G4DigitalAudio、 DVD-R相性その後〜「That’s」との相性。

img_73467_24152877_02006-01-25

(06.1.23)

前回、書き込んだDVD-Rが、ホームのDVDプレーヤーで観られない、という記事を書きましたが、その続きです。

1:Pioneerのレコーダー(Mac内臓)+Toast6+OS10.3.9+マクセルのブランクDVD-R

では家庭用PioneerDVDで観られて、

2:TEACのレコーダー(FW外付け)+Toast7+OS10.4.4+マクセルのブランクDVD-R

では観られない、というお話しでしたが、従来の条件と今回の条件があまりにも違うので、少しづつ検証しようと思いました。

ブランクDVD-Rもなくなったので、ついでに今回汎用性で評価の高い「That’s」を買ってきました。

では、試してみます。2の組み合わせで、ブランクDVD-Rだけ「That’s」にしてみました。
が、やっぱだめ。
今度は、同じく2のパターンで、ブランクDVD-Rを「That’s」、レコーダーを内蔵のPioneerで焼きました。すると・・あ、観られる!!

Mac内臓Pioneerレコーダーで焼くと、他の環境はそのままでも、家庭用Pioneerプレーヤーで観られます。
やはりこれはレコーダーとの相性でしょうね。ってことは・・この次私は、TEACの家庭用プレーヤー買わないと、TEACのレコーダー使えないってこと!?う〜ん・・それはやだ(笑)。なにか方法はないのか!?

また時間を見て、いろいろ試してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です