カテゴリー別アーカイブ: Mac OS

Macmini(Early2009)をBRAVIAで。テレビとの接続はオーバースキャン/アンダースキャンの設定を。

引っ越しと同時にウチにやってきた
Macmini 2GHz(Early2009)。
VPAM256MB、メモリ4GB、起動もHDDだし、
今の私が使うマシンとしてはスペックが少々心許なく、
さてどうしようかと考えて、

リビングでテレビにつなげ使うことにしました。
以前使ってたApple TVはこれにて物置行き(笑)

てことでAVラックにMacminiも入れました。
かなりの違和感・・。

そうなると
マウスもキーボードももちろんBluetooth。

BRAVIAの入力切り替えて・・

はいこの通り。

接続はミニDVI→HDMIの変換ケーブルを利用しています。
音声はAVアンプにデジタル接続です。

ただ、Macの画面、
BRAVIAの画面より少し小さくなって
周りが黒くなっちゃうんですよね。

こんな時は
システム環境設定>ディスプレイ>
オーバースキャンのチェックを付けます。

テレビとつなげた際の
オーバースキャン/アンダースキャンに関しては、
Appleのサイトにも記載があります。
https://support.apple.com/ja-jp/HT202763

チェック付けると、この通り・・ってわかりづらいすね(^_^;

Macminiのスペックです。

ついでにこんなのも。
BRAVIAに取り付けてある録画用HDDを
背面に背負わせました。
タイラップでがっちり固定。

スッキリといい感じ。
通常はまったく見えません。

Macmini(OS10.12 Sierra)に、OS10.10 Yosemiteをインストール。

どんどん壊れてゆく職場のMacPro2008・・。
もう8〜9年になりますからねー。

だいたいはグラフィックカードがダメになります。
自宅ならウラ技も使いますが
MacPro Early2008で、GeForce GTX750Tiを動かす!
職場のは原則として純正パーツで直します。
で、もうMacPro2008用の純正グラフィックカードはないんですよね。

なわけで入れ替えは、高い高い現行MacProはムリムリ。
Macminiに切り替えます。
まあDTPならパワーは充分。

Macmini(OS10.12 Sierra・256SSD・メモリ16GB)を2台購入しましたが、
Macminiって
Macmini 2014(OS10.10 Yosemite)の頃からマシン自体は変わっていないんですよね。

まずは初期化。
一昨年購入したMacmini 2014(Yosemite)に、
今回購入したMacminiをThunderboltでつないで、ターゲットディスク起動。

初期化してあらためてOSインストール。

OSは、USBメモリに作ってあったインストーラーから。
Mac OS Lion/MountainLion/MavericksのインストールUSB作り。もちろん起動ディスクにも

気づきました?

今回購入したMacmini(OS10.12 Sierra)に初期化インストールしたOSは、
OS10.10 Yosemiteなんですねー。
使うアプリケーションの関係上、Sierraより前のOSの方が都合よかったので。

2016年に買ったこのMacminiも、
やはりMacmini 2014からどこも変わっていないってことですねー。
お陰で助かったけどね。

 

MacのTimeMachineをゴミ箱に→削除できない!

やーやってくれましたよ後輩ちゃん(;´Д`)
TimeMachineでバックアップ取っていますが
「HDDが一杯です」の表示が出たから、と
TimeMachineに入ってゴミ箱に入れちゃった・・。
ほっといても古いデータから消してくれるのに・・。

で、ゴミ箱に捨てたTimeMachineのデータって、
「ゴミ箱を空にする」で削除できないんですよね。

てなわけで、ターミナルの出番。

01

アプリケーション>ユーティリティ>ターミナルを起動。
そこに
cd /Users/ユーザ名/.Trash/

と入力。
最後の/の後ろに半角スペース入れます。
で、ENTERキーまたはRETURNキーを押す。
すると、勝手に文字列がちゃらっと書き込まれてゆきます。

そしたら次に

sudo rm -rf

と入力。
同じ様に最後のrfの後には半角スペースを入れます。

02

次に、ゴミ箱から削除したいファイルを、
このターミナルの画面上にドロップして、
ENTERキーまたはRETURNキーを押す。

03

すると、パスワード要求されるので、入力。
んで、ENTERキーまたはRETURNキーを押す。一度だけね。

そしてしばらく放置。
けっこう時間かかります。
フォルダ4つで1時間半〜2時間くらいかかったかなー。
でも、きれいになくなりました(^。^)

「開発元を確認できないため開けません」と出たら/MacからInstagramの写真アップをする:はじめに

いやはや、初めてみてから
とんでもないことだと気がつきました(笑)

