LeopardでTigerを画面共有。

(08.11.29)

G4/Tigerでサーバをあれこれ構築中ですが、操作がうざい。
やることはいいんですけど、作業時には普段はしまってあるG4のキーボード・マウスを引っ張り出してG4起動して、G4のモニター見ながら作業、
そしてiMacでルーターを試行錯誤でいじりながら、時折接続をVAIO(別のネット回線)で確認・・
ややこしや〜、です。

少しでも操作をシンプルに、と考えてるとき、そういえばTigerもLeopardで画面共有できるって記事を、何かで見たことをふと思い出しました。

img_73467_57521995_0

まずはG4のOS、Tiger(ウチは10.4.3です)の設定。
「Apple Remote Desktop」にチェックを入れて、アクセス権をクリック。

img_73467_57521995_1

ユーザ名にチェックを入れて、
あとはわかんないので(笑)、試行錯誤の上、
写真のような部分をチェック入れました。

img_73467_57521995_2

んで、今度は操作する側のiMacのLeopard。
私は「画面共有」をDockに入れているので、それを起動。

img_73467_57521995_3

G4のIPアドレスを入れます。

img_73467_57521995_4

G4のユーザ名を入れます。
パスワードも設定している場合は、入力します。

img_73467_57521995_5

つながった〜♪
かなりカクカクな動きですが、バリバリ操作するわけじゃないので、充分使えます。
これで普段はG4用にキーボードもマウスも、モニターさえもいらず、机の上スッキリ、操作も手軽です。
ネットワークも回復したし、サーバ計画再開だ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です