安!」ってレベルに抑えられたと思いますー。