AirMacExpress(802.11n)で「聴くだけ」セッティング。

(08.3.24)

ついね、ポチッと。
買っちゃいました、AirMacExpress。
今回、私の記憶が正しければ安くなりましたよね?
前は確か15000円くらいだったような・・。

img_73467_54092904_0

もともと欲しかったんですよね〜。
ウチのオーディオシステムで、iTunesの音楽を聴きたかった。
なので価格見て、この値段ならと即決。
今回のマイナーチェンジで無線が802.11nと、速い規格採用となりましたが、
私には無関係(笑)。

iMacはあくまでも有線のLANで、
無線で使っているVAIOも、VAIOが11gなので恩恵はないし。
なので私にとってはホントに音楽をオーディオで聴くためだけの
AirMacExpressです。
ま、この先はわかりませんけどね・・。

img_73467_54092904_1

相変わらず凝ったパッケージ。
おしゃれですね〜。
簡易包装とかエコとかは無関係(^^;

LANは100Baseです。
できればギガビットにして欲しかったなぁ。
そうすればもっと使い方が広がったのに。

img_73467_54092904_3

付属のCDをインストール。
直後、すぐアップデートです。

img_73467_54092904_4

「既存のワイヤレスネットワーク・・」とは、
今ブリッジ利用しているBUFFALOの無線ハブのことですね。
もちろんここは「AirMacExpressを追加・・」で。

img_73467_54092904_5

オーディオシステムのすぐそばに光終端装置があるので、
AirMacExpressはそこから有線で接続。
なので「既存あるいは別のネットワークを作成」を選択。

img_73467_54092904_6

他のワイヤレスネットワークと絡ませる必要がないので、
ここはどれもチェックせずに「続ける」をクリック。

img_73467_54092904_7

おお。iTunesを起動すると、
さっそくAirMacExpressを認識しているようです。
iMacからもオーディオシステムからも音を出したいので、
「複数のスピーカー」を選択しました。

これでOK!
なるほど簡単。
お気に入りのスピーカーから聴くiTunesのライブラリは、
思った以上にいい音♪

まだちょっとMDに録音することも時々あるので、
AirMacExpressをオーディオアンプに光ケーブルで接続しておけば、
そのままMDデッキで録音できるってのが、
私にとってはありがたい。

img_73467_54092904_8

この通り、ネットワークとしては機能していません。
まったく設定していませんから。
ま、BUFFALOの代わりにそのうちAirMacExtremeかTimeCapsuleを導入しようと思っていますので、
その時にはAirMacExpressもネットワークに加えようと思っています。