カテゴリー別アーカイブ: ▼Gadget

SHARP AQUOSケータイSH-06G(ガラホ)。

すぐサボるので、会社から
「あかはケータイ持って歩け!」ゆわれて支給されています。

んで、そのケータイが調子悪くなったので新機種に。
すべて会社にお任せなんだけど、
ちょっとオモシロイものきました。

docomo SHARP AQUOSケータイSH-06G。
Androidの入ったガラケー、最近耳にするガラホってヤツ。

でもまあほぼ通話なので、
その恩恵は少ないですね。

便利なのは、充電のコネクタがUSBなとこ、
それとMacとUSB接続して中にアクセスできること、かなー。
まあ気長に色々試してみます。

au SONY Xperia Z5(SOV32)をAndroid 7.0 Nougat(ヌガー)に、そしてデータセーバー。

発表からけっこう待ちましたねー、
Xperia Z5のAndroid7へのアップデート。
先日ようやくアナウンスがありました。

auのサイトにも詳しく載っています。

ウチのau版Xperia Z5(SOV32)も、
昨夜寝るまえに操作して、
朝起きたらこの通り。
UIけっこう変わっていますね。

Android6の頃よりも、
若干ですがサクサク感がありますねー。
少し作動が軽くなてるようです。
こりゃいい。

ネット上で不具合報告もぽちぽち見受けられますが
主に先行していた海外モデルのものなので、
今回の日本でのアップデートまでの1ヶ月間(かな?)で
改良されているのを期待ですね。

今のところ私は不具合ナシです。

そうそう、バッテリーの持ちがどうなのかなーと
思っています。ちょっと2〜3日様子見。

で、少しでもバッテリー節約ってことで、
新しい機能使ってみました。

設定>データ使用>
「データセーバー」です。
なんてストレートなネーミング・・。

要するに、待ち受け状態のときに、
勝手にアップデートなど、いろいろ作動しないよう
アプリもお休みさせる機能ですね。

ただ、データの自動バックアップなど動いていて欲しい機能もあるので
それはひとつずつチェック付けていきます。

さて、これで数日様子見てみますー。

auひかりテレビ、ビデオサービスがビデオパスに、STBもSYW2000(Android TV)へ。

10月のお話しなのですが、先日やっと設定したので・・
(^_^;

ウチ、スマホもですが、
家庭のインターネット回線もau光、ISPもauone-net、
ついでに家電話もauで、テレビもau光に加入してます。
[http://blogs.yahoo.co.jp/dc2raka/64357033.html]

んで、そのau光テレビサービスですが、
10月からサービス(ソフト)もハードも変わるということで
連絡来たので、申し込んでありました。

ソフトの方は、「テレビ」部分は変わりませんが、
「ビデオ」部分が従来のシステムから、
スマホと同じ「ビデオパス」に変わったんですよねー。

まずはハードの設置。
STBは従来の三菱電機ST1100Rから、
この住友電気工業製STW2000に。

STBはauからのレンタルなので、
はずしたST1100Rは送り返します。

スルーout用のHDMI端子も付いててありがたやー。
でもなんといっても最大のトピックは、
2チューナー!
録画しながら別番組見られるように(やっと)なったんですねー。

リモコン。
左は今回の。右は従来の。
コンパクトになりました。

さて入れ替え。
ST1100Rさよならー。

STW2000、ちょっと大きい。

でねー、私サイトの説明とかなーんにも見ないで頼んだもんだから、
起動して(゚Д゚)びっくり。
Android TVだったんですねー。

まずは最新バージョンにアップデート。

んで、この設定がMac/PCでできるってのが楽ちん。
MacでGoogleにログインした状態で、
表示のURLにMacからアクセス。

テレビに表示されてる
テレビコードをMacで入力。

ほれほれ。終了。

次へ。

はいーチャンネル表示。

あとは外付けHDDの設定。

初期化したら

完了。

前よりレスポンス良くなかったり、
使い方面倒だったりするけど、
なんたって2チューナーになったことで
すべて許す(笑)

au SONY Xperia Z5(SOV32)、ピント合わない

(2015.11.10)

img_0_m

スマホ替えましたよー。
1年半使ったXperia Z1から、
最新のXperia Z5に。

先行予約していたので、
発売日の翌日には手にしていました。

img_1_m

今回はゴールド。
Z1の「VAIO」色がSONY好きの私にはツボだったんですけどね・・。

人生で初めて「ゴールド」って色選んだかも。
でも実物手にして、これも気に入りました(^。^)

img_2_m

パフォーマンスは
「速い!」とまでは思いませんが、
色々な動きがなめらかになった印象かな。
あと、余力があるなって感じ。
電池の持ちは、多少早めな気がするけど、
そんなに極端にバッテリー食う印象はナイです。

