カテゴリー別アーカイブ: インターネット・LAN・無線LAN

auひかり、ルーターAterm BL900HWで速くなった♪無線LANも使えるー。

引っ越ししてから1か月半が経ちました。
片付けはまだまだ残っていますが、
快適な住環境で満足です(^。^)

ネット環境は回線・ISPとも従来のまま。
今回の引っ越しを、ネット回線とプロバイダーを使ってる
auに連絡したところ、
新しい機器が送られて来ました。

今回の新居では、電話・FAX・ネット機器コーナーを設け、
ソレに合わせて壁にジャックなども付けたので、
機器の配置取り付け、非常にらくちんでした(^。^)

従来auからの機器を3つ使っていましたが、
その3つとも新たに送られて来ました。
それが
ONU(黒いやつ)、ルーター(ホームゲートウエイ・白いやつ)、
そしてauテレビのセットトップボックス。

このうち、ONUとセットトップボックス(ST1100R)は、
従来のと同じ機器なんすよねー。
使い回せばいいと思うんだけど・・。
まあ、新しいのに変えました。

ルーターはヨカッタ!!
今までのAterm BL190HWから、
Aterm BL900HWになりました!!
てか、いつの間にか新型出てた!知らなかった!!

しかも私、携帯もauってことで「スマートバリュー」
(携帯電話と固定電話のセット割引)にも入ってて、
するとこのルーターの無線機能が無料で使えるとの事だったんです。

 

極めつけは、速い!
今までのMAXが83Mbps程度だったのですが、
http://mac.club16.net/?p=2032
今回の機器では140Mbps越え!!
住所も変わったけど、このBL900HWに変えた事も
大きく影響してると思われます(^。^)

auひかりテレビ、ビデオサービスがビデオパスに、STBもSYW2000(Android TV)へ。

10月のお話しなのですが、先日やっと設定したので・・
(^_^;

ウチ、スマホもですが、
家庭のインターネット回線もau光、ISPもauone-net、
ついでに家電話もauで、テレビもau光に加入してます。
[http://blogs.yahoo.co.jp/dc2raka/64357033.html]

んで、そのau光テレビサービスですが、
10月からサービス(ソフト)もハードも変わるということで
連絡来たので、申し込んでありました。

ソフトの方は、「テレビ」部分は変わりませんが、
「ビデオ」部分が従来のシステムから、
スマホと同じ「ビデオパス」に変わったんですよねー。

まずはハードの設置。
STBは従来の三菱電機ST1100Rから、
この住友電気工業製STW2000に。

STBはauからのレンタルなので、
はずしたST1100Rは送り返します。

スルーout用のHDMI端子も付いててありがたやー。
でもなんといっても最大のトピックは、
2チューナー!
録画しながら別番組見られるように(やっと)なったんですねー。

リモコン。
左は今回の。右は従来の。
コンパクトになりました。

さて入れ替え。
ST1100Rさよならー。

STW2000、ちょっと大きい。

でねー、私サイトの説明とかなーんにも見ないで頼んだもんだから、
起動して(゚Д゚)びっくり。
Android TVだったんですねー。

まずは最新バージョンにアップデート。

んで、この設定がMac/PCでできるってのが楽ちん。
MacでGoogleにログインした状態で、
表示のURLにMacからアクセス。

テレビに表示されてる
テレビコードをMacで入力。

ほれほれ。終了。

次へ。

はいーチャンネル表示。

あとは外付けHDDの設定。

初期化したら

完了。

前よりレスポンス良くなかったり、
使い方面倒だったりするけど、
なんたって2チューナーになったことで
すべて許す(笑)

auひかりビデオチャンネルにしたった

(2013.12.3)

スカパー見てたんですけどね、
ちっちゃい不満がいくつか。

もちょっと安くならんかなー・・とか、
大雪の日に画像がまれに止まったりちらついたり。
(↑あ、これはけっこうな不満)

img_0

そこでっ!
auのビデオ/テレビサービスの「auひかり ビデオチャンネル」にしてみました。
常々考えてはいたのですが、
今回5000円キャッシュバック(実質2ヶ月無料)キャンペーンやってて、
試しに2ヶ月観てみて、ダメならやめちゃお、という魂胆。

