カテゴリー別アーカイブ: ▼Hardware

Macminiに、エレコムDVI→Mini Display Port(Thunderbolt)変換ケーブル。

職場のMacminiで必要になって、
DVI→ミニディスプレイポートの変換ケーブルを購入。
基本職場ではいわゆる「純正品」を使っていたのですが、
コストダウンの波にのまれ(笑)今回から社外品を。

ELECOM Mini Display Port 変換アダプタ for Mac DVI(AD-MDPDVI)
をAmazonで購入。
1500円程度でした。
やっぱApple製品より安いなぁ。

もちろん問題なく使えています。
Apple純正品より、
ケーブル部分が長め(1.5倍)で柔らかく、
私的にはエレコム製の方が使いやすいかな。
色も黒と白から選べるしね。

Macmini(Early2009)をBRAVIAで。テレビとの接続はオーバースキャン/アンダースキャンの設定を。

引っ越しと同時にウチにやってきた
Macmini 2GHz(Early2009)。
VPAM256MB、メモリ4GB、起動もHDDだし、
今の私が使うマシンとしてはスペックが少々心許なく、
さてどうしようかと考えて、

リビングでテレビにつなげ使うことにしました。
以前使ってたApple TVはこれにて物置行き(笑)

てことでAVラックにMacminiも入れました。
かなりの違和感・・。

そうなると
マウスもキーボードももちろんBluetooth。

BRAVIAの入力切り替えて・・

はいこの通り。

接続はミニDVI→HDMIの変換ケーブルを利用しています。
音声はAVアンプにデジタル接続です。

ただ、Macの画面、
BRAVIAの画面より少し小さくなって
周りが黒くなっちゃうんですよね。

こんな時は
システム環境設定>ディスプレイ>
オーバースキャンのチェックを付けます。

テレビとつなげた際の
オーバースキャン/アンダースキャンに関しては、
Appleのサイトにも記載があります。
https://support.apple.com/ja-jp/HT202763

チェック付けると、この通り・・ってわかりづらいすね(^_^;

Macminiのスペックです。

ついでにこんなのも。
BRAVIAに取り付けてある録画用HDDを
背面に背負わせました。
タイラップでがっちり固定。

スッキリといい感じ。
通常はまったく見えません。

iMac G4 6W ? iMac分解してペンダントライトに。

今回の引っ越しで、かなりの断捨離を決行しました。
もちろん、ぽんこつMac群も例外ではありません。

その中で、修理不能だったけど外観がキレイで
捨てるのがあまりにももったいなかったのが
iMac G4 1.25GHz。

外側だけ再利用するため、中を全部はずしました。
トルクスレンチと根性で(笑)空っぽに出来ます。

で、そこまではいいのですが、
この底面にあるアルミ部分、

これがプラスチック製の筐体外側と、
スポットで融着してあるんですよね。
細かく細かく数十箇所も。

この融着部分の頭を、
地味にひとつずつドリルで削っていきます。

ふぅ。
外れました。

前の借家時代にこさえた、
ペンダントライト用自作アジアン傘。
新しい家にも持ってきたのですが、
これを、

このiMacに変えちゃいました。

上部と下部、それとCDトレイのフタ部分は、
プラスチック用の接着剤でくっつけました。

遠目に見ると、普通のペンダントライトにしか見えない(笑)

点けるとなかなかいいかんじ。
飽きるまでこれでいくかなー。
すぐ飽きそうだけど(笑)

Macmini(OS10.12 Sierra)に、OS10.10 Yosemiteをインストール。

どんどん壊れてゆく職場のMacPro2008・・。
もう8〜9年になりますからねー。

だいたいはグラフィックカードがダメになります。
自宅ならウラ技も使いますが
MacPro Early2008で、GeForce GTX750Tiを動かす!
職場のは原則として純正パーツで直します。
で、もうMacPro2008用の純正グラフィックカードはないんですよね。

なわけで入れ替えは、高い高い現行MacProはムリムリ。
Macminiに切り替えます。
まあDTPならパワーは充分。

Macmini(OS10.12 Sierra・256SSD・メモリ16GB)を2台購入しましたが、
Macminiって
Macmini 2014(OS10.10 Yosemite)の頃からマシン自体は変わっていないんですよね。

まずは初期化。
一昨年購入したMacmini 2014(Yosemite)に、
今回購入したMacminiをThunderboltでつないで、ターゲットディスク起動。

初期化してあらためてOSインストール。

OSは、USBメモリに作ってあったインストーラーから。
Mac OS Lion/MountainLion/MavericksのインストールUSB作り。もちろん起動ディスクにも

気づきました?

