「MirrorAgent」がG4トラブルの一翼か?

img_73467_50979147_1

(07.9.18)

さて、この不調G4、ここ1〜2か月、「終了」を選択するとこんな窓が出ます。

「アプリケーション“MirrorAgent”の終了に失敗したため・・」

これが出たあとで、あらためてもう一度終了を選択すると、なぜかちゃんと終了するんですよね。

このMirrorAgentなるもの、何かと思い調べてみると.Macと同期させるためのアプリケーションらしいです。
それが終了しないというのですが・・。
私は.Macは「手動で同期」にしているんですよね。だからG4を起動してから同期させていないときはMirrorAgentは起動していないはず。「アクティビティモニタ」で確認してみると、なるほど「停止中のプロセス」中にありました。

試しに「アクティビティモニタ」でMirrorAgentを選択し「プロセスを終了」で、MirrorAgentを終了させます。その後Macを終了・・おっ。素直に終了しました。

こいつが原因かどうかはまだわかりませんが、とりあえずは、Mac起動直後にアクティビティモニタでMirrorAgentをとっとと終了させてMacを使用し、様子を見てみてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です