Mac版PhotoshopCS5の「コンタクトシートII」ダウンロードはどこから・・?

(2011.3.17)

今まではAdobe CS3をメインで使っていましたが、
ようやく私も最近、CS5をインストールし使い始めました。
けっこうあちこち変わっているので、ちょっとしたことで戸惑っていますが、
PhotoshopCS5で困ったのが「コンタクトシートII」。
PhotoshopCS3では、ファイル>自動処理の中にあったのですが、
PhotoshopCS5では、自動処理の項目の中に、ない。

img_0

とりあえず「ヘルプ」の検索窓に「コンタクトシート」と入れるとヒットしたので
読んでみます。
まず、
「Adobe Bridge の Adobe Output Module を使用すると、より効果的なコンタクトシートを作成できます。」という前文。ふんふん、なるほど。まあそれは後でやってみるとして、CS5のコンタクトシートはというと、
「以前のコンタクトシートプラグインを使用する場合は、Windows または Mac OS 用のプラグインをダウンロードしてください。」
ということで、文章内の「Mac OS」という部分にリンクが貼られていたのでのぞいてみます。

img_1

「は、ハァ~イ・・」「ぱ、パードゥン???」
まるで市内で外国人に話しかけられた状態のヤな汗が出ました・・。
私のような小心者をビビらせるのなら、もうこれで充分効果的。

日本語で、日本人が解説してくれていないんかな?と
このCS5のプラグインの件をどなたかのブログでも探そうと、ググってみたところ・・

img_2

「Adobe Photoshop CS5 プラグイン」で検索したら、
なんだよ!!日本語版、Adobeのサイトであるじゃん!!
こちら↓
http://www.adobe.com/support/downloads/detail.jsp?ftpID=4743

img_3

無事ダウンロードです。

img_4

注意しなければならないのは、CS5のコンタクトシートIIを使う場合は、
PhotoshopCS5を32ビット起動しなきゃならないんですね。
デフォルトでは64ビットで起動するので、
PhotoshopCS5のアプリケーションを「情報を見る」で開いて、
「32ビットモードで開く」にチェックを入れてから、起動させなければなりません。
面倒だなぁ・・。

img_5

ちなみに、PhotoshopCS3の「情報を見る」では
「Rosettaを使って開く」があったのですが、
CS5では切り捨てられたようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です