カテゴリー別アーカイブ: アプリケーション各種

MacからInstagramの写真アップをする(Macに仮想Androidを作る)

1:Macでエミュレーター作動のためにVirtualBoxをインストールする

「MacからInstagramの写真アップをする」
http://mac.club16.net/?p=2408
の前書きにある通り、
この長い道のりを順を追って書いてゆきます。

何はともあれ、
まずあらゆる仮想OSのベースとなるプログラム、
「Oracle VM VirtualBox」をインストールします。

01


https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads
にアクセスして
「VirtualBox 5.0.18 for OS X hosts」の
右にある「amd64」をクリックしてダウンロード。

02

 

展開して、
「VirtualBox.pkg」をダブルクリックでインストール。

はい、おしまい。
これは難なくイケると思います。


2:Mac版仮想Androidアプリ「Genymotion」をダウンロードする

Mac版と書きましたが、
正確にはWindows版、Linux版も用意されているスグレモノです。

Mac上で仮想Androidを作動させるために、この
Androidエミュレーター「Genymotion」をインストールしますが、
サイトが英語のみなので、
Google翻訳にも助けてもらってチャレンジです。

11

Genymotionサイトで
https://www.genymotion.com/#!/
まずはID作成します。
右上のサインインをクリック。

12
任意の名前(但し、他のユーザーに使われていないもの)、
Email、パスワードを入力します。
右側はアンケート的なものでしょうから、
てきとーに答えました(笑)

で、下の「Create an account」をクリック。

13
1分ほどで登録したアドレスにメールが来ました。
文中の「Click hear」の部分をクリック。

14
あらためてサインイン。

15
この画面に変わったら、
「Get a license」をクリック。

16
「Individual」タブをクリック。

17
Basicの方の
「Get Started」をクリック。

18
左の
「Download for Mac OSX」をクリック。

19
ふぅ。やっとダウンロードできました。


3:「Genymotion」のインストール、Macで仮想Xperiaの設定をする

いよいよインストールです。
これが済めば全行程の半分くらいは終わることになります。

21
ダウンロードされた「Genymotion」をダブルクリックでマウント、
「Genymotion」と「Genymotion Shell」をともに
アプリケーションフォルダにコピーします。

22
アプリケーション>Genymotionを起動。
「Setting」をクリック。

23

「Account」タブの「Signin」から
IDとパスワードでサインイン。

24
デバイス一覧が登場。
Androidを起動する仮想マシン=スマホの設定です。
「Device Model」から、私はもちろんXperia Zをチョイス。

25
Androidのバージョン違いで2種あったので、
Android4.3を選びました。
で、Nextをクリック。

26

任意の名前にできます。
Nextで完了。

27
ちなみに、完了してから、
右のスパナのマーククリックすると、
カスタマイズができます。
私は、おっかないので、あまり余計なことはしません(^_^;


4:Mac上の仮想Android/Xperiaの日本語設定など

ここは、Androidスマートフォン使っている方なら、
けっこう馴染みがあるでしょう。

31

このままだと使いづらいので、
日本語表記にします。

32

「Setting」のアイコンを探します。
1画面目で見えなければ、マウスのスクロールホイールで
2画面目にスクロールできるので、探してみてください。
(アイコン「Dev Setting」から「Setting」に行く事もできます)

33

Settingの画面から「Language & input」を探します。
私はずっと下の方にありました。

34

あ、コレです。クリックします。

35

次に「Language」をクリック。

36

日本語を選びます。
ずーっとスクロールさせて、一番下にありました・・。

37

お!日本語表記になった!
デフォルト欄のキーボードも、
「Japanese IME」にチェックを入れます。

38

ホーム画面に戻ると、この通り♪


5:MacでGooglePlay使うため「Genymotion ARM Translation」と「Google Apps for Android」をインストール

Genymotionは、デフォルトの状態ではGooglePlayが作動しないそうです。
利権がらみらしいです。
で、それを実現するためには
「Genymotion ARM Translation」

