SONY Xperia XZ3用スマホカバー(ケース)、ingrem(イングレム)のソフトカーボン。

Xperia XZ3に機種変して
使っているうちに、背面が湾曲していてツルツルなので、
どうも卓上での座りが悪く、
また、少しでも斜めなところに置くとすぐ動いたり滑り落ちたり。
あと、丸みあってなめらかで、手持ち時のグリップが不安だったり、
置いてある状態から手にとる時に、取りづらかったり。

かっちょいいから、ある程度はやせ我慢するんですけどw
最低限、手持ちのグリップは良くしないと落としそうで。
てなわけで、
「アンチスマホカバー」な私が、
ガラケー・スマホ通して、初の携帯電話のカバー、買っちゃった!

スマホカバー(ケース)では有名な、
ingrem(イングレム)
RXZ3CP3 カーボンブラック。

ソフト(ラバー)素材、黒系、できるだけ薄くコンパクト、
という条件で選びました。
2000円ちょい。au系のネット販売サイトwowmaで買いました。
てかポイントたっぷりあったので、それで購入(^^)

底面のUSB-Cのところ、
カバーが一部細くなってるんですよね。
月日が経って、ここがたわんできたりしないか懸念。

それ以外はとても満足。
コンパクトに納まっています。
大きくなった感はほぼ感じません。

カーボン風だけど、このカーボン柄がなかなか出来が良い!
これなら元祖素材フェチ(笑)の私も満足。

手にとった感じもしっくり。
表面は撫でるとさらっとしているんだけど、ほんの軽く握ると「くっ」とグリップ。
これはなかなか。
取り上げるときも、手持ち中でも、うっかり滑り落とすことは(たぶん)なさそう。
さすがイングレム、といったところでしょうか。

AirMac Express、第1世代後期が逝く→第2世代に!が、初期化・アップデートで繋がらなくなる・・

ついに壊れましたよ、
ウチのAirMac Express(2008)。
電源が入らなくなりました。
第1世代の、wi-fiが802.11nに対応した後期型でした。
気づけば10年使ったんだなー。

ウチはauのルーターがwi-fi使えるので、
まあAirMac無くても普段使いには困らないんだけど、
AirMacって、設定楽だし使い勝手いいんだよねー。
だから、
修理でウチにやってきたMacどもとか、
突然我が家に登場するApple製品(←意外とあるww)
にぱぱっと対応できるのがなんたって便利。

てなことを、
某会員制実名SNS(笑)でつぶやいてたら、
うん、やはり救世主っているのね。
「もう使ってないAirMacありますが、いります?」
くださーい!!ヽ(^o^)丿

ちゃんと箱入り!

AirMac Express(2012)、第2世代です。
いやー新しくなっちゃった!
購入後2年ほど使って、その後眠っていたとか。
使用感も少なく美品、しかもタダだなんて(*´∀`*)

まずは接続し、
Macの標準アプリ「AirMacユーティリティ」で確認したところ、
前使用者の設定が残っていたので、工場出荷時へリセット

その後、AirMacExpressのファームウエアを最新版にアップデート。

すると、なんということでしょう!
繋がらなくなりました(;´Д`)

操作をしていたのがMac mini、OSがEl Capitan。
そこに入ってるAirMacユーティリティと、
アップデートしたAirMacExpressのバージョンが合わなくなったのでは?
と推測しました。

ならば、最新のOSでならAirMacExpressと繋げられるのでは?
との推測のもと、

我が家にある最新OSのマシン、
そう、iPadの出番です!!

結果、iPadのAirMacユーティリティで、
難なく設定ができました!

ほいで、あらためてMac miniの
AirMacユーティリティ開いてみると、
こちらもちゃんと認識していました!

ああ・・iPad役立った!(^^)

Mac用PCデスク、作った(リノベーション)。新品の半額で!

