AirMac Express、第1世代後期が逝く→第2世代に!が、初期化・アップデートで繋がらなくなる・・

ついに壊れましたよ、
ウチのAirMac Express(2008)。
電源が入らなくなりました。
第1世代の、wi-fiが802.11nに対応した後期型でした。
気づけば10年使ったんだなー。

ウチはauのルーターがwi-fi使えるので、
まあAirMac無くても普段使いには困らないんだけど、
AirMacって、設定楽だし使い勝手いいんだよねー。
だから、
修理でウチにやってきたMacどもとか、
突然我が家に登場するApple製品(←意外とあるww)
にぱぱっと対応できるのがなんたって便利。

てなことを、
某会員制実名SNS(笑)でつぶやいてたら、
うん、やはり救世主っているのね。
「もう使ってないAirMacありますが、いります?」
くださーい!!ヽ(^o^)丿

ちゃんと箱入り!

AirMac Express(2012)、第2世代です。
いやー新しくなっちゃった!
購入後2年ほど使って、その後眠っていたとか。
使用感も少なく美品、しかもタダだなんて(*´∀`*)

まずは接続し、
Macの標準アプリ「AirMacユーティリティ」で確認したところ、
前使用者の設定が残っていたので、工場出荷時へリセット

その後、AirMacExpressのファームウエアを最新版にアップデート。

すると、なんということでしょう!
繋がらなくなりました(;´Д`)

操作をしていたのがMac mini、OSがEl Capitan。
そこに入ってるAirMacユーティリティと、
アップデートしたAirMacExpressのバージョンが合わなくなったのでは?
と推測しました。

ならば、最新のOSでならAirMacExpressと繋げられるのでは?
との推測のもと、

我が家にある最新OSのマシン、
そう、iPadの出番です!!

結果、iPadのAirMacユーティリティで、
難なく設定ができました!

ほいで、あらためてMac miniの
AirMacユーティリティ開いてみると、
こちらもちゃんと認識していました!

ああ・・iPad役立った!(^^)

LAN vs USB vs FWのiMac転送対決

〈2007.10〉

やっとこさ試すことができました、
各接続別の転送速度の比較。
雑誌ではよく見かけますが、実際はどうなんだろうと思っていたんですよね。
使われているHDDはすべて7200rpmですが、
プラッターなどその他のスペックは不明。
データを送り出すのはIntel iMac2.0GHz(Late2007)です。
HDD側のエントリーは、

●LANが、
G4DigitalAudio/Sonnet1.4GHzの内蔵HDD。
ATA133カードを介して接続しています。
マシンのEthernetは1000Mbpsですが、
ハブ(BUFFALO WHR-G54S)がギガビットに対応していないため、
LANの理論上の転送速度は100Mbpsです。

●USB外付けHDDは、
BUFFALO HD-H250U2(250GB)。
USB2.0のHigh-speed規格対応してるので、
理論値では480Mbps、この中ではもっとも速い数値です。

●FireWire外付けHDDも
BUFFALO HD-HC320IU2(320GB)。
FireWire400規格ですので、理論値は400Mbpsの転送速度です。

このそれぞれのHDDに、
iMacから1.15GBの容量のデータフォルダを送りました。
それを時計で計ってみましたが・・
やはりFWが速かった!
数値上はUSB2.0の方が上なんですけど、
もうダントツでFWでしたね。みるみるデータが吸い込まれていく感じ。
USBの半分以下の時間ですね。
LANは、いずれハブを換えて1000Mbpsで再戦してみたいです。

iMacG3/333(Rev.D)、Mac墓場へようこそ

〈2007.4〉

333MHzPowerPCG3のプロセッサ、
512KBの二次キャッシュ、メモリ最大256MB、6GBのHDD、CD-ROMドライブ、
USB1.1ポート2基、
15インチCRTディスプレイ、6MBのグラフィックメモリ、解像度1024×768・・

今回ウチにやってきたiMacG3です。
去年の夏にはG3/350(SlotLoading)がウチに引き取られてきましたが、
(整備した後、OS9好きの知人にあげた)
スペックの違いは微々たるもの。それどころか、
Sonnetの「G3/600Mhz+FW」カードがささるだけ、このRev.Dの方がマシか?!
とはいえ、そのカードも38000円くらいします。
ならばこのまま・・といっても何に使えるんだろ。
とりあえず10.4入れてみるかな。

PowerPC-G4デュアル再び

〈2006.5.27〉

SONNETの日本サイトからしばらく消え去っていた
G4DualCPUカードが、再度発売されたようです。

2次キャッシュまでの1.8GHzシングル(7447A)を見送り、
この春3次キャッシュまである1.4GHzカード(7455)を買った私には、
もうとぉーーーーーっても気になる存在。
Do-夢のサイトによると、78800円。
ちょっと高いっすねー。
せめて6万円台に乗れば、少しは考えるのですが・・。

CPUは前回見送った1.8GHzシングルと同じ7447A。
PowerBookに積まれていたやつですね。
3次キャッシュはないけれど、今回はDualCPU、
充分魅力的。

そして見た目もこの通り。
ああ・・素敵。

Xserver登場(iTunes付きww)

〈2006.3.1〉

ついに当社にも、
XserverG5・XserverRAIDが来ました~。

いやあ、かっこいいです。
かっこいいんですけど・・
箱の中(笑)。
情報保護のため、ラックというか
カギのかかるケースに入ってるんですよね~。
せっかくかっちょいーのに、見えない。
いや、ラックが安物ですから、見窄らしい。
いやぁ、もったいない。

んで、当然OS-X server10.4で構築していきます。
このserver用OS-X、
server用なのに、ちゃーんとDashboardも入っていれば、
iTunesも入っているんですね~!びっくり。
3TBも容量あったら、
圧縮もせず、そのままの状態でも、かなりの曲数が入りそうです(笑)。

ちなみにこれからシステム作るので(もちろん私は作りませんよ)、
稼動はGW明けですね~。楽しみ♪