Apple純正アルミキーボードの大掃除

(2015.1.8)

ちょっと年末の話になってしまいますが、
やっちゃいましたよ。
キーボードにコーラぶちかまし。
Mac使って15年、初めてだなぁ。

USBのプラグ抜いて、すぐに逆さまにして乾かしました。
結果、故障も無く動いてますが、
いくつかのキータッチが渋くなっちゃって。

お茶やコーヒーならともかく、
コーラだからなぁ。
こう、キーがねぱねぱくっつく感じ。

img_0_m

で、家の大掃除の前に、
アップルキーボードを分解掃除。

該当するキートップを、カッターの先でこじってはずします。
外された下の写真、パンタグラフの部分が黒くなって
コーラの糖分がこびりついてるのがわかります。
そりゃねっぱるよね~。

img_1_m

綿棒に水分ちょいとつけて
しこしこ拭きます。

img_2_m

キーによっては、
キートップの固定されてる部分の位置が違います。右側だったり下側だったり。
こじってると手応えでだんだんわかってきます。

パンタグラフが2コ付いてるキーもあります。

img_3_m

完璧、とはいかないけど、
もとの80%くらいまではキータッチが回復した感じになりました。
4800円浮いた~\(^_^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です