eMacにBluetoothキーボード

ウチは、狭い机の上にiMacとeMac、そしてVAIOが載ってます。

VAIOはノートで無線LANなので、使うときだけ
どこかで広げればいい。

でも、日常的に使っているiMacとeMacはそうはいかない。
キーボードを並べると、マウススペースがなくなるんですよね。
んで、省スペースのためeMacのキーボードを、
Apple Wireless Keyboardにしました。

うん。このサイズなら並べておいても
マウススペースがあります。
このキータッチも、馴れたらやめられません!

電池入れる部分とその蓋。
普通にネジ切りゃいいのに、いちいち凝ってる。
さすがApple。

んで、今回のキモ。
Bluetoothなんぞ内蔵してない旧いeMacには、
こいつを使ってつなげます。
D-LinkのBluetoothアダプター「DBT-120」。

けっこう前の製品らしく、すげー安く買えました。
ネットで検索してみましたが、このD-Linkってブランドも、もうないのかな?
ま、キーボードつなげるだけなので、これで充分でしょう。

eMacのOSは10.5.5。
無事に認識してくれました。
通常のBluetooth機器のように、手順に従っていくだけ。
途中で「パスキーをキーボードに入力しろ」旨の指示が出ますが、
Wireless Keyboard上の数字キーで、
そのパスキーの数字を打てばOK。
ただ、打った数字が表示されるわけではありませんので、
間違えないように慎重に。
ま、間違えてもやり直せばいいだけですけどね。

設定終了後、
環境設定を見ると見事に接続。
これであの使いやすく省スペースのワイヤレスアルミキーボードが
eMacで使えちゃいます。

ちなみに、Bluetoothアダプターはハブ経由でつないでます。
問題ないようです。

無線マウス、Bluetoothキーボード、
そしてぽんこつeMac!(笑)
この違和感がタマリマセン(笑)。

eMacでデュアルモニタ(ミラーリング)

この休み一番のお買い物が、
AppleStoreから買ったこの「VGAディスプレイアダプタ」です(笑)。

さっそくeMacで外付けディスプレイ。
G4で使っているSONYの液晶ディスプレイには、
G4を接続しているDVIの他にもうひとつVGAの入力もありますので、
ソレを使います。

特に何かするわけでもなく、あっさり認識。
ただ、グラフィックカードにはけっこうな負担になるようで、
動画はカクカク動きます。
なので、環境設定>ディスプレイのカラーを
1670万色から32000色に下げました。
ちょっと画像は荒くなるけど、このマシンでは画像を扱って
繊細な作業や何かを制作しているわけではないので、
私には特に問題ありません。

eMacのモニタ(17インチ)では適正かつ最大の解像度となるのが1280×960なのに対し、
このSONYのモニタ(19インチ)では1280×1024となるようです。、
この状態では下の方2センチほどが黒い帯となります。

eMac(USB2.0)のHDD交換

改造しすぎで(笑)何かとつまずくG4DigitalAudioと違い、
我が家のeMac1.25GHz(USB2.0)(メモリは2GB)はおりこうさんです。
友人に使わせるとみな、
「これ、速いけど改造してる?」「絶好調だねー」と必ずお褒めの言葉をいただきます。
ならばと、Leopardを入れてみようと企んだのですが、
いかんせんHDDが80GB。
ちょっと心許ないです。そこで、今回HDDをでかいのに換装することにしました。

きっとCRT-iMacと大差ないだろう・・と思い、
テキトーにさくさくっと見えるネジをはずし、バラシ開始。

・・うぉ?ええっ?!HDD、どこ?!(笑)
カバーをはずしただけではほとんど見えません。
よくよく見てみると、実はファンの下側あたりに巧みに組み込まれていました。

すでにHDDが外された状態。
ここまでバラすのに、けっこうネジはずしました。

ばらすときも組むときも、
外側カバーに付いているパワーボタンにつながっているコネクタにさえ気をつければ、
さほど失敗することはないでしょう。
ただ、同じeMacでもクロックが700MHz~1GHzのモデルとは、
どうやら多少構造が違うようです。

250GBのHDDに無事換装。
3つのパーテーションを切り、
ひとつにはTiger、ひとつにはLeopardを入れました。
保険のためにTigerも入れたのですが、
Leopardでも問題なくさくさく動きます。

えろMac、活躍(笑)

〈2007.10〉

ウチのeMac、我が家ではセカンドマシンとして活躍しています。
ネットや他の作業はiMacやG4でやっていて、
このeMacはほとんどネットからのダウンロードやリッピングなどの、
時間のかかる(でも急がない)作業に従事させています。
そんな話を友人にしているうちに、ついたあだ名が
「えろMac」。

ネットのダウンロード用=えろ画像用、という極端な発想で(笑)、
「おまえんちのeMacの「e」は「erotic」だろう!」と、
悲しきかな我が家のeMacは以後「えろMac」と命名されるに至ります。

そんなえろMacが、今週からせっせと働いてます。
当社に専門学校から2名、研修生が来ています。今週~来週と2週間。
この2人は、来春から当社への就職が内定してる学生です。
会社で余剰Mac不足のため、ウチのえろMacを持って行きました。
(1人はPowerBook使わせています)

