MacBookPro+BootCamp+Windows7+Google日本語入力で英数かなを使う。

(2011.3.5)

以前の記事でも書きましたが、今回購入したMacBookProは、
主にBootCampでWindows7を使う、という環境になります。

必要なアプリケーションをインストールし、無事に作動していますが、
ひとつだけ問題。キーボードです。

img_0

入力にはフリーウエアの「Google日本語入力」を入れました。
これのキー設定を「ことえり」にして使っていますが、
やはり使い慣れた、スペースバーの左右にある「英数」「かな」キーを利用したいもの。
そこで、あれこれ調べてカスタマイズしました。

ちなみに、Google日本語入力のバージョンは
「GoogleJapaneseInput-1.0.556.0」、
OSはWindows7Professional64bitです。

img_1

Google日本語入力の「プロパティ」を起動。

img_2

キー設定の選択を「カスタム」にして、編集をクリック。

img_3

開いたキー設定のリストの左下の「編集」をクリックして
定義済みのキーマップからインポート>ことえり
を選択。
そしてOKをクリック。

img_4

ことえりが読み込まれた状態になります。
ここの下の方までスクロールさせて、
「直接入力」
「入力文字なし」
「変換前入力中」
「変換中」
この4つのキーの割り当てをカスタマイズします。
どうやるかというと、

img_5

「入力キー」欄のところが「Hankaku/Zenkaku」となっていますが、
ここを2回クリックしてキーバインディング設定を開き、
割り当てたいキーを押します。
今回は、「直接入力」のキーバインディング設定では「かな」キーを押します。
で、OKをクリック。

img_6

「入力文字なし」「変換前入力中」「変換中」の3項目の
キーバインディング設定では、
「英数」キーを押します。

これで設定完了。
英数キーとかなキーで、Macのように変換の切り替えができます。

※注意!!
上記のキーバインディング設定では、設定後必ずマウスポインタでOKをクリックしてください。
ここで「Enter」や「return」キーを押すと、割り当てが
そのキーになっちゃいます(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です