前に住んでいた借家でも、
PCデスクをリノベーション
していたんですよねー。

今の家でも、やはり従来のPCデスクそのままでは役不足。
一番は奥行きが足りない(前回もこれが一番の理由)、
2つ目に、2つのPCデスクの高さに10mmほどの段差があること、
3つ目に、2つのPCデスクの見た目がバラバラなこと。

新品買おうかとも考えました。
左右幅1700〜1800mmくらいで奥行き700mm程度のもの。
そんなサイズになると選択肢も限られ、気に入ったもの探すのが難しい。

というわけで、やっぱ今回も作っちゃいました。

前回同様、PCデスクに天板かぶせるイメージです。
それだと、強度にも不安でないし。
天板と前足のみあればできちゃうので、材料費も格安。

てなわけで、図面引いてホーマックへ。
カットもやってもらいました。
最初花咲店に行ったのですが、コの字型のカットはできないとのこと。
なんでも市内のホーマックなら、最近できた永山店と、
いちばんでっかい宮前店が、設備も新しく専任の技術スタッフもいるので、
いろんなカットに対応できます、とのことで、
永山へ移動。

パイン材を図面通りカットしてもらい、
(外寸1750mm×700mm)
ドキドキしながらインテグラに載せてみたら・・
案外余裕でした(^^)

Before。
こんな感じで2台のPCデスク使っていましたが・・

After。
こんなんなりました!
いやめっちゃ快適♪
腕を浮かせず、肘の手前まで天板に置いて作業できるのは、ほんと楽。

新品を買う予算が14000円ほどだったんだけど、
パイン材+カット代+脚2本+マットニスで7000円切るくらい。
予算半分で済みましたよー(^^)

Apple iPad(6G)cellularモデル(au)が素敵なバリューでやってきた。

 

先日auにて、スマホの機種変でXperia XZ3にしてきた日記
書いた時に、写真にちらっと写っていたiPad。

なんのことはない、買った(契約した)のですよ。ええ。

よくスマホの契約で、
「◯◯と◯◯と◯◯を同時契約していただけると、月々◯◯◯◯円が割引になります。
ですので差し引き◯◯◯◯円お得な計算になりますよ!」
ってのがあって、今までもそゆことをしてきました。

今回あらためていろいろauのおにーさん(初のおにーさんだった!チッww)
スマホとタブレット同時契約でもなにやらいろいろと割引があり、
さらに今回は自分のと細君のスマホ2台同時機種変ってのもあってかけっこう割引も大きく、
いろいろ計算してみたら
今までの「アプリなどの同時契約」利用でやっていた最終的な月々の支払い金額と
「スマホ2台+タブレット同時契約」をやった場合の最終的な月々の支払い金額とが
月々1000円程度しか変わりない。
ならばたいした使わないアプリとかの契約より、
手元に残るタブレット同時契約の方がいいんじゃね?ってことで、
iPadが手元にやってきたのですよ。

実際、iPad購入したことによって追加される代金-割引=最終的なiPadの支払い額
よりも、
Xperia2台の機種変によって増額した機種代金の方が、割り合いがでかい(^_^;
そりゃね、高いもんXperia XZ3。1台9万円ちょっとだもの。
(機種変やめてMacBook Air買おうかと一瞬ガチで思った)

iPad(6G)Wi-Fi + cellularモデル(au)のゴールド、32GB。
Retina Display9.7インチ。
A10 Fusion + M10コプロセッサ。
てな感じのスペックです。

ウチの初代iPad miniがもう限界だったので、タイミング的には良かったかな。

iPad miniは気軽に片手に持っていろいろ観たりできたけど、
iPodは片手で保持しながら眺めてるのは辛いわ。
ちょっと使い方も変えて、いろいろ試して行こうかと思ってます。

SONY Xperia XZ3(au SOV39)に機種変したら、Chromecast他いっぱいもらった!そして歌マクロスはさらに快適に!

