BootCamp+XPでのATOK英数/かな漢字。

(07.11.12)

ATOK2006Mac+Windowsというのを持っていますので、G4に引き続き、このiMacでもATOK使っています。
VAIOももちろんATOKです。
ver13の頃からずっとATOK使っているので、もうATOKじゃないと文字入力でイラッとしてしまいます(^^;

shapeimage_1

このiMacにBootCampで入れたWindowsXPにもATOK2006を入れました。でも、Appleキーボードなので、使い勝手がいまひとつ。
ある程度の違いは慣れるとしても、変換の切り替え「英数/かな」だけはめんどくさい。
Appleキーボードには、Windowsで起動したときの「英数/かな」キーの割り当てがないですよね。
なのでかな変換と、半角英文字入力の切り替えは、ATOKパレットをクリックして行っていました。ん〜もっと簡単にショートカットで切り替えたい!何か他に方法があるのかもしれませんが、私は手っ取り早くATOKをカスタマイズしちゃいました。

img_73467_51950094_1

ATOK2006の「プロパティ(環境設定)」を開きます。

「ATOKプロパティ」が起動します。
右側の「キーカスタマイズ」をクリック。

img_73467_51950094_2

「ATOKキーカスタマイズ」が開いたら、「機能一覧」の中から「日本語入力ON/OFF」の項目をダブルクリック。

img_73467_51950094_3

「キーの変更」というウインドウが開きます。
「キー」の部分で、好みのショートカットキーを割り当てます。
私は普段「tab」は使ってますが、「shift+tab」は使っていないので、それに設定。
「shift」のチェックボックスにチェックをして、「変更なし」という部分をプルダウンし「tab」を選択しました。
tabキーなら、Windowsの「英数/かな」キーと
同じ位置だし、なんとなく雰囲気も出るでしょ(笑)。

これで「shift+tab」で「英数/かな」切り替えが無事できるようになりました。は〜快適♪