keynote09、やっぱApple製!

(2010.11.10)

今さらiWork09を職場のMacProにインストールしました。
目的はkeynote。

プレゼンテーションにはMicrosoftのPowerPoint使っていましたが
企業でも使ってるし、見慣れてるだろうから
ぼちぼちPowerPointでのプレゼンも飽きられそうで・・
(てか、作ってる私自身が飽きた(笑))

img_0

ダウンロード版(フリートライアル版)ですので、
シリアルを入力してインストールです。
製品版はシリアルが存在しないらしいですね。

img_1

やっぱいいですわ!!
Apple製のせいか、Mac上ではPowerPointよりも
さっくさく動きます。作成時もさっくさく。

エフェクトもiMovieで見覚えのある
かっこいいやつがいっぱい。
これならプレゼンでクライアントをうならせられます。
Appleって、「魅せるソフト」作らせると上手ですね。
この辺りはやはりMSよりは手慣れている感があります。

ただひとつだけ・・
ユーザーインターフェースが、iLife系と同じで、
私的にはすぐ馴染めたのですが、
それはいいとして、
この、iLife系全般と同じ欠点もあって。
パレットのサイズがバラバラなんですよね~。
Adobeあたりだときっちりスマートに並べられるんですけどね。
なんかこう、使ってて「奥歯に物が挟まった」感があります・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です