Mac OS Lion/MountainLion/MavericksのインストールUSB作り。もちろん起動ディスクにも

(2014.1.12)

この年末年始で、
知り合いのと職場のと、合わせて4台のOSインストールをしました。
なぜかすべてMacmini(笑)
3台にMavericks、
1台にLionを入れました。

その都度、ダウンロードしてインストールしていたから
効率が悪い悪い。
こういった時のためにも、
改めてインストールUSB作りました。
その覚え書きです。

img_7

MountainLionのインストールUSBは以前にも作っていて、
LionとMountainLionはその作り方は同じ。
この2つはさくさくっと作っちゃいました。
こちらです>MacOS10.8MountainLionのインストール(起動)ディスクをUSBフラッシュメモリで。

img_8

MavericksはどうやらインストールUSBの作り方が違うらしいです。
ネットでいろいろ調べて、あれこれ参考にしました。

Lion/MountainLionのように「ディスクユーティリティ」ではなく、
「ターミナル」を使います。苦手なんだよなぁコレ・・。
アプリケーション>ユーティリティ>ターミナル
にあります。
なにはともあれ起動。

で、ここに命令を打ち込むのですが、
どんな意味かは知る由もなく(笑)。
コピペですー。

$ sudo sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia –applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app –volume /Volumes/Untitled

最後の「Untitled」は、
Mac miniのUSBポートに差し込んでデスクトップ上に現れた
USBメモリの名前にします。

img_9

すると、「パスワード入れろや!」って言われますので、
ユーザー(管理者)のパスワード入れます。
あ、入れてもパスワードは表示されませんから~。

img_10

「準備できたから、yキー押して、リターンキー押せや!」
と言われましたので、
「y」キー、そして「return」キーと押します。

img_11

あわわわ・・
なにやら始まりました。

この画面のまま待つことしばし・・
(40分くらいだったかな)

img_12

おおっ。
「complete」って表示が出てきたってことは出来たっちゅーことらしい!

img_13

うんうん。完成。
ちゃんとUSBメモリからの起動も出来ました~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です