カテゴリー別アーカイブ: Macで自宅サーバ(FTPサーバ・WEBサーバ)

Mac自宅サーバまとめ〜FTPサーバ編。

(09.1.11)

今度はFTPサーバの覚え書き。
Webサーバがうまくいったのに気をよくして、欲を出して知識も乏しいのにFTPサーバにも挑戦しました。Webサーバにしても、このFTPサーバにしても、私の設定が本当に正解なのか、もっといい他の方法があるのか、それはわかりません。ウチはとりあえず記載している設定で作動しています。
FTPサーバの大まかな流れは、ドメイン取得はWebサーバ編に書いてあるので省略。ドメイン取得後、
(1)メディアコンバータPR-200NEの設定→(2)Mac OSの設定→(3)FTPソフト(Mac&Win)での接続テストです。
そして、
(4)起動ディスク>ユーザフォルダ以外の、別HDD内の任意のフォルダをFTPサーバ用フォルダとして認識させる、というのをやってみました。

(1)光回線終端装置(メディアコンバータ)PR-200NEの設定
設定するのは2項目あります。「静的IPマスカレード設定」と「パケットフィルタ設定」です。

img_73467_58047889_0

まず最初の項目。PR-200NEをブラウザで開き、
トップページ>詳細設定>静的IPマスカレード設定を開きます。
エントリ番号の01には、前回のWebサーバでの設定がされています。ここはエントリ番号02の編集をクリック。

img_73467_58047889_1

変換対象プロトコルは「TCP」を選択、
変換対象ポートには「ftp」、
宛先アドレスには、サーバにするMacG4のIPアドレスを入力して、設定をクリック。

img_73467_58047889_2

エントリ番号02にチェックを入れ、設定をクリックして、保存をクリック。
そして、左のメニューの、メンテナンス>機器再起動で再起動させます。

余談ですがこのPR-200NE、基本的に「保存」の後には「再起動」を、面倒でもひとつ設定するたびにいちいちやらなければ、うまく作動しないようです。

img_73467_58047889_3

今度は2つめの項目、トップページ>詳細設定>パケットフィルタ設定を開きます。
「01〜10」まで使われていたので、次のページに移ります。
「11〜20」を開くと、エントリ番号19が空いていました。これの編集をクリック。

img_73467_58047889_4

フィルタ種別を「通過」、
送信元IPアドレスには「*」、
宛先IPアドレスには、サーバにするMacG4のIPアドレス/255.255.255.255
プロトコル種別は「TCP」、
発信元ポートには「ftp」、
宛先ポートにも「ftp」、
方向は「両方向」を選択、そして設定をクリック。

img_73467_58047889_5

で、エントリ番号19にチェックを入れ設定、保存、再起動。
これでPR-200NEの設定を完了しました。

(2)Mac OS-X(Tiger)10.4.9の設定。

Mac側の設定も2項目。「共有」と「アカウント」です。

img_73467_58047889_6

ひとつめ、共有は簡単。
システム環境設定>共有を開き、「FTPサービス」にチェックを入れます。これで終わりです。

img_73467_58047889_7

ふたつめ、FTPサーバ接続用のアカウントを作ります。
名前、ユーザ名(これがFTP接続時のユーザ名になる)、パスワード(FTP接続時のパスワードになる)を入力して、アカウントを作成。

img_73467_58047889_8

そして、管理者でログインしている状態のまま、以下の作業をします。
新しく作ったFTPサーバ接続用のアカウントではログインしないようにします。

この、FTPサーバ接続用のアカウントのユーザフォルダ内に自動的にできた
サイト/デスクトップ/パブリック/ピクチャ/ミュージック/ムービー/ライブラリ/書類の
各フォルダ、要するにすべてを管理者でログインしている状態のまま、削除します。
あっても別にいいのですが、見た目良くないし・・。

このあと、FTPサーバ接続用に作ったアカウントでログインしてしまうと、自動的にライブラリフォルダのみ復活(作成)されてしまいます。
その時はまた管理者アカウントでログインし、FTP用ユーザフォルダからライブラリを棄てればOK。
他にもっといい方法があるのでしょうが、初心者にはこれが手っ取り早く簡単なようです。

