Intel+mini VS PowerMacG5

〈2006.3.1〉

俄然魅力的になりました、私としては。
Mac miniのIntelバージョン。
高くなったのは残念だけど、
ベンチマーク通りだと、もしかして、もしかしたら、
Power MacG5/2GHzより速いのでは・・?

もし、そうだとしたら、
あのG5のばかでかさが情けなく思えますね・・(笑)。

今回のminiは、
仕事でも使えそうですよね。メモリがちょっと心許ないけど。

Mac mini(Mid2010)、起動ディスクをSSDに換装!

ウチのMac miniもかれこれ2年半、
まわりが速くなると、相対的に遅く感じてきます
・・てか、遅いっす(笑)

Core2Duo 2.4GHz、8GBメモリ、VRAM256MB。
OSは10.8-MountainLion。(デュアルモニタ使用)
一番のネックはVRAMなんですけどね~どうしようもない。
まーそのうちIVYBridgeのMac買うまで、
少しでも快適に使いたい。

てなわけで買っちゃいました、SSD。
起動ディスクの2.5インチ320GB・5400rpmの内蔵HDDを
SSDに換装すれば、少しは快適になるだろう、と。

職場でMacBookAir使ってますが、それがSSDで、
Core2Duoながら非常にさくさく動くんですよね~。
で、いつかはウチのMac miniもSSDに・・と
虎視眈々と価格動向見ていましたが、
ここのところ128GBのSSDが1万円をがんがん切ってるようなので、
イッちゃいました。

いつものDO-MUか、VintageComputerかで迷いましたが、
VintageComputerでは作動確認が明記されていたので、
SSD初換装、てかMac mini初改造でリスクの大きい今回は
安全策をとってVintageComputerで。
こちらの商品にしました。
SOLIDATA X8 2.5インチ SATA 3.0 SSD 120GB。
本体7980円、海外からの発送なので送料加えると10099円になります。

さっそく裏蓋をあけ、取りかかります。
ほこりがついていたので、ついでに大掃除。
でも、2年半にしては意外と汚れていませんでした。

最初に、すべてのビス(ねじ)は6角星形のトルクスドライバーが必要です。
かなり細いものもあります。

まずビス4本でAirMacのアンテナを外します。これは簡単。

さらにビス4本で、冷却ファンとその横のカバーを外します。

ここで、ホントはアルミの筐体から、
ロジックボードを引き出してHDDを外す・・ハズなのですが、
ロジックボードがぜんぜん出てこない!
なにかコツがあるのでしょうか・・
でも、ちょいと力業で、くいっくいっと
少しずつ少しずつHDDを引き出してみたら、外れてきました。
HDD自体はねじでは固定されていません。

両面テープで貼られている防護フィルムを丁寧にはがし、
SATAのコネクタを外し、
両面テープでついてる(たぶん)温度センサー2コを外し、
HDDを取り出しました。

HDDは我が国が誇る東芝製♪

逆の手順でSSDを装着。
高温にはならなそうだけど、一応温度センサーも、HDDの時と同じ位置に
ペタペタっと。

ナニが大変かって、このAirMacのアンテナが、なかなかきっちり入らない!
こんなとこで躓くとは・・。
くいくいっとはめながら、最後は力業で「がちっ」といいながら
はまりましたが。

システムはTime Machineでバックアップしてあるので、
結線してとりあえず起動。
するとインターネット経由でOSXユーティリティってのが表示されます。
今はこんな時代なんですねー。

SSDをまずフォーマットし、
Time Machineからインストール。

軽く感動~。
私の使い方だと、起動ディスクは120GBもあれば充分。
まだまだ45GBも空きがあるので、仮想メモリで使われても余裕でしょう。

HDDからの起動は、
起動ボタン押し~4台すべての外付けHDDマウントまでの時間で、
約210秒(2分50秒)でしたが、
SSDに換装してからの起動だと、なーんと
約37秒!
すばらしい!!
アプリケーションの起動や切り替えも速く、
なかなか快適です。

懸念されるのは
耐久性(寿命)。いわゆるSSD=メモリの書き換え限度ですが、
こればっかりは使ってみないとねー。
ま、Time Machineもあるので、最悪の事態は回避できるでしょう。