MacThaRipper

(06.5.5)

DVDをリッピングするのに、ずーっと「DVDbackup」を愛用していましたが、以前から書いているように、OS10.4では調子が悪い。
OS10.3で再起動してから使っていました。
(最初に5分くらい再生しなきゃならない、というヘンなクセもあった)
そこで、思い切って他のアプリケーションに切り替えを。
いくつか候補がありましたが、どうも「MacThaRipper」の評判がいいようで。
早速使ってみましたが、ん、こりゃなかなか。

7GBほどのデータ量の場合、G4/1GHz+OS10.3+DVDbackup(メモリ1GB)なら1時間ちょっとかかっていました。
でも今回G4/1.4GHz+OS10.4+MacThaRipper(メモリ1.25GB)で30分。
クロックもメモリも若干違うとはいえ、時間が半分以下とゆーのは、アプリケーションで改善された部分もけっこうあるのではないでしょうか。

リッピング後の作業も前は「DVD2oneX」で圧縮→Toast5で焼き、でしたが
今はToast7で圧縮・焼きとなるため、お手軽です。
しかもToast7の圧縮は「DVD2oneX」より速い。
3/4〜2/3位の時間で済みます。

img_73467_34751912_02006-05-05

それにしても、「MacThaRipper」でリッピング後に出るこの画面は、いったいなぜボンバーマンなんだべか?