Z1との比較で、
手に取ると気持ち軽めで薄めに感じます。

img_3_m

一番のお気に入りは、
防水USBポート(笑)。
や、キャップなくなって
ほんと煩わしくなくていいです。

img_4_m

でも
初期ロットにつきものの不具合も。
ネット上ではいろいろな不具合が散見されますが、
私のはカメラのフォーカスが合わない。
ピンぼけになっちゃうんですねー。
特に近距離がダメダメ。
せっかく今回、フォーカススピードやズームがカメラ機能が特にウリなのになぁ。
どうやらソフトウェアのアップデートで修正ができるらしいので、
ソレ待ちです(;´Д`)

 

au Xperia Z1(SOL23)をAndroid4.4(kitkat)に

(2014.8.12)

そこそこ盛り上がってましたねー、
Android4.4へのアップデート。
キャリア/機種/メーカーなどによってけっこう対応バラバラですが、
つい先日私のau SONY Xperia SOL23も
めでたくアップデート可能となりました。

なんかでも・・いいのかなぁ・・。
ま、やってみっか。

ちなみに詳細は
auのアップデート情報、
SONYのアップデート情報にあります。
SONYのページの方には、変わる機能などがわかりやすく掲載されています。

img_0

「設定」から

img_1

一番下の「端末情報に」

img_2

「ソフトウエア更新」をタップすると、
私の場合はすでにダウンロードされていました。
あとは更新するだけ。

img_3

インストールに50分とか出たけど、
実際は20分くらいだったかなー。

img_4

OSアップに伴って、
付属のアプリもいくつかアップしてました。

img_5

無事終了。

・・なんですが、

アップデートしてから3~4日使ってみて、
まず明らかに、メモリを食う。
たまに手動で開放してますけど、
まあメモリ食ってるようでも、極端には作動は遅くなってはいません。

それと、期待したバッテリーの持ちは、変わらないですね。

今回のアップデートでは、
カレンダーが見やすくなったのが一番かな(笑)。

ネット上ではいろいろアップデート後の善し悪しが採り上げられてます。
てか、採り上げられてるのはほとんど「悪し」ですけどww
ウチももうちょっと観察していきますー。

 

au Xperia Z1(SOL23)と、Macmini・iTunesを取り込む!もちろんSONY BRAVIAと連繋も

(2014.5.9)

1か月半ぶりです。
この日記も、とっとと書こうと思ってたんだけどねー。
実は2月始めにスマホを機種変しました。

img_0

もちろんau、
SONY Xperia Z1(SOL23)です。

img_1

SONYと言えばVAIO、VAIOと言えばバイオレット!
てなわけで、3色の中からこの色をチョイス。

img_2

ロック画面の背景画像もバイオレット系で・・
てか、お解りの方も多いと思いますが、これ、
Mac OS10.6SnowLeopardの標準デスクトップ画像です~。

img_3

最初はね、この5インチってサイズが、
大きすぎて邪魔くさいんじゃないかとか、
あれこれ考えたんですよ。
でもこの2ヶ月使ってて、ぜーんぜん気にならない。
むしろ手に馴染んできちゃって。

iPhone使ってる連中からは、
「わ!でけぇ!!」ってよく言われたけど、
コレ使ってると
「iPhoneちっちゃー!!」って思えてきます。
もう5インチから離れられなくなっちゃった。

スペックは文句なし。
写真も綺麗だし電池の持ちもいい。
もうね、不満無し。

img_4

Macだと、iPhoneの方が便利では・・
そう、同期や共有に関しては多分そう。
でも、こんなものもあります。
「SONY Bridge for Mac」

なんと!このアプリでiTunesから音楽が取り込める、
しかもこれ、SONY純正アプリですから~。
日本のSONYサイトにはありません。
海外のSONYサイトからMacにダウンロードできます。

img_5

わかりやすいUI。
ちゃんと日本語だしね。

ただ、Xperiaに取り込める形式と取り込めない形式があるようで・・
このあたりは今後検証していきます。

img_6

あと、Xperiaに「スクリーンミラーリング」なる機能(アプリ)があって、
ウチのBRAVIAもその「スクリーンミラーリング」対応機器なもんで、
その名の通りXperiaの画面を、Wi-Fi経由でBRAVIAに映し出せるんですよねー。
これ楽しい♪

img_7

ウチのBRAVIA W900A単体でもYouTube観られるけど、
これが操作性悪くって・・。
でもXperiaとミラーリングすれば、
さくさくっと観られるですねー( ^o^)ノ

BRAVIAとMac+TVMOBiLiを、iPad/iPodtouch+TVSideViewでコントロールしてMac内のコンテンツを観る。VIDEO_TSもOK

(2014.1.26)

