あか。 のすべての投稿

iPod shuffleたらこ featuring QP(まさかね)

(06.10.27)

img_73467_42845212_0

AppleStoreの「得」コンテンツ、その中の「未開封新品」コーナーにまだまだ残っています、
旧型iPod shuffle。
あの縦長のやつですねー。
そこそこ安くは売っているのですが、この価格ならやっぱり現行型の方が魅力的。

在庫さばきたいのなら、Appleお得意のAppleStore限定コラボレーションモデルにしちゃえばいのに。
とゆーわけで、
「iPod shuffleたらこfeaturing QP」。
うまくカタチまとまりそうなんだけどな〜。

iVision42

(06.4.22)

javascript-self

成長株の大型テレビ。
スティーブが放っておくハズがない。
Appleが放つ、初のテレビ「iVision42」。42薄型液晶テレビです。

テレビですから、当然スピーカーもチューナーも内蔵。
そしてAppleらしく、MacやPCとの連携(接続)も考えられており、DVI端子を装備。
モニター中央上には「iSight」も。
そしてiPod用のDockも用意されており、iPod内の画像・映像・音楽も、このTV1台で楽しめる。

さらにモニタ下には「iPodHi-Fi」を置くことができるので、「iDSP」と組み合わせホームシアターを構築する時には、センタースピーカーとして利用できる・・なんちゃってね。

iDrive、Power Drive

(05.10.18)

img_73467_14314946_02005-10-23

車でiPodを!と推し進めるApple、いっそ自身でその環境を。

カーオーディオ、「iDrive」です。
AM/FMチューナー・4ch PowerAMP内蔵1DINヘッドユニット。
単体ではチューナーしか聴くことができません。音楽は、iPodを利用します。

ディスプレイがフリップダウンし、そこにiPodを内蔵することができます。
Dock付きなら、どのタイプでもアダプターで対応。

でも白いモデルは、ちょっとオモチャっぽいかなぁ。

img_73467_14315950_02006-05-26

iDriveの上級機種、「PowerDrive」です。

こちらはアンプレスヘッドユニット。チューナーと、そしてCDが付いています。

フェイスがフリップダウンしてCDを入れ替え、そしてiPod挿入時はディスプレイパネルのみがフリップダウンします。

Apple単独ではノウハウが少ないため、Pioneerとの共同開発。発売も「carrozzeria」取扱店で。

うーん・・
すぐ壊れそうなので、ボツ(笑)。

Power Pod

(05.10.14)

img_73467_13850226_02006-04-22

Appleのラインナップ、コンシューマー向けは「iBook」「iMac」など、プロユースは「PowerBook」「PowerMac」。

Appleのサイトでも見られる通り、「iPod」はプロのミュージシャンにも大人気。Appleは、それに応えてプロユースのiPodを用意。
「PowerPod」です。

高性能な装備満載。
HDDは160GB。この大容量は「Appleロスレスエンコーダ」での保存を前提としたモノ。プロユースでは、音質第一。
なお、80GB×2台搭載なので、設定にてレイドも可能。
緊急モーションセンサーも備え、暗いスタジオではありがたい「ホイールイルミネーション」も。
インターフェイスもUSB/FWの他に光入出力、金メッキライン端子、マイク入力も装備。

そして・・
厚めのアルミボディはノートPCのように開き、そこには4インチほどの大画面液晶モニターが。
曲をすばやく探すことができ、多少の編集であれば「スクロール対応トラックパッド」で手軽に操作。
モニタースピーカーも内蔵し、まさに完全無欠のプロ仕様。
付属するのはプロ版iTunes「PowerTunes PRO」。

しかし・・
ぶかっこうだなぁ。やっぱ売れんか・・。

iDSP

(05.10.11)

img_73467_13565853_02006-04-22 02-01-41')

Macで編集→iPodで再生、という流れを音楽で構築したApple。
映像クリエイターからも評判がいいため、ちょいと調子ぶっこいてそっち分野にも。

AppleのAVアンプ、「iDSP」。
9.1chで、Dolby/dts/THXの各サラウンド、フルデジタルアンプ、HDMI・iLink搭載と最新の機能の他、iPodゆずりのボリューム/セレクター、それ以外はシーリングパネルに収めたすっきりデザイン、ホームオーディオではまれな白いディスプレイパネル(フルドットマトリクス)など、ぱっと見はAppleらしさ満載で個性的だが・・

その中身はSONYのOEM(TA-DA7000ES)だったりして(笑)。

iPod moe

(05.9.16)

img_73467_11527130_52005-09-20

さあ、電車男に続け!
これからヲタは、おしゃれに。
iPod moeの登場です。

本国での思いも寄らぬ、iPod nanoの苦戦に、てこ入れのため、プレミアムなiPod nanoを投入。

日本での売り上げ善戦と、本国での苦戦を考えたジョブス氏、アメリカ人にも受け入れられる、日本のいいところを取り入れよう、とした答えが「ヲタ」。
今アメリカでは空前のジャパニメーション(日本製アニメ)ブーム。
当然、アメリカのアニメファンには「ヲタク」「アキバ」などという言葉も定着している。
常に流行の先端にいるAppleは、このブームを敏感に感じ取り、自社の製品に取り入れることにした。
これが、今回発表された「iPod moe」。
ヲタク市場リサーチの結果、バニーガール(ヲタ的には保守ではあるが)をイメージし、赤い蝶ネクタイ、太股、そしてガーターベルトの模様を再現。
カラーディスプレイでは、常に「Tigerタン」が話しかけてくれる、まさにヲタが「萌え〜」な逸品。

オプションには「うさぎの耳」もラインナップ。小型のスピーカーが内蔵されている。

アメリカと日本のみでのプレミアム販売。
さて、これが人気回復の起爆剤となるか・・・。
(ならんか。)

VAIOは「ことえり」風にできないATOK。

(06.12.5)

VAIOもMacも「ATOK2006」使ってますが・・
もともとMacでずーーっとATOK使っていました。ATOKの前はMac標準のことえり。なので、ATOKでも環境設定で「ことえり風」のカスタマイズ。キー配列がことえりなんです。

VAIO(Windows用)のATOKにももちろん環境設定があり、キー配列をカスタマイズできるのですが、さすがに「ことえり風」という設定はありません。当たり前ですけどね・・。
Mac用ATOKには「Windows風」という設定があるのだから、今後のバージョンにはWindows用にも「ことえり風」をぜひ採用して欲しいものですねー。

javascript-self