愛用のスマホ、Xperia Z5、
3年ちょっとくらい使っていましたが
そう大きな不満はありませんでした。

でもね、機種変しちゃいました。
いやー今回もiPhoneと最後まで迷いましたが、
結局順当に落ち着きました。
最新型のXperia XZ3(au SOV39)です。

実はたったひとつだけ不満があって。
まあ、ヲタな理由なのですが、スマホゲームの
「歌マクロス スマホdeカルチャー」の3DCGを
「ユニット」でダンスさせると(←やってる方にしか解らないww)
時々コマ落ちみたいになるんですよ・・。
しかもノリノリで「フルコン」いけそういだ!って時に限って、
ノーツが一瞬止まったり(TдT)

ともあれ、お正月休みにちょっと時間があったので、
あまり考えもなしにぶらりといつものauショップへ行ったんだけど、
気づいたら機種変しちゃってまして(^_^;

で、お正月のセールなのかなんなのか、
相方の分と2台同時に機種変したら、
「16000円分、プレゼントします!好きなの持っていって!」
わお(^^)

とはいえ、auショップにはそれほど欲しいものもなく(笑)
ひとまず無難な実用品をもらってきました。

写真上の方にちらっと見えるiPad、こちらについては後日書きます。むふふ・・。

Chromecast、興味本位で一応もらってきたけど、
ウチで使うかなぁ?
こんなのなくてもテレビでネット観られるんだけどなぁ。

で、本題のXperia XZ3。
今まで使っていたZ5と比較すると

横幅は同じくらい。
縦が長いです。

充電はMicroUSBから、
今回USB-Cになっています。

SIMカードの位置も変わっています。
あと、ヘッドフォン端子がないので、
USB-Cをミニプラグに変換させるケーブルが付属しています。

全体的に丸みを帯びていて、
角ばっていたZ5と比べると、持ちづらいのが難点。
スマホケースなんぞ使わない派の私ですが、今回はさすがにネットショップでオーダーしました。

使ってみてですが、もうさっくさく!さすが。
歌マクロスの不満も解消。
アプリの切り替えや読み込みも速い。

一部ネットでバッテリー持ちが良くない話もありましたが(Android9が原因らしい)、
Android9が更新されたのか、Z5よりも2割位バッテリー持ちがいいですね。

いろいろ使い勝手でまだ不便ですが、
まあ慣れればそれも大丈夫かなーと。
おおむね満足です(^^)

iiyamaモニタXUB2493HSと、マカーのヲタ部屋。MacminiとMacProで4モニタ

今年、例年にないくらい、初売り行きましたねー。
1/1、1/2は旭川市内、1/3は北広島と札幌へ。
でもそんな中で私が一番楽しかったのは、
やはりパソコン工房旭川店(´∀`*)

家電量販店の初売りって、ウチ的には欲しいものなーんにもないんだも。

ホントは札幌でDOMUも寄りたかったんだけど、ちょっと時間合わなかった(ノД`)

パソコン工房の初売り、
外付けHDDとかめちゃめちゃ安かったなぁー。
マウスとかも安くていいのあったなー。

でも、目的はコレ。
モニタです。ようやく買えました!
夏くらいから考えてたんだけど、
このパソコン工房の初売りまで待ってみる!とココロに決めていました。
そしてズバリ!私の欲しいモデルが初売りに!
私的には大吉レベルです(´∀`*)

iiyamaモニタXUB2493HS。1万円台半ばでした。
少し前の型ですが、現在販売しているものと機能的なスペックは一緒。
細かい部分がちょっと違うだけで。

その細かい違い、
今ウチで使っているiiyamaモニタXUB2390HS。
各種ボタンがベゼル下にありますが、

今回買ったXUB2493HSは
モニタ裏にあるんですよねー使いづらい!
でも、一度設定したらいじることないし、
電源ON/OFFはもともとタップで集中管理してるので、問題なしです。

24インチ程度、国産ブランド、IPS、フルHD、パネル高さ調節、
というのが私の条件なのですが、
これにピタッとハマる一番安いモデルが、iiyamaなんすよねー。

ほいで設置。

見事なヲタク感!
我ながら苦笑(^_^;

いやでも、見た目ヲタっぽいけど、実用的に並べると
こうなるんすよ!ホント。

これでMacminiもMacProもともに、
メインがiiyama24インチワイド、サブがSONY19インチ(4:3)となりました。

ちなみにレイアウト変更にともない、
Macminiは上の棚へ、

MacProは机の下へ。
Mac G4はあぶれて外へ(^_^;

サンワサプライのスマホ用ジンバル(3軸スタビライザー)200-DGCAM013、なぜか激安で購入!