(3)FTPソフト(Mac&Win)での接続。

3パターンで試しました。
Mac用のフリーFTPソフト「CyberDuck」、OSのFinderからの「サーバに接続」、Windows用のフリーFTPソフト「FFFTP」です。

img_73467_58047958_0

まずはMac用ソフト「CyberDuck」。
新規接続をクリック、
サーバにはドメイン名(「ftp://」は不要)を入力、
ポートは21(デフォルトで21になってます)、
ユーザ名には先に作った、FTPサーバ接続用アカウントのユーザ名、
パスワードは、そのユーザのパスワードを入力。

img_73467_58047958_1

これでばっちり接続。ただし、問題があって・・

img_73467_58047958_2

友人が試しにアクセスしてくれたのですが、パスをさかのぼって、システムが丸見え・・。
見られるだけでいじることはできないのですが、気持ちのいいもんじゃありません。

ネットで調べると、ターミナルで何やら書き込んだり、
フリーソフト「SharePoints」とかいうのを利用すればなんとかなるようなのですが・・
私にはハードル高いため試せません。

img_73467_58047958_3

次に、OS-Xの
Finderの「移動」メニュー>サーバへ接続を試します。

img_73467_58047958_4

サーバアドレスを入力。

img_73467_58047958_5

認証画面が開いたら、
名前にFTPサーバ接続用アカウントのユーザ名、
パスワードは、そのユーザのパスワードを入力してOK。

img_73467_58047958_6

無事マウントできます。

img_73467_58047958_7

ただ、コピーもなにもできないので、これは使えなさそうです。
アクセス権とか変えればできるのかどうかは未検証です。
いや、かえってこんなお手軽な方法で入り込まれない方がいいかも。
ま、もともとダメもとでやってみただけだし、これはこのままでいいです。

img_73467_58047958_8

最後は、Windows用のフリーFTPソフト「FFFTP」での検証。
接続>ホストの設定>新規ホストをクリックし、開いた画面の、
ホストの設定名は、好きな名前を入力。
ホスト名(アドレス)には、ドメイン名、
ユーザ名はFTPサーバ接続用アカウントのユーザ名、
パスワード/パスフレーズには、そのユーザのパスワードを入力してOKをクリック。

img_73467_58047958_9

接続をクリックすると、無事接続。
ただ、コレもパスをさかのぼれるんですよね・・。ま、とりあえず友人知人間となら使い物になりそうです。

(4)別HDD内の任意のフォルダをFTPサーバ用フォルダとして認識させる

起動ディスク>ユーザフォルダをFTPサーバ用のフォルダとして使いましたが、ウチの場合、容量が足りなくなりそうで、別に増設してある内蔵HDDをFTPサーバ用として使いたいと思い、あれこれやってみました。

まず、rootのアカウントを作ります。Netinfoマネージャを起動し、メニューバーのセキュリティ>ルートユーザを作成します。
そしてrootでログイン、以下はルートユーザでログインしたまま進めます。

img_73467_58048549_4

まず、増設してあるHDD(ウチのには「2nd」という名前が付いています)の中に、FTP用のフォルダを作ります。
私は「file」という名前にしました。

img_73467_58048549_5

次にターミナルを起動します。ここは、こちらを参考に進めさせてもらいました。
要するに、増設HDD「2nd」内の「file」を、FTPサーバとして使ったユーザアカウントのホームフォルダとして認識させるわけですね。
私の場合、FTPのユーザ名がxxxxとすると、# sudo niutil -createprop . /users/xxxxx home “/Volumes/2nd/file”となるようです。
これを起動したターミナルの画面の「・・・~ root#」の後ろに打ち込みました。

img_73467_58048549_6

最後に再びNetinfoマネージャを起動。
/>users>FTPのユーザ名をクリック。
すると下の窓に関連づけられてるリストが出てくるので、この中から「home」を選択、右側の部分をダブルクリックして、ここを/Volumes/2nd/fileと書き換えました。

これで終了。一度Macを再起動します。他の回線でCyberDuckで確認すると、ちゃんと2nd内のfileにつながりました。
ただ、これもまた階層をさかのぼれますが・・(^_^;

以上で私の自宅webサーバ、FTPサーバへのチャレンジは終了。ただ、階層をさかのぼれるのだけはこの先も解決へ向けていきます。
くどいようですが、あちこちから情報を寄せ集め継ぎ接ぎし、サーバ関係には素人の私がやったことの記録ですから、もっといい方法がきっとあるはず。
私の方法には何の責任も持てませんが、とりあえず素人にも簡単に試すことのできる方法だと私は思っています。

