カテゴリー別アーカイブ: ├Mac mini

Macmini(Early2009)をBRAVIAで。テレビとの接続はオーバースキャン/アンダースキャンの設定を。

引っ越しと同時にウチにやってきた
Macmini 2GHz(Early2009)。
VPAM256MB、メモリ4GB、起動もHDDだし、
今の私が使うマシンとしてはスペックが少々心許なく、
さてどうしようかと考えて、

リビングでテレビにつなげ使うことにしました。
以前使ってたApple TVはこれにて物置行き(笑)

てことでAVラックにMacminiも入れました。
かなりの違和感・・。

そうなると
マウスもキーボードももちろんBluetooth。

BRAVIAの入力切り替えて・・

はいこの通り。

接続はミニDVI→HDMIの変換ケーブルを利用しています。
音声はAVアンプにデジタル接続です。

ただ、Macの画面、
BRAVIAの画面より少し小さくなって
周りが黒くなっちゃうんですよね。

こんな時は
システム環境設定>ディスプレイ>
オーバースキャンのチェックを付けます。

テレビとつなげた際の
オーバースキャン/アンダースキャンに関しては、
Appleのサイトにも記載があります。
https://support.apple.com/ja-jp/HT202763

チェック付けると、この通り・・ってわかりづらいすね(^_^;

Macminiのスペックです。

ついでにこんなのも。
BRAVIAに取り付けてある録画用HDDを
背面に背負わせました。
タイラップでがっちり固定。

スッキリといい感じ。
通常はまったく見えません。

Macmini(OS10.12 Sierra)に、OS10.10 Yosemiteをインストール。

どんどん壊れてゆく職場のMacPro2008・・。
もう8〜9年になりますからねー。

だいたいはグラフィックカードがダメになります。
自宅ならウラ技も使いますが
MacPro Early2008で、GeForce GTX750Tiを動かす!
職場のは原則として純正パーツで直します。
で、もうMacPro2008用の純正グラフィックカードはないんですよね。

なわけで入れ替えは、高い高い現行MacProはムリムリ。
Macminiに切り替えます。
まあDTPならパワーは充分。

Macmini(OS10.12 Sierra・256SSD・メモリ16GB)を2台購入しましたが、
Macminiって
Macmini 2014(OS10.10 Yosemite)の頃からマシン自体は変わっていないんですよね。

まずは初期化。
一昨年購入したMacmini 2014(Yosemite)に、
今回購入したMacminiをThunderboltでつないで、ターゲットディスク起動。

初期化してあらためてOSインストール。

OSは、USBメモリに作ってあったインストーラーから。
Mac OS Lion/MountainLion/MavericksのインストールUSB作り。もちろん起動ディスクにも

気づきました?

今回購入したMacmini(OS10.12 Sierra)に初期化インストールしたOSは、
OS10.10 Yosemiteなんですねー。
使うアプリケーションの関係上、Sierraより前のOSの方が都合よかったので。

2016年に買ったこのMacminiも、
やはりMacmini 2014からどこも変わっていないってことですねー。
お陰で助かったけどね。

 

Mac miniでAirPlayトリプルディスプレイ(BRAVIA)やってみる。

(2015.7.14)

img_0_m

ウチのMac mini Late2014(Yosemite)
通常はデュアルディスプレイで使っています。

テレビのBRAVIAとは、
Apple TV介してつないでいますが、ほぼiTunesのMV観る時用。
そういや、AirPlayでふつーのディスプレイとしても
テレビにつなげるんだっけ・・とふと思いだし、

img_1_m

拡張でちょいと接続してみると

img_2_m

↑ディスプレイ1

img_3_m

↑ディスプレイ2

img_4_m

↑んでBRAVIA

あ。一応使えますね。
ふつーに作動しました。
使いづらいけど。

でもね、この状態でYouTubeなど動画再生したら、
その再生しているモニターが激重!
マウスがカクカクってなりました。

ま、いずれにせよ2つのモニター+BRAVIAで拡張デスクトップなんて
使う機会きっとないでしょうけどねー。

 

