メモリテスト→奪取( ̄∇ ̄)

(05.6.9)

知人のDOSマシンが調子悪いとのことで、Winは専門外ですが、とりあえず
あちこちいじりながら、しばらく様子を見てみました。

どうやらメモリらしいことが判明。4本刺さっているウチの2本抜くと、トラブルフリー。まあ、新しいメモリ購入となりました。

img_73467_4560071_02005-06-11

で、そのメモリ、試しに私の(仕事場の)G4/867dualに取り付け、マックメムさんのメモリテスターで、試練の100回テスト。(OS9用しかないので、9.2.2でブート)
ドキドキしながら見守ること10分ほど。あれ?なんともなーい。

てことは、いわゆる相性のせいなのか、メモリスロットが壊れてるのか…(←あまり考えられないけど)。
本人に話したところ、「どっちにしろ、アタシのマシンじゃだめなんでしょ?買うからいいよ」というわけで、今日から仕事場の私のMDDのメモリは、めでたく2GBになりましたぁ〜。(今まで1GBだったんす)

んで、このG4/867dual、メモリの規格がPC2100なんですが、ゲットしたメモリはPC2600。下位互換性が高いと言われてる通り、ご覧の通り、ちゃんと認識してくれてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です