「Google Apps for Android」
という2つのプログラムのインストールが必要となります。

41

まず「Genymotion ARM Translation」。
https://www.androidfilehost.com/?fid=23252070760974384
の「Begin Download」からダウンロード。

42

起動した仮想Android上に、
ダウンロードしたzipファイルを、解凍せずにそのままドラッグ&ドロップ。
OKをクリック。

43

次に出てきたコイツもOKをクリック。

44

次に
「Google Apps for Android」のダウンロード。
http://nelog.jp/how-to-use-google-play-in-genymotion
に行きます。
ここから私は最初、Android4.3用のをダウンロードしましたが
上手く行かなかったので、
Android4.2.1-4.2.2用の
gapps-jb-20130812-signed.zip
をダウンロードして使いました。

こちらも同じく、ダウンロードしたzipファイルを
ドラッグ&ドロップ。
で、この画面が出たら「Next」。

45

次は「Accept」。

46

そしてOKをクリック。

47

ここからしばらく待ちました。

48

おおっ!!
Googleアカウントでログインします。

49

もちろんOK

50

出ましたPlayストア(GooglePlay)!!嬉しいっ!!


6:PlayストアからMacにInstagramをダウンロード、そして設定して使う

さて、あとはインスタ入れて使うだけ・・
なのですが、写真のアップロードにコツがあります。
そこ以外は通常のインスタと同じ使い方。

51

Playストアクリックして、インスタグラム探し出して
ダウンロード&インストール。
ここはスマホと同じ行程ですねー。

52

起動してログイン。
自分のフォロー中のがすぐ出てきます(*´∀`)

53

さて投稿してみましょう。
まず写真のアップロード。
スマホ版と同じく、インスタの真ん中のカメラボタンクリックして、
ギャラリーを選択し、
上部の「ギャラリー」から「その他」を選択。

54

ソース選択の画面が開くので、
「ファイルマネージャ」をクリック。

55

開いた画面上に、アップしたい画像を
ドラッグ&ドロップ。
で、OK。

56

Downloadフォルダをクリックすると、
画面上にドロップした画像が自動的に入ってます。
で、それをクリック。

57

お。表れた。
この後は右上の→で、いつものインスタ通り。

58

スマホとまったく同じですねー。

59

はいできたー\(^_^)/

やー、思いつきから始まったのに、
やっっっっったら遠い道のりとなってしまいました(^_^;
でもなんとか出来たからいいや。
ここまで出来てしまえば、
インスタもMacからさくさくアップできちゃうし、
他にもいろいろ遊べそうなので試してみますー。
お疲れさまでした。

「開発元を確認できないため開けません」と出たら/MacからInstagramの写真アップをする:はじめに

いやはや、初めてみてから
とんでもないことだと気がつきました(笑)

スマホで写真撮るのがあんまり得意じゃなく、
コンデジで撮ることがはるかに多いので、
それをウチのMacからインスタグラムにアップできないのだろうか?
ということなんです。
で、
ネットであれこれ検索して、
「寝ログ」さんというサイト
http://nelog.jp/instagram-upload-for-winvista-win7-win8-mac-linux
にたどり着いて、参考にさせていただいたのですが、
寝ログさんが書かれてから半年以上の間に変わったのか、
あるいはMacだからなのか(寝ログさんの記事はWin向け)、
けっこう違いがあって試行錯誤でした。

今思えば長い道のりなのも当然なんだけど・・
インスタグラムを使いたい

GooglePlayからダウンロードしなきゃ

そのためにはMacでAndroid使えなきゃ

仮想スマホ構築しなきゃ

そのためのプラットフォームを・・
となってゆくわけですよこれが(;´Д`)
まあ、あとから気づいたことなんですけどね(笑)
根が楽天家なもんだから、「お。やってみよーっと」って始めちゃったんですね。

実はもっと簡単にMacからインスタにアップする方法もあって、
有料だとAppストアにアプリがあるし、
無料でもどうやらフリーの簡単設定なアプリがあるようなんですけど、
私は今回のこの方法、「Macからインスタグラムにアップできる」だけじゃなくて
Mac上に仮想スマホ/Androidを立ち上げられるっていうのに惹かれたんですよねー。