 

Macminiが終了(シャットダウン)しないトラブル。Late2012+Mavericks、Late2014+Yosemiteで

(2015.1.28)

職場にあるMac mini Late2012(Mavericks)ですが、
購入当初からトラブルがあります。

img_2_m

終了しないんですよ。

終了を選択すると、
画面が白くなって、例の「くるくる」カーソルも出ず、
そのまま。

白い画面にポインタだけ見えてて、
マウス動かすとポインタは動くんですよねー。
なのですべてがフリーズしてるわけじゃないのですが・・。

そのまま朝までほっといても、
やっぱり終了してない。
画面が真っ白のまま。

HDDを初期化して2度ほどOS(Mavericks)を再インストールしてみたけど
変わらない。

結果、いろいろ試してみると、
USBでつながったIOデータの外付けHDDを外すと、
ちゃんと終了できたんです。
今は、
そのHDDをアンマウントしてから終了させています。
なんだろなー・・相性かなー。
数台同じ組み合わせでLate2012あるけど、
この個体だけなんだよな・・。

img_3_m

なんて考えてたら、
先日買ったウチのMac mini Late2014(Yosemite)にも
異変が。

Macを終了、
一旦画面が真っ暗になりますが、1秒ほどでまた画面が立ち上がり、
上記のようなアラートが出ます。
終了しないんですよ~~(ー ー;

でもね、終了するときもあって・・。

で、気づきました。
iPodnano(4G)です。
こいつ繋いでiTunesと同期、そのままMacと繋がったまま
充電状態でMacを終了させようとすると、
この症状が出ます。

iPodnano外したら、問題なく終了しました。

どうやら近年のMac mini(またはOS)は、
外付けのストレージと、なにやら相性がいろいろとあるようですね。
(個体差ありますけどね)

 

Mac mini Late2014(CTO)、ぽち

(2015.1.20)

なんか今使ってたMacmini(Mid2010)買ったときも、
年末にアップルストアでぽちっとしちゃったんだよなあぁ。

img_0_m

で、昨年末も4年ぶりのぽちっ。
やってきたのは1/8。
先週末やっとセッティングができました。

img_1_m

またもや
Macmini(Late2014)です。

img_2_m

昨年末出たときにね、
「QuadCoreがない」「スペックダウンだ!」などと
ネットで叩かれてましたが、
まあ、私もソコ引っかかったんだけど、
いいよね。うん。

img_3_m

Mac mini自体はちっちゃいので問題ないけど、
キーボードが3台はけっこう手狭ですね。

img_4_m

今まで使ってたMacmini(Mid2010)はCore2Duoの最終型。
でもね、SSDへの改造で、普段使いはまったくストレス感じません。
SSD効果って、思ってた以上にスゴいよね(^_^)

img_5_m

今回買ったMacmini(Late2014)は
オプション(CTO)で、メモリを16GBに、
内蔵ディスクを256GBのSSDにしますたー。

検証しながら使い倒していきますぞ(^_^)

 

Macmini2007の分解だけ、とりあえず

(2013.8.25)

ウチにまたぽんこつMacがやってきました。
初のMacmini、おそらく2007という分類のものだと思われます。

img_0

実はこのカタチのMacmini、開けるの初めてなんですよねー。
んで、必要な道具(ヘラ)とかは
友人のmini職人のshuから借りました。

ホントはキズ防止のため、
直接ヘラ刺さずに、
クリアホルダーみたいなものを当てるといいらしいのですが、
なんたってポンコツなので気にしない。

img_1

左右にヘラが刺されば、上手く刺されば、後は簡単。
ちょっとヘラで持ち上げれば、「かぱっ」と中央部が持ち上がります。
けっこうあっけないですねー。

img_2

この後、電源につないで
起動ボタン押してみましたが、無反応。
まったく通電しませんねー。
さて、どうしようか・・

Macmini、サクッとメモリ交換&増設

(2013.6.14)