水曜日に契約したら、日曜日にはSTBが来ました。

img_1

USBのHDDつなげたら録画もできるんですけどね、
そのUSB端子がSTB(三菱製ST1100R)本体の前面にあるんすよー。
使いづらいわ、かっちょわるいわ・・どすっかなー・・。

img_2

セットアップは簡単。

img_3

まずはバージョンアップ。

この後視聴してみましたが、
ん~、GUIがね、見づらい。
番組が探しづらい。
ここはソフトウエアでどーにでもなるから、
ぜひ改良してもらいたいもんです。

でも、これで大雪の日のちらつきともオサラバできるのは
GUIの解りづらさ差し引いても
たっぷりのストレス減ですね~( ^o^)ノ

auひかりにしたものの・・

(2012.3.10)

フレッツ光(100M)からauひかり(1G)に換えて、
10日間ほど経ちました。

img_0

NTTの時は終端装置1台でしたが、
auはONUとホームゲートウエイに分かれています。
HGWは、NECのAterm BL190HWという機種。
この機械、前面にUSBポートがあるので何だべ?と思っていましたが、
ネットで調べると、どうやらここにHDD接続すると
簡易型のNASみたいに使えるとか。
そのうち試してみます。

で、肝心の速度なんですが・・

img_1

なんとこの程度。
う~ん・・
ネットでは200M出たの300M出たのという書き込みも散見されているので
ちょっと不満。
フレッツの時でも70Mは出ていたからなぁ・・。

でも、数値はこの程度なのですが、
体感が明らかに速い。
イメージとしては1.5倍、なので100Mは出ていそうなんですけどね。
まあ、あれこれ調べてみます。

ただ、1番の目的は通信コストは下げたかったので、
それを考えるとまあまあ、かな~。

PR-200NEネット不通の原因はハブか?

(08.11.23)

img_73467_57521457_2

先の通り、また同じ症状が出て、
初期化・再起動しましたが、
ずっとこの「接続回線検索中」のままでした。
24時間放っておきましたが、変わらず。
PR-200NEのランプも、「PPP」だけではなく、ひかり電話も点灯していません。
電話まで使えなくなってしまいました。

そこで思い切ってこの状態のまま電源再投入。
(説明書では、この状態では電源切るな、と書いてありますが、なにも変わらないのでやぶれかぶれ(笑))
そしてまた初期化。

img_73467_57521457_3

あー。設定画面登場。

でも、ISPの設定をしても、接続はできませんでした。一番最初の症状になっただけ。
「未接続(PPPoE相手無応答)」という表記が出ています。フレッツスクエアもつながりません。

さて、この状態で今日またNTT東日本に電話しました。
前回やって、今回やってないことは?と聞かれ、ひとつ思い出しました。今回はハブにつないだまま。前回はPR-200NEから直結して直しました。「では、直結してやってみてください」はいはい。無駄だと思うけど・・

ありゃ、直った・・。

でも、ハブでつないでいたときも他のMacとはつながるし、なんといってもPR-200NEのコントロール画面も出せるし、しかもつながらないときの表記が「PPPoE相手無応答」だし、それでもハブなの???
その疑問をぶつけると
「ちょっと調査して後ほどご連絡しますね」
へー。なんかいい応対。直ったからいいしょや〜!じゃないんですね。

数時間後、連絡が来ました。
「あかさんとこは、かなりのデータ量が動いてますね」
あー。そんなのわかるんだ。
おおざっぱな説明ですが、要はそのたくさんのデータ量のダウン/アップにハブがハングアップ、(Gigabitなんだけどなぁ・・)そこでインターネットでのデータのやりとりに関しては誤作動のような状態になったのでは?というのが今のところの結論。
で、今ウチにあった別のハブ(100Base)でこうしてネットしていますが、いまのところなんともない。

とりあえずはこのまままた様子を見てみます。
次に調子悪くなったら、NTTがウチに点検しに来てくれるそうです。

ネット不通で「PR-200NE」初期化。

(08.11.23)