今回購入したMacmini(OS10.12 Sierra)に初期化インストールしたOSは、
OS10.10 Yosemiteなんですねー。
使うアプリケーションの関係上、Sierraより前のOSの方が都合よかったので。

2016年に買ったこのMacminiも、
やはりMacmini 2014からどこも変わっていないってことですねー。
お陰で助かったけどね。

 

MacPro Early2008に、2.5インチSSDを内蔵。

前回の日記で
[http://mac.club16.net/?p=2512]
「次のブツが・・」と締めましたが、
その次のブツってのがこれ。

101

はい、SSDですー\(^_^)/
ウチで普段使ってるMacmini2010、2014ともに
起動ディスクがSSDなので、もうウチじゃ
SSDでササッと起動してくれないと
煩わしく思えてしまう・・という贅沢なマカーに
なってしまいました(^◇^;)

102

今回入手したSSDは
サンディスク240GB SDSSDA-240G-J25C。
DO-MUでもAmazonでも7000円台半ばとお買得でしたが、
今回は一番安かったパソコン工房で。7,369円♪

103

プラスチック然な安っぽい筐体ですけどね、
造りは割と綺麗に仕上がってるので、まあいいかな。

で、MacPro使いにはご存じの通り、
このままでは搭載できません。
3.5インチHDDならサクッと載せられるMacProなのですが、
2.5インチとなるとサイズを調整するアダプターが必要です。

104

そこでコレ。
VintageComputer [http://www.vintagecomp.com/]で購入した、
ICY DOCK 2.5 to 3.5 SATA ハードドライブ/SSD コンバーターケース
です。4000円ちょいだったかな。
やーホント、VintageComputerは痒いところに手がとどく
すばらしい商品をラインナップしていますよねー。
利用するたびにつくづく思います(^。^)

105

このケースにSSDを収めて、MacProの3.5インチHDDベイに
装着するんですねー。
そしてその、SSDの付け方が簡単。
まずはコンバーターケースの上蓋をスライドさせて外します。

106

外した状態。
右がコンバーターケースの端子部分。
左は上蓋をひっくり返したところ。
スプリングが付いています。これでSSDをしっかり押さえるんですね。

107

コンバーターケースの内側のガイドに沿って
SSDを入れます。

108

SSDをスライドさせつつ
端子部分をしっかり押し込みます。

109

上蓋閉じて完成!
工具もいりません。1分かかりません!

110

で、ひっくり返して

111

MacProのHDD用アダプターを装着。完成。

112

あとは通常のHDDと同じく、
ベイにしっかり差し込みます。

113

ディスクユーティリティで初期化。
OSなどをインストールしました。

114

バッチリ起動。

115

ちゃんと認識しています(^。^)
もちろん、爆速で起動してくれるようになりましたー♪

MacPro Early2008で、GeForce GTX750Tiを動かす!

01

まず、このMacProの購入の経緯ですが、
ヤフオクで数千円だったんです。
ただし!
電源なし!HDDなし!ドライブなし!メモリなし!グラフィックカードなし!・・

落札してからのやりとりで聞きましたが、
電源が壊れたらしいので、あれこれバラしてオークションで売ってるとか。
(ご本人はすでにiMac買ったらしい)
グラフィックカードはけっこう高値で売れたとか。

メモリ8GB分のみまだ売れ残っていて、
なんなら格安でお付けしますよ!とのことでしたので、
いただくことにしました。マジ格安で(^。^)
なんたって本体+メモリで数千円ですから(^。^)
良心的な出品者様でした。
(グラフィックカードでガッツリ儲けられたから・・なんて勘ぐってはイケマセンww)

02

さて、なにはともあれ一旦稼働させないことには
状態も解らず、先へ進めない。

まずドライブ。
実は職場で廃棄処分のMacProがあったので、ドライブ部だけ取っておいたんですねー。
それを装着。

次にグラフィックカード。
これは職場のMacProから純正の
ATI Radeon HD 2600 XTをちょいと借りてきて装着。

そして電源。
当初はATXを流用・・と思っていましたが、色々調べると
かなりハードルが高い。(私的には不可能)
なのでこちらも根気強くヤフオクで見つけました。

HDDは
ウチにあった2TBを使いました。

ハード面はこれで準備完了。

03

OSは以前作ったインストーラーから
[http://mac.club16.net/?p=2090]
MountainLionをインストールして起動。
うんうん、動きました。ほっ。