ついに職場にもMacminiがやってきました。

img_0

2.3GHzクアッドコアのCorei7。
MountainLionは仕事でちょっと使いづらいんですけどね、ウチの職場の環境だと。
(特にネットワーク、NAS、データベースサーバの関係で)

img_1

パワーボタンが後ろはなぁ・・。
ま、しゃーない。
各種ポートは仕事でも充分。

img_2

さて、メモリ増設。
標準2GB×2、計4GBから、
4GB×2の8GBに増設します。

img_3

けっこう固いウラ蓋をなんとか外して、

img_4

付いていたメモリを外します。
ちょっともったいない気もする・・。

img_5

新しいメモリをパチパチっと入れて完了。
簡単です。

ギリギリ値上がり前に買ったこのMacmini、
DTPならばMacPro2008に引けを取らない仕事っぷり。
進化ってすごいです。
ただ、HDDが2.5インチ5400rpmなので、
HDDに依存している動作(アプリの起動とか)はちょっぴり待たされます。
でもCPUに依存する動作(Photoshopのフィルタとか)は早いですね~。

Mac mini(Mid2010)、起動ディスクをSSDに換装!

(2013.1.1)

ウチのMac miniもかれこれ2年半、
まわりが速くなると、相対的に遅く感じてきます
・・てか、遅いっす(笑)

Core2Duo 2.4GHz、8GBメモリ、VRAM256MB。
OSは10.8-MountainLion。(デュアルモニタ使用)
一番のネックはVRAMなんですけどね~どうしようもない。
まーそのうちIVYBridgeのMac買うまで、
少しでも快適に使いたい。

img_0

てなわけで買っちゃいました、SSD。
起動ディスクの2.5インチ320GB・5400rpmの内蔵HDDを
SSDに換装すれば、少しは快適になるだろう、と。

職場でMacBookAir使ってますが、それがSSDで、
Core2Duoながら非常にさくさく動くんですよね~。
で、いつかはウチのMac miniもSSDに・・と
虎視眈々と価格動向見ていましたが、
ここのところ128GBのSSDが1万円をがんがん切ってるようなので、
イッちゃいました。

img_1

いつものDO-MUか、VintageComputerかで迷いましたが、
VintageComputerでは作動確認が明記されていたので、
SSD初換装、てかMac mini初改造でリスクの大きい今回は
安全策をとってVintageComputerで。
こちらの商品にしました。
SOLIDATA X8 2.5インチ SATA 3.0 SSD 120GB。
本体7980円、海外からの発送なので送料加えると10099円になります。

img_2

さっそく裏蓋をあけ、取りかかります。
ほこりがついていたので、ついでに大掃除。
でも、2年半にしては意外と汚れていませんでした。

img_3

最初に、すべてのビス(ねじ)は6角星形のトルクスドライバーが必要です。
かなり細いものもあります。

まずビス4本でAirMacのアンテナを外します。これは簡単。

img_4

さらにビス4本で、冷却ファンとその横のカバーを外します。

img_5

ここで、ホントはアルミの筐体から、
ロジックボードを引き出してHDDを外す・・ハズなのですが、
ロジックボードがぜんぜん出てこない!
なにかコツがあるのでしょうか・・
でも、ちょいと力業で、くいっくいっと
少しずつ少しずつHDDを引き出してみたら、外れてきました。
HDD自体はねじでは固定されていません。

img_6

両面テープで貼られている防護フィルムを丁寧にはがし、
SATAのコネクタを外し、
両面テープでついてる(たぶん)温度センサー2コを外し、
HDDを取り出しました。