スマホで写真撮るのがあんまり得意じゃなく、
コンデジで撮ることがはるかに多いので、
それをウチのMacからインスタグラムにアップできないのだろうか?
ということなんです。
で、
ネットであれこれ検索して、
「寝ログ」さんというサイト
http://nelog.jp/instagram-upload-for-winvista-win7-win8-mac-linux
にたどり着いて、参考にさせていただいたのですが、
寝ログさんが書かれてから半年以上の間に変わったのか、
あるいはMacだからなのか(寝ログさんの記事はWin向け)、
けっこう違いがあって試行錯誤でした。

今思えば長い道のりなのも当然なんだけど・・
インスタグラムを使いたい

GooglePlayからダウンロードしなきゃ

そのためにはMacでAndroid使えなきゃ

仮想スマホ構築しなきゃ

そのためのプラットフォームを・・
となってゆくわけですよこれが(;´Д`)
まあ、あとから気づいたことなんですけどね(笑)
根が楽天家なもんだから、「お。やってみよーっと」って始めちゃったんですね。

実はもっと簡単にMacからインスタにアップする方法もあって、
有料だとAppストアにアプリがあるし、
無料でもどうやらフリーの簡単設定なアプリがあるようなんですけど、
私は今回のこの方法、「Macからインスタグラムにアップできる」だけじゃなくて
Mac上に仮想スマホ/Androidを立ち上げられるっていうのに惹かれたんですよねー。

わ。文章長くなっちゃった・・
じゃ、まず行程から。
1:「Oracle VM VirtualBox」をインストール。
仮想Androidを構築するための基本プログラムです。

2:ユーザー登録をして、仮想Androidアプリ「Genymotion」をダウンロードする。

3:「Genymotion」をインストール後、仮想スマホの設定をして仮想Androidを起動できるようにする。

4:仮想Androidの環境設定(日本語の設定など)をする

5:Google Playをインストールするために、Googleに「本物のスマホだよ」と思わせるための
「Genymotion ARM Translation」と「Google Apps for Android」をインストールする。

6:Google PlayからInstagramをダウンロードして使う。

なお、私の今回の環境は
Mac mini 2014(OSX 10.10 Yosemite)、
InstagramもGoogleもすでにIDを持っています。

A

その前に・・
いろいろインストールしようとして、
こんなアラートが出たら、

B

Macのシステム環境設定>セキュリティとプライバシー>一般で

C

「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」の部分を
「すべてのアプリケーションを許可」にチェック入れて進めます。

Mac OS Lion/MountainLion/MavericksのインストールUSB作り。もちろん起動ディスクにも

(2014.1.12)

この年末年始で、
知り合いのと職場のと、合わせて4台のOSインストールをしました。
なぜかすべてMacmini(笑)
3台にMavericks、
1台にLionを入れました。

その都度、ダウンロードしてインストールしていたから
効率が悪い悪い。
こういった時のためにも、
改めてインストールUSB作りました。
その覚え書きです。

img_7

MountainLionのインストールUSBは以前にも作っていて、
LionとMountainLionはその作り方は同じ。
この2つはさくさくっと作っちゃいました。
こちらです>MacOS10.8MountainLionのインストール(起動)ディスクをUSBフラッシュメモリで。

img_8

MavericksはどうやらインストールUSBの作り方が違うらしいです。
ネットでいろいろ調べて、あれこれ参考にしました。

Lion/MountainLionのように「ディスクユーティリティ」ではなく、
「ターミナル」を使います。苦手なんだよなぁコレ・・。
アプリケーション>ユーティリティ>ターミナル
にあります。
なにはともあれ起動。

で、ここに命令を打ち込むのですが、
どんな意味かは知る由もなく(笑)。
コピペですー。

$ sudo sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia –applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app –volume /Volumes/Untitled

最後の「Untitled」は、
Mac miniのUSBポートに差し込んでデスクトップ上に現れた
USBメモリの名前にします。

img_9

すると、「パスワード入れろや!」って言われますので、
ユーザー(管理者)のパスワード入れます。
あ、入れてもパスワードは表示されませんから~。

img_10

「準備できたから、yキー押して、リターンキー押せや!」
と言われましたので、
「y」キー、そして「return」キーと押します。

img_11

あわわわ・・
なにやら始まりました。

この画面のまま待つことしばし・・
(40分くらいだったかな)

img_12

おおっ。
「complete」って表示が出てきたってことは出来たっちゅーことらしい!

img_13

うんうん。完成。
ちゃんとUSBメモリからの起動も出来ました~。

ウチのMac miniも、OSX10.9「Mavericks(マーベリックス)」

(2013.12.17)