Mac自宅サーバまとめ〜Webサーバ編。

(09.1.11)

ウチで用途のないPMG4を使っての、初心者が挑む自宅サーバ作り、一段落したのでここでまとめて記事、というか覚え書きです。
マシンはPower Mac G4/466 DigitalAudio、
OSはOS-X Tiger 10.4.9。
回線は光、メディアコンバータがPR-200NEです。

大まかな流れは、
(1)ドメイン取得→
(2)メディアコンバータPR-200NEの設定→
(3)Mac OSの設定→
(4)Webサイトの設置です。

img_73467_57460270_6

(1)動的IPアドレス用にドメイン取得。

ウチは固定IPアドレスではありません。ふつーのISP(au-one)使ってます。
なので、みとさんに教えてもらった
「Dynamic DO!.jp」というサイトを利用。
ココに登録(無料。有料もあり)すれば、Macを起動するたびに毎回割り当てられ変わる今のグローバル動的IPアドレスを追跡してくれるので、
IPアドレスがMacを起動するたびに変わっても登録したドメイン名にアクセスしてもらえば、ちゃんとつながります。

登録方法、使用方法はddoのサイトを見れば簡単なので、割愛します。

img_73467_58041673_1

(2)メディアコンバータPR-200NEのポート解放設定。

細かい理屈はわからないけど、とりあえず以下の設定でネット上にサーバを公開できました。

img_73467_57559394_0

ブラウザで光終端装置PR200NEの設定画面を開き、詳細設定>静的IPマスカレード設定をクリック。

img_73467_57559394_1

こんな画面に切り替わります。
まず一番上「対象インターフェイス」に、いつもネットで使っている設定が選択されているか確認。
そして、「01」の右端の「編集」をクリック。

img_73467_57559394_2

変換対象プロトコルが「TCP」、
変換対象ポートを「WWW」(80番ポート、って意味合いらしいです)、
宛先アドレスにG4のローカルIPアドレスを入れ、設定をクリック。

img_73467_57559394_3

こんな表示になります。
「1」にチェックを入れ、これを保存。そしてPR200NEを再起動します。これでPR-200NEの設定は終了。

img_73467_58041695_0

(3)OSの設定(OS-X Tiger 10.4.9)。
超簡単。システム環境設定>共有>サービスタブの「パーソナルWeb共有」にチェックを入れます。
もう、それだけ。ほんっと、素晴らしいOSです(^o^)

img_73467_57931683_0

(4)G4内にWebサイトの設置。
私が今回登録したアドレスがhttp://macserver.ddo.jp/
コレにアクセスすると、ウチのG4内に設置したウエブサイトが見られるようにしたい・・。
普通に上記アドレスにアクセスすると、この「Apache」表示になります。
で、これが置いてある場所が、ライブラリ>WebServer>Documentsというフォルダ。

img_73467_57931683_2

img_73467_57931683_3

たくさんの(おそらくは各国語)ファイルがありますが、この中の「index.html.ja.jis」というファイルかな、と思い、開いて確認しようとしましたが、このままではブラウザで開かなかったので、拡張子を換えて、ただの「index.html」にしたところ、ブラウザで開くことが出来、さっきアクセスして見た、日本語「Apache」表示のファイルであることが確認できました。

img_73467_57931683_4

このDocumentsフォルダに、自分で作ったファイル「index.html」を突っ込んでアクセスしてみたところ、
http://macserver.ddo.jp/にアクセスすると表示されるようになりました。
どうやらこのフォルダ内では「index.html」という名前のファイルが最優先で表示されるようですので、このままでもいいのですが、残しておく必要もないので、ライブラリ>WebServer>Documentsフォルダ内にあるindex.html以外の他のファイルは削除しました。

Power Mac G4で自宅サーバ。

(08.11.5)

(1)計画

いつも自宅のMac関係の写真といえば、
デスク上しか写っていませんが、
実は足下はこーなってます。

img_73467_57209688_0

右のG4はたんまり改造して愛着のあるヤツ。
たまにしか使いませんが、こいつは捨てられません。
CPUもグラフィックカードも強化しているので、
Leopardも起動します。

