eMacにBluetoothキーボード。

img_73467_56915869_0

(08.10.14)

ウチは、狭い机の上にiMacとeMac、そしてVAIOが載ってます。

VAIOはノートで無線LANなので、使うときだけ
どこかで広げればいい。

でも、日常的に使っているiMacとeMacはそうはいかない。
キーボードを並べると、マウススペースがなくなるんですよね。
んで、省スペースのためeMacのキーボードを、
Apple Wireless Keyboardにしました。

うん。このサイズなら並べておいても
マウススペースがあります。
このキータッチも、馴れたらやめられません!

電池入れる部分の蓋、
普通にネジ切りゃいいのに、いちいち凝ってる。
さすがApple。

img_73467_56915869_2

んで、今回のキモ。
Bluetoothなんぞ内蔵してない旧いeMacには、
こいつを使ってつなげます。
D-LinkのBluetoothアダプター「DBT-120」。
けっこう前の製品らしく、すげー安く買えました。
ネットで検索してみましたが、このD-Linkってブランドも、もうないのかな?
ま、キーボードつなげるだけなので、これで充分でしょう。

img_73467_56915869_4

img_73467_56915869_5

eMacのOSは10.5.5。
無事に認識してくれました。
通常のBluetooth機器のように、手順に従っていくだけ。
途中で「パスキーをキーボードに入力しろ」旨の指示が出ますが、Wireless Keyboard上の数字キーで、そのパスキーの数字を打てばOK。
ただ、打った数字が表示されるわけではありませんので、間違えないように慎重に。
ま、間違えてもやり直せばいいだけですけどね。

設定終了後、環境設定を見ると見事に接続。
これであの使いやすく省スペースのワイヤレスアルミキーボードがeMacで使えちゃいます。

img_73467_56915869_6

ちなみに、Bluetoothアダプターはハブ経由でつないでます。
問題ないようです。

無線マウス、Bluetoothキーボード、
そしてぽんこつeMac!(笑)
この違和感がタマリマセン(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です