ずーっと欲しいなぁーと思っていたんすよね、ジンバル。
そこそこのを買おうと思ったら、
しばらくは3万円台半ばで推移してたけど、
昨年半ばあたりから、イイモノでも
2万円台前半で買えるようになってきたので、
そろそろ買い時かなーとネットでいろいろ見ていた年末、

コレが目に留まり、勢い余ってポチッと。
なんで年末年始ってこんなにも物欲が湧くのでしょう。
しかも気分がアッパーなので即ポチ。我ながら怖ろしい(^_^;

サンワサプライのネット販売部門、
サンワダイレクトのYahoo!ショップ店から買いました。
定価21800円で売っているらしいのですが、
私見た時には8980円(゚ロ゚屮)屮

写真で見る限りの仕上がりや、スペック的には、
もとの価格が妥当と思われ、
それがこんな値段で!ということで
急いでネットで下調べをして熟考、30分で結論出して購入。

12/26に注文して、年末には届きました。
届いてから改めてYahoo!ショップ見たら、
もう掲載終了していました。
サンワダイレクトの本サイトでは17800円で掲載されていますが、
完売となっています。

新型にでも切り替わるから、処分価格だったのかな?

型番は200-DGCAM013、
サンワサプライで作ってはいないのだろうとは思っています。
どこかで作ってるモノを売ってるのでしょうけど、
そこは取り扱いが大手のサンワサプライという安心感がありますね。

実物も、それほど安っぽくは無く、
そりゃDJIの方が見た目にもカッチョイイけど、
コレもそれほど悪くはありません。
少なくとも8980円には見えない(笑)。

今年中には使いこなせるようになっていたいと思いますねー。
そのうちYouTubeに動画もアップしてみます。

Apple iPad mini(1G)から、京セラ(au)防水タブレットQua tab QZ10へ。歌マクロスはやりづらい(笑)

いや正確には「買い換え」ではなく「買い増し」になるんだけど、

新しいタブレットがやってきました。
京セラのQua tab QZ10(ボルドー)。
auで売っているモデルですね。

ロム無しモデルをauじゃないお店で買いました。
まあ、auから購入する半額くらいだったかな。
家の中でwifi使用がほぼ95%、
まれに外出先で使う場合は、スマホにテザリングでつなぐ、ってことでOKなので、
携帯回線は不要でした。

実は一番の使い方は、ネットの動画鑑賞。
(Gao、Abema、YouTube、Dlifeなどなど)
ウチのテレビでも見れるんだけど、あちこちの部屋で作業しながら、とか、
お風呂に入りながら(←コレ重要)ってことがしたかったので。

iPad miniを今まで使っていて、
お風呂だけはスマホ(Xperia Z5
だったんだけどね、やっぱ大画面で見たくて、
そーなると候補は少なくて
●防水タブレット(Qua tab QZ10)
●防水テレビ(Panasonic プライベートビエラ)
くらいでね、
このQua tab QZ10と型落ちのプライベートビエラUN-10E7あたりなら、
売価もモニタサイズも同じくらいだったんだけど、
やっぱタブレットの方が俄然バッテリーの持ちがいい(ビエラの3倍以上!)ってことで
こっちにしました。

比較。
ウチのiPad mini Wi-Fiは第1世代、発売後すぐに買ったので2012年モデル。
CPUはA5、16GB、ディスプレイ7.9インチ、iOSは現在9。
Qua tab QZ10は2018年3月に発売のモデル、
CPUはMSM8953/2GHz×8コア、32GB(SDカードで増設可)、ディスプレイ10.1インチ、Android7.1。

画像/映像はQua tabの方が圧倒的に綺麗ですね。
でも、音はiPad miniの方が良かったなぁ。

ちなみに今スマホでハマッてるゲーム、
「歌マクロス」やってみましたが、
まあ、次のノーツが出現するのが解りやすいってのはいいんだけど、
タップが離れているのでやりづらい(^_^;

Mac mini(Mid2010)、起動ディスクをSSDに換装!

