iMacG5の電源ユニット外付け。

img_73467_59277408_0

(09.5.5)

画面にノイズが走る・起動が安定しない、という理由で
廃棄される寸前だったiMacG5、
以前の記事でコンデンサが1コ膨らんでるのが発覚。
この修理は後に回し、そもそもの原因らしい筐体内の熱を少しでも抑えるために、
とりあえず電源を外付けにしてみました。

電源ユニットはどうやら無事らしいので、
延長ケーブル作って、内蔵されている純正電源ユニットを
筐体の外に出しちゃいます。

上の黒いのがiMacG5の22ピン電源コネクタ、
下の白いのがATX電源の24ピン延長ケーブルのコネクタ。
なーんと、左の2ピンが多いだけで、あとは形状がまったく一緒。

img_73467_59277408_1

ただこのATX電源ケーブル、↓の部分(20番)にピン・ケーブルがありません。

img_73467_59277408_2

そこで、不要となる2つのピン(12番と24番)を引っこ抜いて、それを20番に差し込み再生利用。エコです(笑)。

img_73467_59277408_3

2つのピン抜いた後は、左の2ピン分のコネクタをニッパーで大ざっぱに切り、
カッターで仕上げます。プラスチックだから簡単。
これで22ピンになりました。

img_73467_59277408_4

今回は30cmのATX電源ケーブル使いました。
マザーボードの電源コネクタに差し込み、
元の電源ケーブルの穴から外へ引き出します。
順調♪

img_73467_59277408_5

出来上がり。簡単です。
MDDの時の苦労を思えば、もう楽々~。

img_73467_59277408_6

img_73467_59277408_7

起動してみましたが、相変わらずこんな感じ。
コンデンサ交換しなきゃならんなぁ・・。
グラフィックカードもダメなのかなぁ・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です