参りました。昨日までネットがつながりませんでした。

木曜日午前0:30、ネットがつながらなくなり、
放置しておいたら30分後に復活。

金曜日午前0:30、奇しくも同じ時間にネット不通。また30分ほど放置しましたが、復活ならず。

NTTの光電話は使えました。てことは回線ではないLANで他の機器にはつながります。ネットワーク関係やハブでもない。
携帯やEdgeを使って、自分のメールサーバやサイトにアクセスできる、ってことはプロバイダーへの料金未払いでもない(笑)。

残るは、光回線終端装置「PR-200NE」のみ。

電源の再投入や再起動など、あれこれやってみましたがまったくつながりません。
ファームウエアも最新なのに・・。

土曜日、NTT東日本に電話しました。
症状といろいろ試してみたことを話すと、「ISPさんが設定変えたとか、そっちのトラブルでは?」と言いながら、明らかにISPへの料金未払いを疑っています(笑)。
一旦ISPに確認してから、また連絡をくれ、ってことになったので、au-oneに電話。

やはり停められているわけでもなく、仕様の変更があったわけでもなかったので、またNTT東日本へ電話。

あれこれ確認されて、結局は「初期化しないとならんねぇ」となりました。

img_73467_57453351_0

メンテナンス>設定値の初期化>完全初期化の「工場の出荷時に戻す」です。
まっさらになった状態に、またあらためてISPなどの情報を入力、そしてメンテナンス>機器再起動。ふぅ〜。やっとつながりました。

img_73467_57453351_1

img_73467_57453351_2

事例を尋ねると
「他でもまれにありますね」
ということでした。

NTT東日本の技術担当という方は、なかなか対応も良く、「ちょっと違う話なんですけど、ついでにいいですか・・?」と自宅サーバの件でもいろいろと教えていただきました。
なにはともあれ、祝復活。

WZR2-G300NとiMac無線接続。

(08.10.20)

せっかくBUFFALOのAOSSがMacに対応したってことなので、さっそくAOSS利用して接続を試してみました。

実は、ここに写真をのせて書くまでもなく、
ちょー簡単。
WZR2-G300Nに付属のCD-ROMのMacフォルダから「AOSSアシスタント」を起動して、開始をクリック。

img_73467_56991813_0

「本体のAOSSボタンを押せ」と書いてあるので、
そのとーりに。
すると、自動的に・・

img_73467_56991813_1

画面が変わり、設定が始まります。
ところが・・

img_73467_56991813_2

img_73467_56991813_3

エラーです。
・何度かやり直してください。
・近づけてみてください。
・再起動してみてください。
と書いてありますが、すべてやってみたけどダメ。
サイトのサポートを見て、そこに書いてあることをすべて試してみましたが、
やっぱりダメ。
うーん・・日を改めてみるか・・。

とりあえずマニュアルで設定。

img_73467_56991813_4

メニューバーのAirMacを見てみると、
無線は認識しているようです。
各セキュリティレベルの無線がずらっと並んでいました。
このうちからひとつ(私はAESを選びました)選びます。

img_73467_56991813_5

WZR2-G300Nにあらかじめ設定されているAESの「暗号化キー」が必要になりますが、
ブラウザでWZR2-G300Nの設定画面の、
無線設定>AOSSを開けばそこに記載されているので、それをコピー、そして

AirMacの設定画面に戻って「パスワード」の欄にペースト。
なんか、AOSSより簡単だったりして・・(笑)

img_73467_56991813_6

img_73467_56991813_7

これで4台の機器が無線でつながりました。
一番上からVAIO、DS、Wii、そしてiMac。
iMac以外はちゃーんとAOSSでさくさくっとつながりました。

それにしてもiMacでAOSS使えないのは、
ちょっと面白くないなぁ・・。
少し調べてみるかな。

WZR2-G300NアクセスポイントをMacで設定。

(07.10.3)

いやー買っちゃいました、BUFFALOの無線LAN親機、「WZR2-G300N」。

img_73467_56981846_0

ウチではMacは有線LANですが、
VAIOとWii、DSを無線LANで繋いでましたが、
これがみんなセキュリティレベルが違っていて、
いままで(BUFFALO WHR-G54S)は、
同時には認識できなかったりで、面倒でした。
んで、別々のセキュリティレベルの機器を同時に接続できる
このWZR2-G300Nに惹かれました。