研修生が来るたび、私が教えてますが、特に今回は疲れます・・。
普通のインターンなら遊び半分で、
デザインの楽しいことだけ体験させれば喜んで帰って行くんですけど、
今回のように来春から部下となる人間だけに、
ある程度の厳しさやしつけなどの「真剣味」も教えつつ、
向こうから内定を取り消されないよう(笑)
仕事の創造や達成感の「楽しさ」も教えていかねばなりません。
かなり気疲れします・・。

あと来週1週間、
純粋な学生の手によって、ウチの不純なえろMacに頑張ってもらわねば~。
ちなみにウチのeMac、
1,25GHz/メモリ2GB/OS10.4.10で、CS2がビシビシ動きます。
まだまだイケますね~。

eMacにメモリ満載

〈2007.8〉

ウチのeMac/1.25GHzに、メモリを1GB×2本、
2GB積んでみました。
OSの起動時間やアプリケーションの起動は短縮されたけど、
通常の作業で速くなった、という印象は
あまりありませんね・・。
eMacなら、メモリ1GBくらいで充分かも。

eMac帰還!!

〈2007.5〉

予想を覆す速さでeMacが戻ってきました。
Appleも福山通運もすばらしい!
昨日の夜8時過ぎに「修理完了・発送しました」メールが来ていて、
今日の昼間3時頃にはもう我が家に着いちゃいました。

木曜日の昼過ぎに引き取りにきて、日曜日の昼間着ですから
たった丸3日ですよー。
(電話したのが月曜日ですから、そこから数えてもちょうど1週間)
これはすばらしい。

さて、ロジックボードですが、見事に交換されていました。
これで心おきなくいじることができます。
といっても、HDDは80GBもあるのでこのままでもいいのかな。
あとは外付けで対応します(今は安いしね)。
ドライブもDVD-Rだから問題なし。
(TOASTの「レコーダー設定」で見ると日立LG製らしい)
とりあえずメモリだけは増やしたいです。
他の部分は使いながら考えてゆきます。

ソフトは夕方からこつこつインストールし、
ほぼ完了。
この記事もeMacからアップしています。

Apple修理サービスへ依頼してから・・

〈2007.5〉

eMacをAppleに修理に出すために電話をしたのが5/7。
5/10に引き取りに来ていただく約束をその時にしたのですが、
その日のウチ(5/7)にまず、受け付けしました旨の内容の
「Apple デリバリーサービスの依頼」というメールが1通。

翌5/8には、アンケートに協力ください旨のURLの貼ってあるメール
「AppleCare サポートセンターの電話対応について」というのが来ました。

5/10昼頃に運送屋さんが引き取りに来て、
5/12昼過ぎには、AppleにeMacが届いた、という旨の
「Apple デリバリーサービスの依頼」メールが。

同じ5/12の夜8時頃、修理完了し発送した旨のメール
「Apple デリバリーサービスの依頼」がまた届きました。
2営業日で届くそうです(ということは火曜日か?)。

素早い対応と、こうしてマメにメールをもらえるおかげで、
まったく「待たされている」感がありませんねー。
Apple、なかなかやります。
ネット上で状況もわかるし、安心していられます。

eMacの旅立ち

〈2007.5〉

昨日、Appleの手配で運送屋さんがeMac引き取りに来ました。
愛想のいい運送屋さんで、ちゃきちゃきとeMacを持参してきた箱に詰め、
(せっかく買ったときの箱残ってたのに、それじゃダメらしい)
ちゃっちゃと持って行きました。

後日Appleから状況を知らせてくれるメールがくるはず。
さて、どんなことになるやら・・。

eMacが修理に出て机の上がぽっかり空いたのですが、
近々新たにiMac G3 DV/500 Snow(2001Summer)が
鎮座する予定です。これはいじりがいあるかも。

やはり要修理のeMac

〈2007.5〉

このeMac、ウチへ来た時点でHDDが
ちゃんと初期化されてそこにPantherがインストールされていました。
起動すると例の「Welcome」な画面が登場するのですが・・そのままフリーズ(笑)。

あらためて私が初期化→Tigerをインストール。
インストールはちゃんとできました。その後の初期設定も。
で、調子に乗ってシステム環境設定でいろいろいじってると、
あれ、ポインタが動かない・・。

再起動して今度はiChat立ち上げてみたら、
今度はカラーホイールがくるくるくる・・いつまで経ってもくるくるくる・・
やっぱり
「eMac のビデオと電源に関するリペアエクステンションプログラム」対象なのかな。
今日はAppleに電話してみます。

トラブル持ちeMac、ようこそ

〈2007.5〉

Mac墓場(ウチ)への新顔
・・といっても今回もまた問題抱えたポンコツなのですが、
初お目見えのeMacです。
eMacG4/1.25GHz(USB2.0)。
CPUはG4だし、クロックはギガ越えしてるし、
メモリは最大2GB(1GB×2)積むこともできるし、
スペックはウチのメインの改造digitalaudioを脅かすほど。
しかも綺麗な箱入りでの登場。

ただし・・前使用者によるとフリーズの連発だそうです。
何をやっていてもすぐにフリーズ。
ちょっと調べてみると、ディスカッションボードにありました
どうやらAppleの「eMac のビデオと電源に関するリペアエクステンションプログラム」に
該当するようです。

まずは電源入れてみていじってみます。
もしまともに使えれば、我が家では強力なセカンドマシンとして
大活躍してくれることでしょうねー。