左は起動しないiMac。
直そうか、直せるのか?!と思案中。

さて、真ん中のG4ですが、
これがくせ者。
まともに起動します。
ただ、今さら大金投じてパワーアップさせるのもどうかと。
しかもチューンドG4なら右にあるし。
かといって売っても2000円、捨てるのはもったいないかな。
で、ふと思いました。
自宅サーバ。

まだやったことのないジャンル。
未知の世界。
はてさて、どうなることやら・・。
どうすればいいのか、ちょっとずついろいろと調べています。

(2)無料ダイナミックDNSサービス。

計画倒れになりそうな自宅サーバでしたが、
なんとか進んでいます。

まったくソッチ関係の知識がないため、まずはいろいろ調べました。
いや、調べる前にまずナニを調べればいいのか(笑)、Mac仲間で自宅サーバの先輩、みとさんに
メールを送って、概略だけ指南していただきました。
みとさんはなんとiMac G3/333!で自宅サーバを稼働させています。

もらったヒントが、
1:ルーターのポート解放をする
2:アドレスまたはドメイン名の取得。
http://ddo.jp/を参考に
ということでした。

あとは調べてがんばるぞぉ〜。

img_73467_57460270_5

マシンはPMG4/466。HDDだけ換装した無改造です。ちょっとずついじっていく予定です。
床に置いて、このような状態で作業してます。つ、辛い・・。
OSは10.4Tiger。アップデートするとコイツはどうも調子悪くなるので、10.4.3でこさえました。

img_73467_57460270_6

みとさんに教えてもらった「Dynamic DO!.jp」というサイトです。
私、固定IPアドレスは持ってないし、固定IPにすればお金もかかるし・・
ということで、ココに登録(無料。有料もあり)すれば、毎回割り当てられ変わる今のIPアドレスを、追跡してくれます。
IPアドレスが毎回(Macを起動するたび)変わっても登録したドメイン名にアクセスしてもらえば、ちゃんとつながるってわけですね。

ただ、Macを起動させてネットに繋ぐごとに、この
ddoのサイトで手動更新させなきゃならん。
まあ、たいした面倒でもないのですが、忘れそう・・
というアフォな私でも大丈夫なフリーソフトが、WhatsUpです。
いや〜イイモンがありますね。ありがたや〜。
ddoとMacOSに対応しているソフトで、MacOSのアカウント>ログイン項目に設定しておけば、Macを起動するたびに自動的にddoを更新してくれます。ほぉ〜。

さて、これでIPアドレス・ドメインは解決。
次はルーターです。

img_73467_57460270_7

ウチは光です。
ブラウザでまず光終端装置のPR-200NEにアクセス。
あれこれ探検してると、
詳細設定>ワンタッチ設定というなんとも魅力的な名前(笑)の項目が。

img_73467_57460270_8

なんとそこには、まさしくいかにもワンタッチでつながりそうな内容がありました。
とりあえずやってみるか。
「webサーバ」の「公開する」にチェックをして、
IPアドレス欄にはサーバにするG4のIPアドレスを記入。

こんな簡単でいいのか?!

とりあえず別回線のVAIO+Edgeを使い、
登録したアドレスにおそるおそるアクセスしてみると・・

img_73467_57460270_9

ぐはーっ!つながっちゃった・・。
さらに、
登録したアドレス/ユーザ名
でアクセスしてみると、

img_73467_57460270_10

ユーザ>サイトフォルダを覗くことができました!
ありゃ〜。簡単だった・・。

まだまだいろいろ調べたり、
解放するポートを固定したり
(PR-200NEの「webサーバ」の「公開する」は、すべてのポートを開放する、という一説が)
セキュリティを備えたり、と
やることはありますが、
とりあえず公開することができた、というのは、
これからのヤル気につながりますね〜。

そして・・
別項の記事、光ルーターの不具合が
「webサーバ」の「公開する」に起因する可能性も否めません・・。
やはり喜んでばかりいないで、
もう少し検証してみなきゃならないです。