わ。文章長くなっちゃった・・
じゃ、まず行程から。
1:「Oracle VM VirtualBox」をインストール。
仮想Androidを構築するための基本プログラムです。

2:ユーザー登録をして、仮想Androidアプリ「Genymotion」をダウンロードする。

3:「Genymotion」をインストール後、仮想スマホの設定をして仮想Androidを起動できるようにする。

4:仮想Androidの環境設定(日本語の設定など)をする

5:Google Playをインストールするために、Googleに「本物のスマホだよ」と思わせるための
「Genymotion ARM Translation」と「Google Apps for Android」をインストールする。

6:Google PlayからInstagramをダウンロードして使う。

なお、私の今回の環境は
Mac mini 2014(OSX 10.10 Yosemite)、
InstagramもGoogleもすでにIDを持っています。

A

その前に・・
いろいろインストールしようとして、
こんなアラートが出たら、

B

Macのシステム環境設定>セキュリティとプライバシー>一般で

C

「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」の部分を
「すべてのアプリケーションを許可」にチェック入れて進めます。

ぼくのかんがえたさいきょうのサイバーダック(遅いMac用Cyberduckを速く!)

覚え書きです。
やー、サイバーダックってなんであんなにトロいんでしょ(;´Д`)
とっても便利ないいアプリなんですけどね、
なんたって遅い。

で、いろいろ調べたり試したりして、
こんな方法を採ってみました。

ちなみに例は、職場のMac。
MacPro8Core(2012)、OS10.6.8(SnowLeopard)、
Cyberduckはバージョン4.0.3
です。

img_0_m

1:転送ウインドウの転送履歴をマメに消す

「転送」ウインドウ内の
転送履歴を選択し、ツールバーの「削除」で、
不要な履歴をマメに削除。

img_1_m

2:メインウインドウの履歴をマメに消す

メインのウインドウの「ブックマーク」ボタンの横の
「履歴」ボタン押して、履歴表示に切り替えます。
表示されている接続先を選択して、右クリックで
「ブックマークを削除」または、ウインドウ下部の
「ー」(マイナス)ボタンで削除。

img_2_m

3:SFTPの方式を変える

環境設定を開く>ツールバーから「SFTP」を選択。
下にある項目「使用する転送方式」を
「SCP(SSHによる〜〜)」にする。

img_3_m

4:接続でシステムのプロシキ使う

環境設定を開く>ツールバーから「接続」を選択。
「システムのプロシキ設定を使用」に
チェックを入れる。

img_4_m

5:転送の設定を変える

環境設定を開く>転送>一般を選択。
ファイルの転送を「ブラウザの接続を使用」
にする。

ただし!「ブラウザの接続を使用」にするとダウンロードは速くなりますが、「転送」ウインドウに履歴が残らなくなります!! 転送ウインドウに履歴残したければ、ここはデフォルトの「新規接続を開く」にしたままでも、他の1〜4まで実行しておけば、けっこう速くなります。(ただし転送ウインドウの履歴も、残しすぎず時々削除しないとねー)

そしてここから、ウラ技ちっくなのですが・・

img_5_m

img_6_m

6:転送ウインドウの履歴、メインウインドウの履歴を、まとめて消す

けっこうごっそり履歴残ってると、
消すのも時間かかるし大変なんですよねー。
そこで・・

起動ディスクのユーザ>ライブラリ>Application Support>Cyberduckフォルダ
に行きます。
そこにある
「Queue.plist」を削除すると転送ウインドウの履歴が、
「History」フォルダ内にあるファイルを削除するとメインウインドウの履歴が、
すべて一気に消去できます。

やってみる方、
保証はしないので自己責任でね☆

 

 

BRAVIAとMac+TVMOBiLiを、iPad/iPodtouch+TVSideViewでコントロールしてMac内のコンテンツを観る。VIDEO_TSもOK

(2014.1.26)

