カテゴリー別アーカイブ: ├iTunes

iTunesのミュージックビデオからお手軽に音楽だけ抜き出す。

iTunesストアで、ミュージックビデオが欲しいけど、
iPodで聴けるように音楽だけも欲しい・・。
MVが400円、曲が250円、両方買ったら650円だもねー。
なんとなーくもったいないような無駄なような・・。

てな時に使う小技。意外と知られていないようで、
ちょっと記載します。
ミュージックビデオのデータがあれば、
音楽だけのデータもお手軽に作れます。
使うアプリはMac標準のiTunesとQuickTimePlayerだけ。
あ、Toast持ってる方はそちら使ったらよりいいかも。

ちなみに今回の私の環境は
Macmini Late2014+OS10.10.5Yosemite、
iTunesはバージョン12.5.5.5、QuickTimePlayerは10.4、
Toastは旧〜いToast9Titaniumです。

ひとまずMVだけ購入。

iTunes内にダウンロードできたら、右クリックでサブメニュー開き、
「Finderで表示」を選択。

表示された動画データ。
再生時間が3分21秒、サイズは45.2MBですね。
このファイルをこのままQuickTimePlayerで開きます。

起動したQuickTimePlayerのメニューバーから
ファイル>書き出す>オーディオのみ
を選択します。

はい出来上がり(^。^)
映像がない分、サイズが45.2MB→6.2MBにもなっちゃいます。
で、これだけではちょっと不具合があるので、それは後述します。

先に、Toastでの方法を。
もしToastがあるのなら、そっちのほうがクオリティ良く抜き出せます。

Toastを起動して、
変換>オーディオファイル
に動画データをドラッグ&ドロップ。

右下の赤いボタンを押すと、保存先を選択する画面が開きます。
この時に、フォーマットも選べるので、お好みのフォーマットで。
私はACCを選択しました。

フォーマット横のオプションを押すと、
ビットレートも選べます。
256kbpsにしました。
これでOKをクリックすれば、あっという間に音楽データとして
書き出してくれます(^。^)

さて、後述すると言っていたもうひと作業。

MVって、曲が始まる前にオープニングがあったり、
曲が終わってからエンドロール入ったりしますよね。
MVから音楽データ書き出しても、その部分の音が入ってたり、
あるいは無音で続いたり、要するにMVと同じ尺で書き出されるんですよね。

なのでその不要な部分を削除(正確には再生しないように)します。
iTunesのカウンタ見ながら一度再生して、何分何秒まで必要なのかをチェック。
確認したら右クリックでサブメニューを出し、「情報を見る」を選択します。

「オプション」を開きます。
これ、3分21秒のMVだったのですが、曲終了後エンドロールが入っています。
曲自体は3分07秒で終わるので、
「停止」にチェックを付けて「3:07」と打ち込みます。
これでこのデータは、iTunesやiPod・iPhoneで聞くときには、
3分07秒で終了するようになります。

これでMVだけ手に入れば、音楽データにも使えますね(^。^)

Apple、iTunesで、読み込むCDのアルバムアートワークやトラック名が取得できない!(CDDBに接続できない)

(2015.7.7)

直後にiTunes12.2にアップデートしちゃったんだけど、
ほんの数日前までiTunes11.×××だったときの事。

音楽CDをMac miniに読み込んで、
iTunesで取り込もうと思ったら・・

img_0_m

(上の画像は、すでに直った後なのでちゃんとトラック名が出ていますが)
トラック名が「トラック1」「トラック2」・・となっていて
ネット上からトラック名の情報を引っ張ることができませんでした。

img_1_m

まあいいや、とiTunesで取り込んでから、
取り込んだ曲を選択して右クリックで
「トラック名を取得」「アルバムアートワークを入手」してみたんだけど、
「cddb(CDデータベース)サーバに接続できません・・」などと表示が出て、
まったく取得できない!!

なんだろなんだろ??
ネットであれこれ検索して、解決法見つけました。

img_2_m

システム環境設定>ネットワークを開き、
右下の「詳細」をクリック。

img_3_m

その詳細の「プロキシ」を開いて、
「構成するプロトコルを選択」の窓、一番上にある
「自動プロキシ検出」にチェックを入れます。
これだけ。

本来ここ何もせずともチェック入ってるハズなんですけどね、
なんの理由か弾みかバグか、
チェックが外れちゃってることがあるみたい。

ともあれ、
見事直ったので良しとしますか・・。

iPodで歌詞表示:(3)iPodに歌詞表示。

(10.1.20)

さて、iTunesの準備ができれば、あとはMacにiPodをつないで同期させるだけ。

img_73467_60857185_0

取り込んだ曲を聴きます。
その最中に、クリックホイールのセンター部分をクリック。

img_73467_60857185_1

クリックするたびに、「シャッフル設定」など、表示がいろいろ変わります。
歌詞が出るまで数度クリックします。

img_73467_60857185_2

出た出た。
さあ、歌いましょう!
ただし、周りの視線に気をつけて下さい(笑)。

iPodで歌詞表示:(2)iTunes+TuneTEXTで自動で歌詞出ない場合。

(10.1.20)