アプリケーションの検証がおおむね済んだので、
ウチもようやくOSをアップデートして
OSX10.9「Mavericks」にしました。

img_0

さまざまなインプレッションが既出ですが、
私はスマホが「iPhone」ではないので、
あんまり恩恵はないのかな、と。

img_1

デュアルモニタの設定の一部が
mission controlにあったりと、
解せない部分もありますが、

img_2

Finderがタブで開けるようになったのは
有用ですねー。

あと、Finder操作や、
プリインストールされてるようなAppleのアプリ
(テキストエディットやSafari、Mailなど)は
おおむね操作が軽快になってますね。

img_3

キーチェーンは
iCloudに統合されたのに、
アプリケーション>ユーティリティにも
「キーチェーンアクセス」が残ってるんですね。

Mac・QuickTimeでデスクトップを動画キャプチャ(録画)

(2013.3.22)

どうしてもデスクトップ上の動きをキャプチャする必要があって、
ネットでフリーソフト探したんですけど・・
なんと、標準で入ってるQuickTimeでできちゃうんですね~。
Mac+MountainLionずっと使ってるけど、知らなかった・・。
(てか、今日までキャプチャする必要もなかったんですけどね)

img_0

QuickTimePlayer起動して、
メニューバーから「新規画面収録」。

img_1

するとコントローラー起動。
右の▼クリックすると、細かいオプションが選択できます。
真ん中の赤い●が録画スタートボタン。

img_2

さらにウインドウが開きます。
「収録を開始」で、デスクトップ上の動きを録画。

img_3

録画を開始すると、
邪魔にならないよう、ちゃんとコントローラーは消えてくれます。
録画終了は、メニューバーの「■録画を停止」で。

MacOS10.8MountainLionのインストール(起動)ディスクをUSBフラッシュメモリで

(2013.2.21)

まー今さらですが・・
この前のSSDのトラブルがあったので、
あわててOSのインストールディスク作りました。
DVDとかの、もはやあの遅い起動・インストールには
耐えられなくなっちゃったので、
8GBのUSBフラッシュメモリに作りました。
ま、780円だったし。もう充分安いですね~。

img_0

AppStoreからダウンロードしたMountainLionは
起動ディスク>アプリケーション>OS X Mountain Lion インストール
にあります。
コイツを選択して右クリック→パッケージの内容を表示。

img_1

で、
起動ディスク>アプリケーション>OS X Mountain Lion インストール
>Contents>Sharedsupport>InstallESD.dmg
とたどっていきます。
んで、このInstallESD.dmgをダブルクリックして、
デスクトップ上にマウントさせます。

img_2

この先は、「ディスクユーティリティ」を使っての作業。

インストールディスクとなるUSBメモリを
ディスクユーティリティの「消去」を使って
「MacOS拡張(ジャーナリング)」でフォーマットしておきます。

それから今度は、
「復元」をクリック。左側の窓から
ソースにMac OS X Install ESDをドラッグ、
復元先にフォーマットしたUSBメモリ
(私の場合は「MountainLion_disk」という名前にしました)をドラッグ。

で、右下の復元をクリックすると・・

img_3

できますたー♪
かんたんかんたん♪
もちろんコイツから起動もできます。

img_4

インストールも問題なし~。
しかも早い!780円のUSBメモリでも(笑)
DVDより遙かに早いですね~。

 

MacOS、メモリスロットユーティリティ & CoreServiceの中身

(2013.2.13)

職場のMacProにメモリ追加しましたが・・

img_0-1

MacOSに「間違ってんぞ!」と怒られました・・。
メモリ追加して、MacPro(SnowLeopard)起動した直後に、
自動的に「メモリスロットユーティリティ」が立ち上がり、
診断してくれます。

この後、「推奨構成」の通りに入れ直して解決です。

で、このアプリケーションがあるのが
システム>ライブラリ>CoreServiceの中です。

img_1

実はここには、普段目にしないアプリケーションが
いろいろと入ってるんですねー。
さっきの「メモリスロットユーティリティ」もありました。

システム環境設定で表示される項目も、
ここにたくさんあります。
もちろん直接ココから起動できます。

必要なときに自動で起動するようなアプリ、
「アーカイブユーティリティ」や
「ネットワーク診断アシスタント」、「画面共有」
なんかもココにあります。

img_2

あと、この
システム>ライブラリ>CoreServiceの中にある
「MenuExtras」というフォルダの中には、
ダブルクリックすると画面上部のメニューバーに追加できる
項目が詰まっています。

私が必ず使うのがココにある「Eject.menu」。
ディスクドライブに入れたCD/DVDの出し入れ(トレイの開閉)を
ココでできます。
普段はキーボード上のイジェクトボタンで問題ないですが、
メニューバーで開閉できるのは、マウスでの作業中には便利です。

img_3

まして、ウチのMac mini(MountainLion)は内蔵ドライブの他に
外付けドライブもありますので、
複数のディスクドライブ接続しているときには必須の機能。

あんまり目にしないフォルダですが、
けっこういいもん、いろいろ入ってます(^。^)