G4 MDD分解→電源ユニットのヒューズ交換-2

(09.4.20・21)

img_73467_59147545_7

筐体内は気持ちいいほどからっぽに。
電源ユニット外付けにしたら、
いろんなもんが収められそう。
(って、ナニ入れるんだ?!)

img_73467_59147545_8

電源ユニットはSAMSUNG製。
iMacG5みたいに、コンデンサ膨らんでたりするのかなぁ?と思って、恐らくもう捨てるだけであろう電源ユニットをばらしてみました。

あれこれ見てみましたが、コンデンサの膨らみは見つからず。(ちなみに、昨日ばらしたiMacG5初期型と同じ頭頂部が×マークのコンデンサでした)で、写真の↓部分、黄色いカバーの下を覗いてみると・・

img_73467_59147545_9

お。管ヒューズが使われてる。へ〜こんな作りになってるんですねー。
これってもしかしてもしかしたら・・そのヒューズをはずしてみました。

img_73467_59147545_10

見ての通り、ヒューズのガラス管内は焦げて真っ黒。よーく見ると、切れています。
250V-8Aのヒューズ。
もしかして・・これ替えるだけで動くのかな?!
で、今後またオーバーヒートしないように、この純正電源をそのまま外付けにしてしまえば、また使えるのでは・・。うむむ・・

img_73467_59158345_0

さて、昨日の続き。
Power Mac G4/867(MDD)電源ユニットの復活作戦その1。
さっそく買ってきました、ヒューズ。

ホーマックで250V-8Aが2本で118円。
むむ・・これでうまくいけばぼろ儲け・・( ̄∇ ̄)

img_73467_59158345_2

電源ユニットにヒューズ装着して組み直し、
Mac本体にてきとーに取り回して、一通り配線。
電源ユニットは直ったとしても熱対策のため内蔵するつもりはないので、
とりあえず上にのっけときます。

キーボードを接続、電源ケーブルも接続、
祈って祈って、パワーボタンをON!

img_73467_59158345_3

「ばしゅっ」青い閃光・・
当然起動せず・・。はぁ〜・・。
また電源をバラしヒューズを確認。
あ〜だめだこりゃ。
やはり電源ユニット交換です。
週末にしこしこやります(-_-メ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です