さきほどの環境設定見ると
歌詞のデータは「うたまっぷ」というところからダウンロードしているのがわかります。

img_73467_60855184_3

ただ、iTunesに入れた曲のタイトルとかが、「うたまっぷ」のデータベース上の正式なタイトルと違ったりすると検索できません。
例えば正式なタイトルが「ミーハーのこだわり!!」なのに、
iTunesに入れた曲のタイトルが「ミーハーのこだわり!」だったりすると、TuneTEXTで「うたまっぷ」から探し出せません。

また、「うたまっぷ」のデータベース上にない曲もあるようです。

img_73467_60856710_1

そういうTuneTEXTで歌詞を探し出せないものの場合、
とりあえずテキストで歌詞を用意します。
ネット上で探したり、自力でテキスト打ったり。

img_73467_60856710_2

歌詞のテキストの用意ができたら、DashboardでTuneTEXTを起動。
TuneTEXTの「i」マークをクリックして、タブのエディタをクリック。
そこに歌詞のテキストをコピペします。

コピペした窓の右下の「保存」をクリック。
そして「完了」をクリックして、TuneTEXTの表示画面に戻します。

img_73467_60856710_3

これで歌詞が表示されます。

img_73467_60856710_4

iTunesに入ってる曲にも、歌詞が埋め込まれています。

ちなみに、先にiTunesの曲のデータに歌詞をコピペしても、TuneTEXTに反映されます。
結果的にはどっちも同じ。

iPodで歌詞表示:(1)iTunes+TuneTEXTでカラオケ練習。

(10.1.20)

先日、iPodで歌詞を表示させて歌ってたところ、知人に「どーやんの?!」と聞かれて説明しました。
ダウンロードされてる方も多いと思われるウィジェット「TunesTEXT」を使えばサクサクできるのですが、最近iPod&Macを使い始めた知人は「へぇ~!!」と感動してました。
ちょっとここに書いておきます。

img_73467_60855184_0

まずは「TunesTEXT」をダウンロード。
Appleのサイト>ダウンロード>Dashboardウィジェット>音楽
にあります。

ダウンロードした後、インストール。
Dashboard画面に切り替わり、ど真ん中にTuneTEXTが表示されるので
下右の「保持」をクリック。

img_73467_60855184_1

iTunesで曲をかけている状態で、Dashboardを起動すると、TuneTEXTがインターネットを通して、自動的に歌詞を探してダウンロードしてくれます。

これで、おウチでカラオケの練習もばっちりっすね~。

img_73467_60855184_2

環境設定を確認します。
歌詞を表示している状態で、マウスポインタをTuneTEXTに近づけると、左下に「i」のマークが浮かび上がってくるので、それをクリック。

img_73467_60855184_3

TuneTEXTがめくれ返って、裏にあった(ように見せてる)環境設定が表示されます。
「歌詞をiTunesに埋め込む」にチェックが付いてるのを確認します。
「完了」をクリックすると、まためくれ返って元に戻ります。

ここでiTunesに戻ります。

img_73467_60855184_4

今、TuneTEXTで歌詞を見ていた曲を選択し、
右クリック>情報を見る
を選択。

img_73467_60855184_5

開いたウインドウの上にあるタブの「歌詞」をクリック。
先ほどTuneTEXTによって、データに歌詞が埋め込まれたので、ここにも歌詞が表示されます。
これで準備OK。

iTunesのsenuTi(←あくまでもイメージ)。

(08.4.7)

・・さすがにそうはならないけど、
しょーもない裏技。

img_73467_57331628_0

iTunesのメニューバー左上、
iTunes>「iTunesについて」を開くと、
画面が開き、ライセンス関係の文章がずらずらと
下から上へスクロール。

その最中に、optionキーを押すと、
これが逆回転(上から下)でスクロールします。

img_73467_57331628_1

ちなみに、optionキー押しながら
「iTunesについて」を開くと、
開いたときから、
文章の終わりから下に向かってスクロールする画面になります。

いや、それだけです(^^;

iTunesからMD録音。

(08.4.7)

ウチではまだちょっと事情があって、
MDに録音する必要性があります。

img_73467_54304445_0

家にあるCDのほとんどはiTunesでiMacの中に入ってるし、
それ以外からも入っています。
要するに音楽のほとんどはiTunesで管理されています。
このiTunesからMDに気軽に焼けたらいいのに・・
常々そう思っていましたが、
先日導入したAirMacExpressで、それが叶いました。

今まではiMacに、MDウォークマンを接続して録音していたんですよね。
iMacのある場所とオーディオシステムまでは離れていたもので。

img_73467_54304445_1

今回、AirMacExpressを光ケーブルでオーディオに接続したため、
ウォークマンではなく、オーディオシステムのMDデッキで
録音できるようになりました。
録音はCDからMDに録音するのと同様、何の問題もなくできました。
ただちょっと録音レベルが低いような気がします。