img_7

HDDは我が国が誇る東芝製♪

img_8

逆の手順でSSDを装着。
高温にはならなそうだけど、一応温度センサーも、HDDの時と同じ位置に
ペタペタっと。

img_9

ナニが大変かって、このAirMacのアンテナが、なかなかきっちり入らない!
こんなとこで躓くとは・・。
くいくいっとはめながら、最後は力業で「がちっ」といいながら
はまりましたが。

img_10

システムはTime Machineでバックアップしてあるので、
結線してとりあえず起動。
するとインターネット経由でOSXユーティリティってのが表示されます。
今はこんな時代なんですねー。

img_11

SSDをまずフォーマットし、
Time Machineからインストール。

img_12

軽く感動~。
私の使い方だと、起動ディスクは120GBもあれば充分。
まだまだ45GBも空きがあるので、仮想メモリで使われても余裕でしょう。

HDDからの起動は、
起動ボタン押し~4台すべての外付けHDDマウントまでの時間で、
約210秒(2分50秒)でしたが、
SSDに換装してからの起動だと、なーんと
約37秒!
すばらしい!!
アプリケーションの起動や切り替えも速く、
なかなか快適です。

懸念されるのは
耐久性(寿命)。いわゆるSSD=メモリの書き換え限度ですが、
こればっかりは使ってみないとねー。
ま、Time Machineもあるので、最悪の事態は回避できるでしょう。

 

ガラステーブル補強でMacminiにマルチモニタ。(by shu)

(2011.5.10)

もう何度も登場している友人のshu、今回は
2台のMacminiにモニタが3台になったためガラスデスクをチューン(?)しなきゃならなくなったようです。

以下、shuからのレポートです。

===========================

ゴールデンウィークセールで…

IO-DATAのLCD-MF221XBR(21.5インチ1920×1080)ってゆうモニタが15,800円

img_0

おぉっ安すぎる!!

っということで3個目、買っちゃいました。

でもどうやって設置するか…
他の2台は、しょぼいパソコンデスクのフレームにアームで付けちゃってるし
あとは壁につけるか、天板にクランプで付けるしか無い
でもガラス天板…

img_1

img_2

で考えた結果がこれ

UNITCOMのUNI-LCD-ARM01ってゆうクランプ式のアーム…2,980円 安っ!!
600mm×150mm×15mmの木の板を二つに切ってもらって…678円
300mm×100mm×3mmのアルミ板2枚…1,396円
300mm×300mm×3mmのゴムシート…598円
50mmアルミ製クランプ2個…396円

こんなんで耐えられるかな

img_3

一応、角も落としてガラスへの負担を分散???

img_4

できたぁ

って…
株でもやるっ?

===========================

ホント、株やる雰囲気・・。

私もMacやモニタが複数台になってきたときに、
デスクを改造してるんですよねー。
3台以上になると、通常家具店の店頭にある既製品では対応できないから
自分の使いやすいようにしたいのなら
何か手をかけなきゃならなくなりますねー。
私も以前天板丸ごと作り直してますからね~。

Mac mini、メモリ8GBに。奥までしっかり挿しましょう。

(2011.3.28)

Macmini用4GBメモリ、DO-夢で今6480円なんですよね~。
一昔前じゃ考えられない。4GBが1万円をはるかに下回るだなんて・・。
価格動向見てたら、今が底値なのかな?とも思えたので
(これより下がっても、1000円未満じゃないのかなぁ?)
今回購入しました。

今までは1GB+4GB=5GBでした。
この、標準で付いてきた1GBを今回の4GBに換えて、合計8GBに。

img_0

と、さくさくっと交換して起動し、「このMacについて」見てみたら
「4GB」・・。
もいちど裏蓋開けて見てみたら、ちゃんとメモリが挿さっていませんでした(^^;

ちゃんと挿していなくても、装着できちゃうんですね。気をつけなきゃ。

img_1

これがちゃんと奥まで挿した写真。
端子の部分がほぼ隠れています。

img_2

無事8GBに。

でも、仕事用のMacProがメモリ6GBですから、ちょっと複雑な心境・・。