ウチのMac mini(Mid2010)にTVMOBiLiをインストールして
ネットワークサーバとして認識させる日記、
そしてそれ以前に、
ウチのiPadmini(1G)にTV SideViewというアプリをインストールさせて
(今はウチのiPod touch 4G、AndroidスマホのURBANOにもインストール)
BRAVIA KDL-46W900Aをコントロールする日記
を書きました。

img_0

けっこうどちらも使い倒していますが、
TVSideView使ってるとき気づきました。

img_1

左のメニュー開くと、そこには
「コンテンツリスト」という項目があり、そこに
Home networkが表示されてる・・

img_2

そう、TVSideViewで、
TVMOBiLiを、ちゃんとネットワークサーバとして
認識していたんですねー。

img_3

BRAVIA上でつなげた時と同様、
Mac mini内のフォルダが出現。

img_4

見たいコンテンツを選択して、

img_5

BRAVIAをタップすれば、

img_6

それがVIDEO_TSデータでも

img_7

見られちゃいます♪

なんかね、気分は無敵(笑)
要するに、MacにTVMOBiLi、
iPadやiPhone、スマートフォンにTVSideView
それぞれにこの2つさえインストールしておけば、
テレビの前で、Mac内のコンテンツを、
iPodでコントロールしてじゃんじゃん楽ちんに観られちゃうって
ことですね~(^。^)

Mac miniをBRAVIAにネットワーク接続、非対応Mac内の動画や写真を観る

(2014.1.19)

ウチのMac mini(Mid2010)ですが、
AppleTVを導入した日記のページの通り、
Macmini2011年以降から使える「ミラーリング」機能が当然使えません。

また、ウチのBRAVIA KDL-46W900AにWi-Fi Directでつないでも
Mac内のコンテンツが見られるわけでもありません。
(Wi-Fi DirectではBRAVIAもMac miniも認識するし、繋げられるけど、何も出来ない)

Mac mini Mid2010でも、Apple TV経由でiTunesに入ってるコンテンツは
見られるけど、
BRAVIAもせっかくネットワークで繋がってるんだし、
Mac miniん中には、iTunes以外でもいろいろとコンテンツを貯めてあるから、
それをBRAVIAで見られたら・・

img_0

そんなことでネット上をうろうろしてると、見つけました。
TVMOBiLiです。

まとめると、
Mac内のコンテンツをBRAVIAで見る方法は3つ思いつきます。
1:Apple TVを使う(けど、Mac miniなら2011以降)
2:Wi-Fi Directでつなぐ(けど、Mac mini内のコンテンツ見るアプリなどがない)
3:DNLAを利用する。
具体的にはネットワーク経由で、ネットワーク内につながれたNASに保存されたコンテンツを見る。
(DLNA対応のNAS(ネットワーク上につなげるHDD)を購入しなきゃならないし、
そこにコンテンツのすべてを移動させなきゃならないし・・。)

1と2はまず無理。
3の方法を利用したのが今回見つけたこのフリーソフトTV MOBiLi。
コレを使うと、
Mac自体を「DLNA対応NAS」としてBRAVIAに認識させられるのだとか。

img_1

ちょっと前書きがながくなりました。
とりあえずやってみました。
ダウンロードしてインストール。
バージョンは2.1.0.4309でした。

最新バージョンはMavericksにも対応。
MacはどうやらOS10.5Leopardから対応するバージョンがあるようです。
Leopard、SnowLeopard、Lion、MountainLionで使えるみたいですねー。
Windows版もXP、Vista、7、8とあるみたい。

img_2

インストールできたら、TV MOBiLiを起動。
ブラウザが起動して、ブラウザ上で開きます。

メールアドレスやパスワードなどを記入して
右下のNEXTをクリック。

img_3

BRAVIAに読み込ませたいHDDやフォルダなど指定して
はいできあがり。
簡単~。

img_4

読み込ませたいHDDやフォルダの指定を変更・追加したい場合は、
上のメニューから「SETTING」をクリックして画面を切り替え、
「MY FOLDERS」の「ADD」をクリック。

img_5

開いた画面から認識させたいフォルダなどを選択。
ちなみにUSBの外付けディスクは、
「Volumes」から選択します。
TV MOBiLiでの設定はこれで完了。
BRAVIAを見てみると・・

img_6

おお!「TV MOBiLiメディアサーバー」として
認識されてる!!