それともう一つ、興味を持ったのが設定ツール。
ついに簡単設定の「AOSS」に、Mac対応の設定ツールが出ました。
WZR2-G300NシリーズにはMac用の「WZR2-G300NM」というのがありますが、
おそらく設定ツールにMac用がついてきているだけで、
本体は他と一緒だと思われます。
なので今回購入したのはスタンダード版であるWZR2-G300N。(安売りしてたので)
設定ツールはネットでダウンロードできるし。
とゆーわけで購入しました。

img_73467_56981846_1

・・などと考えてWZR2-G300Nを買いましたが、
開けてみるとMac用の設定ツールの入ったCD-ROMが付属してました!
しかも、取説もWindows用・Mac用両方入ってました!!
じゃあこれって「WZR2-G300NM」の存在してる必要がないんじゃ・・?

とりあえずウチのネットワークに合わせて、
初期設定のIPアドレスをiMac(有線LAN)を使い変更します。

img_73467_56981846_2

img_73467_56981846_3

Macフォルダから「AirStation設定ツール」を起動します。

img_73467_56981846_4

img_73467_56981846_5

AirMacと有線LAN両方が設定されていると、
こういう表示が出ましたが、IPアドレス設定するだけだし、無視して進めました。

設置したAirStationを見つけ出せたら、それを選択。

img_73467_56981846_6

img_73467_56981846_7

IPアドレスを入力で。

設定終了。ありゃ簡単。

VAIOやWii、DSのAOSS設定も
すんごい簡単。
ホントにボタンひとつで、それぞれのセキュリティレベルで
ちゃんと設定できました(当たり前か)。

AirMac VS Ethernet。

(07.10.3)

AirMac(無線LAN)とEthernet(有線LAN)をあらためて比較しました。
前回試したときには、ちょっと古いLANケーブルだったので、今回はカテゴリー6のLANケーブルを用意。さて、再戦です。

あらためて記載すると、我が家のネット環境はBフレッツ光+プロバイダーはdion・・じゃないau-one net。
このiMacのAirMacは「802.11n」規格。
速さは理論値100Mbpsといわれていますが、ウチの無線LANアクセスポイントはバッファローの「WHR-G54S」。ただしこいつは「802.11g」規格なので速さは理論値54Mbpsまでしか出せないんです・・。

img_73467_51257313_0

そんな環境で比較。
「ブロードバンドスピードテスト」を使いました。
AirMac(無線LAN)だと、下りで24M出ています。充分な速度ではあります。ん?上りの方が速いなぁ。
設定を切り替え、Ethernet(有線LAN)で測定。ん!下り58M。今回は満足、納得。
AirMacもったいないけど、Ethernetで使おうっと。
いや、それともアクセスポイントをいっそ「AirMac Extreme」にしちゃおうかな・・。

あ、ちなみに前回と同じくToastのアップグレード(137MB)のダウンロードが、AirMac2分58秒に対してEthernet2分18秒でした。これも満足♪

iMacのAirMacとBroadbandTuner。

(07.10.1)

ネットワークの接続なのですが、LANもいいけど、せっかくAirMac内蔵してるんだから、使わないのももったいない。
ウチの無線ハブ、バッファローの「WHR-G54S」はWiFiのg規格だから、iMacの無線の速さ(n規格)は活かせないけど、それでも不満はないかな?

試しに有線と無線で時間を計りました。
Toastのアップデートをダウンロード。
137MBです。
有線LANだと、2分55秒。
さて、無線LANだと・・2分58秒。
あれ?変わらないや・・。
というわけで、今は無線LANで接続中。
でもちょっと納得いかないので、LANケーブルを新しいものに換えて、また後日やってみます。

img_73467_51218652_0

あとは「BroadbandTuner」。
Power Macの時はけっこう速くなりましたから、またこいつもインストール。あ、上記の結果がBroadbandTunerをインストールした状態です。
アンインストールしたら、3分15秒でした。こいつは効果があるようです。