MDデッキ側で調整もできますが、
今回は曲ごとに多少のばらつきもあったので、
iTunes側で調整しました。

録音されたものは、やはりCDから録音したものと同等、とまではいきませんが、
案外いい音がしています。
クリア感が少々足りなく若干こもり気味ではありますが、
このMDを聴く別の再生機(某純正カーオーディオ)を考えると必要充分です。

iTSの認証解除忘れた私に、Appleの温情。

(07.10.16)

やっちまいました。
実は、USBポートの不具合で販売店に引き取ってもらう先代iMacを「iTunesStoreの認証を解除しなければならなかったのを、先代iMacを販売店に引き渡してから気づきました(^^;

金曜日の夜に販売店に引き渡し、家へ帰ってきてからすぐそれに気づいたのですが、時すでに遅し。
そこでAppleのサイトをあちこち見ていると
サポート>iTunesStore>コンピュータの認証という項目にたどり着きました。

img_73467_51490444_0

この項目を一通り読んでみると、要するに「手放すときには、そのコンピュータからiTSにアクセスしてちゃんと解除しとけ」と書いてありました。
ハイ・・。
でも、それを忘れた場合の対処が書いてなかったので、このページの一番下にある「メールサポート」に、ことのあらましを書き込み、フォームを送りました。それが金曜日の夜中です。

翌土曜日の朝10時前には、なんとさっそく返事がきていました。「事情が事情だけに、IDとかパスワードとか教えてくれるなら、今回だけは例外としてこっちで解除したげる」とのこと。
おお〜助かった〜。
(ってか、iMacにトラブルさえなければこんなことにもならなかったんですけどね・・)
↑まあ、この辺の事情を考慮しての対応でしょうね、きっと。
1台分だけ解除というのはできないそうですので、登録してあるすべてのPCをAppleにて一旦解除、その後また登録してください、とのことでした。

IDやパスワード他要求された事項を書き込み返信したのが月曜日のお昼。夜8時に確認したら、
もう解除されていました。
iMacとeMac、G4、VAIOの4台をあらためて登録。無事、元通りになりました。

アートワークをダウンロードさせる小技。

(06.10.23)

自分の持ってるCDから曲を取り込んでiTunesで管理。
同じ曲がiTSで売っていたとしても、アートワークがダウンロードできないことがありますよね。

アートワーク、正確には「アルバムのアートワーク」と言います。
とゆーことで、曲名だけ一致していてもアートワークはダウンロードできません。
iTunes上で言う「名前」(曲名ですね)「アーティスト」「アルバム」の3つの名前の一致が必要なようです。

img_73467_42705204_02006-10-24

例えば私、iTunesにhitomiの「LOVE2000」を取り込んでいます。
iTSでもhitomiの「LOVE2000」は販売している(=アートワークがある)のですが、アートワークがダウンロードできません。
私は「LOVE2000」を、CDの「SelfPortrait」から取り込みました。
でも、iTSにある「LOVE2000」は、アルバム名は「Love 2000 -Single」なのです。

そこで、まずiTS上でアルバム名を確認し
(正確には「Love〈半角スペース〉2000〈半角スペース〉-〈半角スペース〉Single」です)
すでにiTunesに取り込んであるLOVE2000の「アルバム」の部分の名前「SelfPortrait」を、このiTSでの「アルバム」の名前「Love 2000 -Single」に打ち替えます。

これでおっけ。あとは「アルバムのアートワークを入手する」で、ほら、ちゃーんとhitomiちゃんが我が家にやってきました。

アートワークからジャケットづくり。

(05.8.21)

iTMSでのダウンロードでは、きっとたぶんほとんどの方がiPodでその曲を楽しんでいることと思います。ま、私もそーですけど。

でも、CDに焼こうかな、なんて必要もまれにあり、ついでにカッコイイジャケットも・・・あれ?
開かない。

iTMSで曲を買うと、同時にダウンロードされる「アートワーク」、こいつでカッコイイジャケット作ろうと思ったけど、Photoshopで開けないんですよ。
iTunesの「アートワーク」から、デスクトップにドラッグ。んで、そのデータをPhotoshopで開く。これができないんです。
ドラッグしたデータには拡張子がついていないので、いろいろな拡張子をひととおり付けてみて試しましたが、「ドキュメントの種類が適切ではありません」と無情なダイアログが。

img_73467_9690304_02005-08-22

で、違う方法。
iTunes上の「アートワーク」を、直接コピー。
3ボタンマウスなら左クリック、1ボタンならControl+クリックで、コピーを選択します。
んで、Photoshopで新規書類を開き、そこへペースト。うん、これで完璧です。

プリンタ向けに解像度をちょいと上げ、150dpiにしても、サイズは100mm×100mmほど。
なかなか大きなサイズで使えます。

※後日談/アートワークをデスクトップにドラッグ&ドロップしといて、そのファイルをphotoshopで「ファイル」→「読み込み」→「PICTリソース」とすれば、読み込めるようです。