img_7

設定したフォルダが並んでます。
さらに進むと・・

img_8

おー。
フォルダに入ってる映像コンテンツがずらーり♪

img_9

クリックすれば見られます。

img_10

・・が、見られる形式、見られない形式があって、
例えばiTunesに入ってるムービーは見られない形式だったり。
ま、そっちはAppleTVで見るからいいかー。

見られる形式、見られない形式は
テレビの機能に依存されてると思いますー。

img_11

BRAVIAが対応してる形式なら
はい、無事再生~♪
早送り/戻しもできます~。

Mac版Google Chromeで使えなかったこと。

(09.12.9)

img_73467_60685134_0

Googleのウェブブラウザ、ChromeのMac版(β版)が出たので
インストールしてみました。

img_73467_60685134_2

ダウンロードしたChromeを、
アプリケーションフォルダにコピーするだけで完了。
ブックマークはSafariからインポートできます。

img_73467_60685134_1

ん!普通(笑)。
表示速度もSafariとそれほど変わらない印象です。
最近はどこのブラウザも速いですよねー。

img_73467_60685134_3

新規タブを開くと自動的に履歴が表示されました。
サムネールのプレビュー表示とリスト表示を切り替えられます。

img_73467_60685134_5

firefoxのようにスキンも変更できます。
なにやら一部の方々には魅力的なモノもあるようですね(笑)。

img_73467_60685134_4

ただ、私的に困ったのは、
GoliveやDreamWeaverなどで作ったhtmlファイルを開けないこと。
ホームページ製作後、アップ前には各OSの各種ブラウザでプレビューして確認しているのですが、
Google Chromeでは開けませんでした。

Mac用「Google日本語入力」。

(09.12.6)

話題になってる「Google日本語入力」、さっそくダウンロードしてみました。

img_73467_60664694_0

はてさて、どんなものか・・。
てか、なんかいいネーミングなかったんかなぁ(笑)。

img_73467_60664694_1

インストール完了。ATOKも入っているので、
無難に自分で設定。

img_73467_60664694_2

システム環境設定>言語環境>入力ソースで設定。

img_73467_60664694_3

設定完了。
ATOKほどのカスタマイズはできないけど、
環境設定をいじってみます。
辞書ツールは、単語登録ができます。

img_73467_60664694_4

環境設定。
基本的なものばかり。
必要最小限、っていうか、加不足ナシ。
フリーだし、これで十分です。

img_73467_60664694_5

いろいろ入力してみました。
予測変換の候補がなかなか素早く出てきます。
地元旭川の「あさひかわ」では、医大も。

愛車ホンダインテグラでは、「ほんだい」まで打つと・・
あれっ!?インサイトはわかるけど、インスパイア・・。

img_73467_60664694_6

試しにいろいろ。
エヴァンゲリオンは、「えばん」で
テレビ版、映画版両方とも候補が!
アクエリオンなんか「そうせい」だけで出てきます!

img_73467_60664694_7

調子に乗って超時空要塞マクロスを。
「ちょうじく」までで、
なんと超時空シリーズがずらり!!

え~そんなにマニアックなの?!
ならば・・

img_73467_60664694_10

「らんか」だけで「ランカ・リー」・・

img_73467_60664694_9

では特撮ならば・・
「かめん」で仮面ライダー。素晴らしい。
でも「仮面ライダー電」って?

img_73467_60664694_8

「かめんらいだーだ」では弾鬼まで!
「かめんらいだーあ」ならアマゾンはもとよりアビスも!!