(3)PR-200NEポート解放設定。

ビビリながらのポート解放。
あれこれ探した文献を元にして、やってみたら意外と簡単。
細かい理屈はわかりませんが、とりあえずこーすればネット上にサーバを表示できました。

img_73467_57559394_0

光終端装置PR200NEの設定画面で、詳細設定>静的IPマスカレード設定をクリック。

img_73467_57559394_1

こんな画面に切り替わります。
一番上、「対象インターフェイス」は、いつもネットで使っている設定が選択されているか確認。
そして、「01」の右端の「編集」をクリック。

img_73467_57559394_2

変換対象プロトコルが「TCP」、変換対象ポートを「WWW」(80番ポート、って意味合いらしいです)、宛先アドレスにG4のIPアドレスを入れました。んで、設定をクリック。

img_73467_57559394_3

こんな表示になります。これを保存。そしてPR200NEを再起動します。

さてさて、別回線のVAIOでつなげてみました。

img_73467_57559394_4

うひゃひゃ。
インターネットの回線上で無事ブラウズできました。こりゃいいぞぉ。

(4)G4サーバ稼働。

とりあえずこのお正月休み期間、自宅のG4サーバをテスト稼働させています。http://macserver.ddo.jp/

このアドレスでアクセスして、トップページ(てか、今トップページしかないです・・)を表示させるには、トップページのファイル(index.html)をどこに置けばいいのか、を探しました。
普通に上記アドレスにアクセスすると、

img_73467_57931683_0

この「Apache」表示になっちまいます。
で、これが置いてある場所を探ります。ユーザーフォルダじゃないのはわかりますが、さてさて・・とライブラリフォルダを見てみると、その名もずばり「WebServer」というフォルダがありました。

img_73467_57931683_1

Leopardでは、ライブラリ>WebServer>Documentsに、たくさんのファイルがありました。
各国語のバージョンがあるみたい。
この中でファイル名に「.ja」と付くのがきっと「japan」かな、と。
この「index.html.ja.iso2022-ja」というファイル、開いて確認しようにも、このままではブラウザで開かなかったので、拡張子を換えて、ただの「index.html」にしたところ、ブラウザで開くことが出来、「Apache」表示のファイルであることが確認できました。

img_73467_57931683_2

Tigerです。先にiMacのLeopardで確認したので、サーバにしてるPMG4のTigerでも、同じ場所を探してみると、やはりありました。
ただしファイル名は「index.html.ja.jis」でした。

img_73467_57931683_3

とりあえずこのファイルはこのまま、このDocumentsフォルダに、自分で作ったファイル「index.html」を突っ込んでアクセスしてみたところ、

img_73467_57931683_4

http://macserver.ddo.jp/にアクセスすると表示されるようになりました。
デザインはみとさんのiMacG3自宅サーバを完全に意識してます(笑)。

(5)FTPサーバ。

img_73467_57957676_0

ウチの自宅サーバをいろいろいじってましたが、欲が出るモノで、あれこれやってみようと考えると、Webサーバだと使い勝手が良くない場合があり、FTPサーバというのを作ってみたい、と思い始めました。

img_73467_57957676_1

PR-200NEの「静的IPマスカレード」をいじってみたり「パケットフィルタ」をいじってみたり

img_73467_57957676_2

サーバにしてるG4の設定をいじってみたりして

img_73467_57957676_3

別回線でつないだVAIOから「FFFTP」というフリーソフトでつないでみようとするけど・・
まったくつながりません。
やっぱりFTPは固定グローバルIPじゃないと無理なのかな?
それとも私の設定がダメなのか・・。
難しい。

(6)FTPサーバ接続。

家のVAIO+FFFTPではPower Mac G4サーバに接続できませんでしたが、
なんとダメもとでMacPro+CyberDuckでつないでみたら見事接続しちゃいました。

img_73467_57971388_0

CyberDuckを設定。
好きなニックネームをつけて、
ftpアドレスとユーザ名、パスワードを設定。
プロトコルはFTP、ポートは21、接続モードはパッシブにしました。
パスはユーザフォルダに。

img_73467_57971388_1

うほほっ。つながった〜。
が、しかし・・

丸見え(^_^;
不可視フォルダまで見えちゃってます。
あまり気持ちのいいもんじゃありませんねぇ。
てか、セキュリティ的に問題。

img_73467_57971388_2

img_73467_57971388_3

つながるなら、Mac OS-X同士だしFinderの「サーバへ接続」でもイケるハズ。
アドレスを打ち込み、このあと開くウインドウにユーザ名とパスワードを打ち込みます。

うぉう!つながった〜。
まるでこのMacのHDDのように使えます。
この接続方法だと、ユーザフォルダ以下のみ見えます。

うーん、自宅FTPサーバ、
すこしずつ解ってきたし、
近づいてきた気がします。

img_73467_57971388_4