EPSONプリンターEP-774A

(2012.2.28)

ウチのプリンター、EPSON PM-4000PX。
もうね、買ってから13年くらいになるのかなぁ・・。
A3ノビ対応でいろいろと重宝していますが、
いろいろと不便な部分も出てきました。

特に、最近よく使うCD/DVDラベルのプリント。
アダプターをセットしたら、
レバーを下げてローラーを広げ、
トレイにディスクを載せ、
トレイを指定位置まで押し込み、
レバーを上げてローラーを指定位置まで締める。
で、プリント開始。
プリントが終わっても同様の操作を逆に。

しかもプリントにけっこう時間がかかるんですよね・・。

あと、プラスチック製のガイドローラーがいくつか付いていますが
2コ割れて、1コ回らず。まあ、無くても紙のプリントは問題ないですが、
ディスクのプリントでは正確に排出されないことがままあります。

img_0

で、どうしてもディスクラベルをプリントしなきゃならないコトになって、
急遽購入。EPSONのEP-774Aです。
紙のプリントはPM-4000PXでもまだ可能なので、
コイツはディスクラベルプリントをメインで考えて購入。

img_1

複合機の必要は無かったのですが、
ディスクラベルプリントの機能で選ぶと、
単機能機には求める機能がありませんでした。
でもまあ、スキャナも10年経つし、
これをきっかけに旧いスキャナも永眠。

img_2

見た目、すげーかっくい~~。
機能もデザインもすごい進化していますね-。

img_3

ディスクラベルのプリント、すっごい楽ちん。
トレイは一体式なのでセットする手間もナシ。
スイッチにタッチでトレイが出てきて、そこにディスク載せて、
またスイッチにタッチするだけ。
そしたらトレイが引き込まれてプリントされて排出。
しかも速い!4000PXの半分くらいの時間です。

紙のプリントも、
今まではペーパーを上に挿していましたが、
コイツは前面に引き出し式トレイがあって、
ペーパーをセットしておけるんですね~。
10年間の進化って素晴らしい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です