削除データ復旧「DATA RESCUE 2」。

(08.4.13)

買いました、 アイギーグの「DATA RESCUE 2」。

img_73467_54407683_0

幸いにも私、誤ってデータ削除したことはこの9年間で一度きり、HDDの故障等で消失したことは一度もありません。

でも、会社の後輩で先日「データ消しちゃったんですけど・・」と言うヤツが。
会社で買ってもらうためには手続きに時間かかるし、でもそうしているウチにデータ復旧の確率は減っていくし。
・・しゃーない。
自腹切りました。ま、ひとつ持っていれば安心だし。それに、その機能もどれほどのものか興味あったし。

候補は
act2の「テックツールプロ4.6」、そしてこの
そしてこのアイギーグの「DATA RESCUE 2」なのですが、
サイトで見て「テックツールプロ4.6」はすぐに使えない、とわかりました。
というのも、現段階で今年1月発売のMacProには対応していないとのこと。
なので必然的に「DATA RESCUE 2」購入となりました。

アイギーグのサイトから購入しようと思いましたが、AppleStoreにもしあれば、そっちにはカード情報等登録してあるのでラクだな〜と
探してみたところ、おおーありました。
しかもアイギーグサイトから購入→15750円、
AppleStoreから購入→12810円なので、即AppleStoreでポチッとしました。

img_73467_54407683_1

昨日商品が届きましたが、実際の使用は明日会社で。
でもちょっと気になって、
ウチのiMacで起動してみました。
DATA RESCUEのCD(DVDではないんですね〜)からも起動できるというので、
とりあえず起動してみましたが・・
なんと起動までに10分弱かかりました(^^;

まあ、こっちのミスで無くしたデータをサルベージしてもらうんだから、
そのくらいは我慢しなきゃならないのかな。

キャリブレータで液晶のCMYK。

(06.10.26)

CRTと違い、液晶はなかなかCMYKな色がでませんねー。
会社で液晶(三菱RDT202H)にして8ヶ月、やっと買ってもらいました、キャリブレーター。
「Eye-One Display2」とゆーやつ。
http://www.i1color.co.jp/
さんきゅっぱ(39800円)という、キャリブレーターとしては安物の部類。
さてさて、いかがなものかと・・。

img_73467_42831255_02006-10-27

付属のCD-ROMからアプリケーションをインストール。測定器はUSBに接続し、モニタにぶらさげます。
アプリケーションを立ち上げ、スタート。
購入元から教えられた基本データをいくつか入力し、あとは画面の案内に従って調整していくだけ〜。
カンタンカンタン。そして不安(笑)。
あんまり簡単なので、効果あるのかいな?と疑ってしまいます。

とりあえず出来上がったプロファイルを保存し、Illustrator起動してCMYKのデータを開いてみると・・おお!なるほど全然いいっ!!

白い部分は赤みがかっていますが、M+Yは随分よくなりました。液晶特有の「蛍光っぽいRGBな赤」ではなく、印刷の赤に近くなりました。
Cも、水色みたいだったシアンから、落ち着いた深いシアンに。
安くてお手軽なんだけど、意外と使えますコレ。

ちなみに、ちょっと測定器をひっくり返してみたら、小さい穴が4つ。
よーく覗くと、中には青・赤・黄・黒(?)のレンズっぽいものが。
うーん、ばらしてみたい・・。

M社OTF「Pro」と「Pr5」。

(06.5.12)

某M社のOpenTypeFont。
この中に、同じフォント名で、名前の後半だけが、「Pro」と「Pr5」という2種類存在するのがあります。(例えば「A-OTF Shin Go Pro」と「A-OTF Shin Go Pr5」とかね)

img_73467_35454102_02006-06-25

この2つの違い、納められている(使える)文字(漢字や記号)の数で、
Pro仕様は15444文字、
Pr5仕様は20317文字(JIS第3・第4水準含)が納められているんだそーで。
ならば、FontはすべてPr5仕様を使えばいいのですが・・

先日、某M社が来社した時に、M社の持ってきたMacを見てみると、なんと「〜Pro」と「〜Pr5」の両方がインストールされてるっ!

聞くところによると、「Pro」と「Pr5」は、JISの文字コード(配列)が若干違うのだそーです。ですので、「Pro」でつくったドキュメントの文字を「Pr5」で置き換えると、文字化けの可能性があるんだそうで。
こんな重たい書体、両方入れておかなきゃならないなんて・・。どーにかならなかったんですかね〜。