04

メモリもこの通り8GB。

05

さて、ここからです。
この純正グラフィックカード、
いつまでも借りていられません。
休み明けにはこっそり戻さなければ・・ww

事前にネットでいろいろ検索して、
Macでも稼働させることができるらしい
win用のグラフィックカード、
玄人志向のNVIDIA GeForce GTX750Tiの
アウトレット品をAmazonで購入してありました。1万円でした。
(正確には「玄人志向 NVIDIA GeForce GTX750Ti PCI-Ex16 LowProfile 2GB 補助電源なし/GF-GTX750TI-LE2GHD」)

なんせMac用ってのは高いですからねー。
3万円出しても、このグラフィックカードより遠くおよばない性能のものしか買えない、
いやそれ以前に、Early2008用で高性能なグラフィックカードがほぼ
入手困難ですから。

で、MacでのGeForce GTX750Tiの動かし方ですが、
先駆者の方々のブログ等見せていただくと、
このグラフィックカード、換装前に
先にドライバーをインストールしておかなければならないとか。

ドライバーは2つです。
グラフィックカード用ドライバーと
CUDAドライバーです。
(「CUDA」とは何か?ってことはググってくださいww)

事前にインストールしておくべきなのは
カード用ドライバーだけなのですが、
面倒なのでCUDAも先にインストールしました。

06

まずnVIDIAのドライバーダウンロードのページに行きます。
[http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx]

GTX750TiのMac用ドライバーは存在しません。
「Quadro K5000 for Mac」というのが使えるそうです。
それのMountainLion用(バージョン313.01.04f06)をダウンロード。

07

展開してインストールします。

08

続けてCUDAダウンロードのページに行きます。
[http://www.nvidia.co.jp/object/mac-driver-archive-jp.html]
自分のOSに合うバージョンを見つけます。
私は6.5.51でした

09

同じくダウンロードしてインストール。

10

するとこのように
システム環境設定に表示されます。

11

CUDAはデフォルトのまま。
何もいじることはありません。

12

ドライバーも同じくデフォルトのまま。

グラフィックドライバーのチェックが
「NVIDIA Web Driver」になっていることを
確認して下さい。

13

ソフトの準備が出来たので、
電源を落として
グラフィックカードを交換します。

 

14 15

かっちょええなぁー。

16

そして起動!!

・・

・・・

あれ・・。
画面が黒いまま。いつまで経っても黒いまま。
ドライバーのバージョン確認し、
念のため再インストールし、
ディスプレイのポートもDVIもHDMIも試してみたけど
ぜんぜんダメ。
んー。

一旦純正のグラフィックカードに戻します。

17

で、OSをアップデートしてみました。

10.10Yosemiteに。

以前一度MacminiでApp Storeから
ダウンロード・インストールしているので、
App Storeにログインして「購入済み」タブから
再ダウンロード・インストール。

18

あらためてグラフィックカードのドライバーも
Yosemite用のバージョンをダウンロード、再インストール。
ドライバーのバージョンは
346.02.03f06
CUDAのバージョンはこの時最新の
7.5.25
を入れました。

インストール後、Macを終了し、
またGeForce GTX750Tiに変えて
パワーボタンを祈りながらぽちっと・・

19

わぉ起動!!

20

ほれほれこの通り!!

21

さらにヤフオク+Amazonのアウトレットで手に入れた
格安メモリも突っ込んで

22

14GBに。
これでしばらく使えるかなー。

といいながらも、
ネット購入した次のブツを待っています・・( ̄∇ ̄)

ちなみにここまで、
からっぽ本体+中古メモリ8GB分+中古純正電源+アウトレットGeForce GTX750Ti
+アウトレットメモリ6GB分(HDDとDVDドライブは0円)
=32000円のMacProです(^。^)
粘りと労力と運が必要ですが、
なんとか「激安!」ってレベルに抑えられたと思いますー。

PLANEXスイッチングハブ、ファン交換と、100均アイテムでスイッチングハブラック作り

img_0_m

職場で使ってるプラネックスのスイッチングハブなんですけどね、
設置したのはもうかれこれ7年くらいなのかな。
1年前くらいからファンが「しゃかしゃか」うるさいんですよね。

ハブとしての機能には問題ないので、
そのまま使っていましたが、
そのしゃかしゃかが徐々におっきくなってきて、
だんだんイライラするような音になっちゃって。

img_1_m

ハブ買い替えるのももったいないので、
ファンだけ取り替えようかなーと。

バラしてみると、
40mm角の、5V・0.2Aのものでした。
Amazonとかで調べると、数少ないですねー。
まず5Vってのが極端に少ない。
本来はノートパソコン用のファンだそうで。

