iTunesのミュージックビデオからお手軽に音楽だけ抜き出す。

iTunesストアで、ミュージックビデオが欲しいけど、
iPodで聴けるように音楽だけも欲しい・・。
MVが400円、曲が250円、両方買ったら650円だもねー。
なんとなーくもったいないような無駄なような・・。

てな時に使う小技。意外と知られていないようで、
ちょっと記載します。
ミュージックビデオのデータがあれば、
音楽だけのデータもお手軽に作れます。
使うアプリはMac標準のiTunesとQuickTimePlayerだけ。
あ、Toast持ってる方はそちら使ったらよりいいかも。

ちなみに今回の私の環境は
Macmini Late2014+OS10.10.5Yosemite、
iTunesはバージョン12.5.5.5、QuickTimePlayerは10.4、
Toastは旧〜いToast9Titaniumです。

ひとまずMVだけ購入。

iTunes内にダウンロードできたら、右クリックでサブメニュー開き、
「Finderで表示」を選択。

表示された動画データ。
再生時間が3分21秒、サイズは45.2MBですね。
このファイルをこのままQuickTimePlayerで開きます。

起動したQuickTimePlayerのメニューバーから
ファイル>書き出す>オーディオのみ
を選択します。

はい出来上がり(^。^)
映像がない分、サイズが45.2MB→6.2MBにもなっちゃいます。
で、これだけではちょっと不具合があるので、それは後述します。

先に、Toastでの方法を。
もしToastがあるのなら、そっちのほうがクオリティ良く抜き出せます。

Toastを起動して、
変換>オーディオファイル
に動画データをドラッグ&ドロップ。

右下の赤いボタンを押すと、保存先を選択する画面が開きます。
この時に、フォーマットも選べるので、お好みのフォーマットで。
私はACCを選択しました。

フォーマット横のオプションを押すと、
ビットレートも選べます。
256kbpsにしました。
これでOKをクリックすれば、あっという間に音楽データとして
書き出してくれます(^。^)

さて、後述すると言っていたもうひと作業。

MVって、曲が始まる前にオープニングがあったり、
曲が終わってからエンドロール入ったりしますよね。
MVから音楽データ書き出しても、その部分の音が入ってたり、
あるいは無音で続いたり、要するにMVと同じ尺で書き出されるんですよね。

なのでその不要な部分を削除(正確には再生しないように)します。
iTunesのカウンタ見ながら一度再生して、何分何秒まで必要なのかをチェック。
確認したら右クリックでサブメニューを出し、「情報を見る」を選択します。

「オプション」を開きます。
これ、3分21秒のMVだったのですが、曲終了後エンドロールが入っています。
曲自体は3分07秒で終わるので、
「停止」にチェックを付けて「3:07」と打ち込みます。
これでこのデータは、iTunesやiPod・iPhoneで聞くときには、
3分07秒で終了するようになります。

これでMVだけ手に入れば、音楽データにも使えますね(^。^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です