ParallelsのWinインストールはディスクイメージで。

(08.11.13)

昨日久しぶりにParallels+Win XPインストールしたら、すっかりそのコツを忘れていましたので、
ここへ覚え書き。

img_73467_57319243_0

・・つーか、今まで書いてきたこともほとんど覚え書きみたいなもので、よく自分で「そう言えば確か・・」って見返してます(^^;

img_73467_57319243_1

img_73467_57319243_2

Parallelsそのもののインストールは問題ないけど、その後のWindowsXPがくせ者。
どういうわけか、CDからはインストールできないので、説明書にも回避方法が書いてあるとおり、
ディスクイメージを作って、そいつからインストール。

WindowsXPのCDを入れて、ディスクユーティリティを起動。
XPのCDを選択して、「新規イメージ」をクリック。

イメージフォーマットは「DVD/CDマスター」を選択。
暗号化は「なし」のまま。
そして「保存」をクリック。

img_73467_57319243_3

出来上がったディスクイメージは拡張子「.cdr」なので、この拡張子を「.iso」に書き換えて完了。

これで、ParallelsでWindowsXPインストールするときも認識してくれるし、もちろんインストールできます。

巷で噂の、そろそろ発売されるであろう
Parallels Desktop4.0では、
改良されてるといいなぁ・・。