で、先日たまたま行った
札幌のDO-MUで http://www.at-mac.com/
似たスペックのものを見つけました!
で3コ購入。
1コ1000円切るくらい。

img_2_m

左が今回購入したファン。
40mm角5V・0.25A。
右はハブに付いていたしゃかしゃかファン。

img_3_m

購入したファンは、
USBから電源取るタイプだったので、
元のファンに付いてたコネクタを移植。

img_4_m

3コともコネクタ移植して交換。
バッチリ動いてます。
そして、やっと静かになった〜。

ちなみに、ハブまわりはこんな感じ。
ほぼ100均のアイテムで出来ています。
総額1000円くらい。
環境的に壁掛けにせざるを得なかったんですよねー。
見栄えはイマイチだけど、
コンパクトに収める、整理する、掃除しやすい、管理しやすいなどの
当初の目的は達成されています(^。^)

Mac miniでAirPlayトリプルディスプレイ(BRAVIA)やってみる。

(2015.7.14)

img_0_m

ウチのMac mini Late2014(Yosemite)
通常はデュアルディスプレイで使っています。

テレビのBRAVIAとは、
Apple TV介してつないでいますが、ほぼiTunesのMV観る時用。
そういや、AirPlayでふつーのディスプレイとしても
テレビにつなげるんだっけ・・とふと思いだし、

img_1_m

拡張でちょいと接続してみると

img_2_m

↑ディスプレイ1

img_3_m

↑ディスプレイ2

img_4_m

↑んでBRAVIA

あ。一応使えますね。
ふつーに作動しました。
使いづらいけど。

でもね、この状態でYouTubeなど動画再生したら、
その再生しているモニターが激重!
マウスがカクカクってなりました。

ま、いずれにせよ2つのモニター+BRAVIAで拡張デスクトップなんて
使う機会きっとないでしょうけどねー。

 

 

Macminiが終了(シャットダウン)しないトラブル。Late2012+Mavericks、Late2014+Yosemiteで

(2015.1.28)

職場にあるMac mini Late2012(Mavericks)ですが、
購入当初からトラブルがあります。

img_2_m

終了しないんですよ。

終了を選択すると、
画面が白くなって、例の「くるくる」カーソルも出ず、
そのまま。

白い画面にポインタだけ見えてて、
マウス動かすとポインタは動くんですよねー。
なのですべてがフリーズしてるわけじゃないのですが・・。

そのまま朝までほっといても、
やっぱり終了してない。
画面が真っ白のまま。

HDDを初期化して2度ほどOS(Mavericks)を再インストールしてみたけど
変わらない。

結果、いろいろ試してみると、
USBでつながったIOデータの外付けHDDを外すと、
ちゃんと終了できたんです。
今は、
そのHDDをアンマウントしてから終了させています。
なんだろなー・・相性かなー。
数台同じ組み合わせでLate2012あるけど、
この個体だけなんだよな・・。

img_3_m

なんて考えてたら、
先日買ったウチのMac mini Late2014(Yosemite)にも
異変が。

Macを終了、
一旦画面が真っ暗になりますが、1秒ほどでまた画面が立ち上がり、
上記のようなアラートが出ます。
終了しないんですよ~~(ー ー;

でもね、終了するときもあって・・。

で、気づきました。
iPodnano(4G)です。
こいつ繋いでiTunesと同期、そのままMacと繋がったまま
充電状態でMacを終了させようとすると、
この症状が出ます。

iPodnano外したら、問題なく終了しました。

どうやら近年のMac mini(またはOS)は、
外付けのストレージと、なにやら相性がいろいろとあるようですね。
(個体差ありますけどね)

 

Mac mini Late2014(CTO)、ぽち

(2015.1.20)

なんか今使ってたMacmini(Mid2010)買ったときも、
年末にアップルストアでぽちっとしちゃったんだよなあぁ。

img_0_m

で、昨年末も4年ぶりのぽちっ。
やってきたのは1/8。
先週末やっとセッティングができました。

img_1_m

またもや
Macmini(Late2014)です。

img_2_m

昨年末出たときにね、
「QuadCoreがない」「スペックダウンだ!」などと
ネットで叩かれてましたが、
まあ、私もソコ引っかかったんだけど、
いいよね。うん。

img_3_m

Mac mini自体はちっちゃいので問題ないけど、
キーボードが3台はけっこう手狭ですね。

img_4_m

今まで使ってたMacmini(Mid2010)はCore2Duoの最終型。
でもね、SSDへの改造で、普段使いはまったくストレス感じません。
SSD効果って、思ってた以上にスゴいよね(^_^)

img_5_m

今回買ったMacmini(Late2014)は
オプション(CTO)で、メモリを16GBに、
内蔵ディスクを256GBのSSDにしますたー。

検証しながら使い倒していきますぞ(^_^)