ウチのMac miniもかれこれ2年半、
まわりが速くなると、相対的に遅く感じてきます
・・てか、遅いっす(笑)

Core2Duo 2.4GHz、8GBメモリ、VRAM256MB。
OSは10.8-MountainLion。(デュアルモニタ使用)
一番のネックはVRAMなんですけどね~どうしようもない。
まーそのうちIVYBridgeのMac買うまで、
少しでも快適に使いたい。

てなわけで買っちゃいました、SSD。
起動ディスクの2.5インチ320GB・5400rpmの内蔵HDDを
SSDに換装すれば、少しは快適になるだろう、と。

職場でMacBookAir使ってますが、それがSSDで、
Core2Duoながら非常にさくさく動くんですよね~。
で、いつかはウチのMac miniもSSDに・・と
虎視眈々と価格動向見ていましたが、
ここのところ128GBのSSDが1万円をがんがん切ってるようなので、
イッちゃいました。

いつものDO-MUか、VintageComputerかで迷いましたが、
VintageComputerでは作動確認が明記されていたので、
SSD初換装、てかMac mini初改造でリスクの大きい今回は
安全策をとってVintageComputerで。
こちらの商品にしました。
SOLIDATA X8 2.5インチ SATA 3.0 SSD 120GB。
本体7980円、海外からの発送なので送料加えると10099円になります。

さっそく裏蓋をあけ、取りかかります。
ほこりがついていたので、ついでに大掃除。
でも、2年半にしては意外と汚れていませんでした。

最初に、すべてのビス(ねじ)は6角星形のトルクスドライバーが必要です。
かなり細いものもあります。

まずビス4本でAirMacのアンテナを外します。これは簡単。

さらにビス4本で、冷却ファンとその横のカバーを外します。

ここで、ホントはアルミの筐体から、
ロジックボードを引き出してHDDを外す・・ハズなのですが、
ロジックボードがぜんぜん出てこない!
なにかコツがあるのでしょうか・・
でも、ちょいと力業で、くいっくいっと
少しずつ少しずつHDDを引き出してみたら、外れてきました。
HDD自体はねじでは固定されていません。

両面テープで貼られている防護フィルムを丁寧にはがし、
SATAのコネクタを外し、
両面テープでついてる(たぶん)温度センサー2コを外し、
HDDを取り出しました。

HDDは我が国が誇る東芝製♪

逆の手順でSSDを装着。
高温にはならなそうだけど、一応温度センサーも、HDDの時と同じ位置に
ペタペタっと。

ナニが大変かって、このAirMacのアンテナが、なかなかきっちり入らない!
こんなとこで躓くとは・・。
くいくいっとはめながら、最後は力業で「がちっ」といいながら
はまりましたが。

システムはTime Machineでバックアップしてあるので、
結線してとりあえず起動。
するとインターネット経由でOSXユーティリティってのが表示されます。
今はこんな時代なんですねー。

SSDをまずフォーマットし、
Time Machineからインストール。

軽く感動~。
私の使い方だと、起動ディスクは120GBもあれば充分。
まだまだ45GBも空きがあるので、仮想メモリで使われても余裕でしょう。

HDDからの起動は、
起動ボタン押し~4台すべての外付けHDDマウントまでの時間で、
約210秒(2分50秒)でしたが、
SSDに換装してからの起動だと、なーんと
約37秒!
すばらしい!!
アプリケーションの起動や切り替えも速く、
なかなか快適です。

懸念されるのは
耐久性(寿命)。いわゆるSSD=メモリの書き換え限度ですが、
こればっかりは使ってみないとねー。
ま、Time Machineもあるので、最悪の事態は回避できるでしょう。