ウチのMac mini(Mid2010)にTVMOBiLiをインストールして
ネットワークサーバとして認識させる日記、
そしてそれ以前に、
ウチのiPadmini(1G)にTV SideViewというアプリをインストールさせて
(今はウチのiPod touch 4G、AndroidスマホのURBANOにもインストール)
BRAVIA KDL-46W900Aをコントロールする日記
を書きました。

img_0

けっこうどちらも使い倒していますが、
TVSideView使ってるとき気づきました。

img_1

左のメニュー開くと、そこには
「コンテンツリスト」という項目があり、そこに
Home networkが表示されてる・・

img_2

そう、TVSideViewで、
TVMOBiLiを、ちゃんとネットワークサーバとして
認識していたんですねー。

img_3

BRAVIA上でつなげた時と同様、
Mac mini内のフォルダが出現。

img_4

見たいコンテンツを選択して、

img_5

BRAVIAをタップすれば、

img_6

それがVIDEO_TSデータでも

img_7

見られちゃいます♪

なんかね、気分は無敵(笑)
要するに、MacにTVMOBiLi、
iPadやiPhone、スマートフォンにTVSideView
それぞれにこの2つさえインストールしておけば、
テレビの前で、Mac内のコンテンツを、
iPodでコントロールしてじゃんじゃん楽ちんに観られちゃうって
ことですね~(^。^)

Apple TV(3G)+iPadmini+Macmini+BRAVIA

(2014.1.4)

昨年まで使っていたテレビ、
SONY WEGAはHDMIがなかったので、コレ欲しかったけど
付けられませんでした。

img_0

てことでBRAVIA(もちろんHDMI装備している)になって、
ようやく導入できました、
Apple TV(第3世代)です。

img_1

ウチのMacminiが「Mid2010」(Core2Duo)なため、
ミラーリングはできませんが
(2011以降の、CPUがCorei~でなければできない)
それでもiTunesなどは共有(ホームシェアリング)できるので
楽しみは広がりますね~。

img_2

設定はちょいちょいちょい、カンタン。

img_3

AppleIDとWi-Fiのパスワード入れるくらいなもんです。

img_4

MacminiのiTunesに入ってる音楽やビデオが、
iPadminiのコントロールによって、
テレビで見られちゃう。

先のTV SideViewもiPadでのコントロールなので、
BRAVIA(とAppleTV)がやってきたことで、
もうiPadmini大活躍です( ^o^)ノ

SONY BRAVIAをiPadminiでコントロールしてみる

(2014.1.3)

最近のテレビって、
いろいろ機能的に進化していますね。
その中でも
PCやインターネットとの親和性が図られているのが
少し前のテレビより一番顕著に変わった部分ですよね。

img_0

SONYの最近のBRAVIAは、スマホやタブレットでも
コントロールできるアプリが
SONYから無料で配信されています。
もちろん、KDL-46W900Aにも使えます。

このアプリ、
「TV SideView(テレビサイドビュー)」(ソニーのリモコン付きテレビ番組表)
をAppStoreから早速ダウンロード、
ウチのiPadminiに入れてみました。

写真のアイコン下段・真ん中がそれです。

img_1

いろいろな機能がありますが
テレビ付属のリモコンにあるよく使う機能はほぼ網羅しています。

img_2

通常の番組表の他にも、
いまやってる番組は、自動でスクロールしながら
タイトルを見ることが出来ます。

これどんなんだっけ、と思った番組タップすると、
番組詳細が見られて、
見たいと思えば右上タップすれば

img_3

チャンネルが切り替わったり。

img_4

通常のリモコンのビジュアルを表示させて
コントロールもできます。

個人的には付属のリモコンより、
こっちの方が使いやすいですね~。

Androidのカメラアプリ

(2013.3.8)

私のブログは見ての通り、
飲食店内で撮したものが多く、
そのほとんどはコンデジで撮っています。
ただ、まれにコンデジがなかったときに、
スマホで撮すのですが、
そんなときに役立つのがシャッター音のしないカメラアプリ。

っつーか、ビデオとして読み込んでいる映像から切り取る、
っていう原理なわけで、カメラアプリと言いながらも、
キャプチャするアプリですねー。

img_0

標準のカメラアプリだとこんな感じ。

img_1

「サイレントカメラ」。
全体に少し色が浅く、コントラストが弱い。
ただ、アプリは落ちづらいです。

img_2

「無音カメラ」。
サイレントカメラよりはずっと標準のアプリに近い
色の上がり。
まれに落ちるんですよね~このアプリ。

もっといろいろ入れてみて
比較してみたいですね~。