管理人あか。 のすべての投稿

SHARP AQUOSケータイSH-06G(ガラホ)。

すぐサボるので、会社から
「あかはケータイ持って歩け!」ゆわれて支給されています。

んで、そのケータイが調子悪くなったので新機種に。
すべて会社にお任せなんだけど、
ちょっとオモシロイものきました。

docomo SHARP AQUOSケータイSH-06G。
Androidの入ったガラケー、最近耳にするガラホってヤツ。

でもまあほぼ通話なので、
その恩恵は少ないですね。

便利なのは、充電のコネクタがUSBなとこ、
それとMacとUSB接続して中にアクセスできること、かなー。
まあ気長に色々試してみます。

Macminiに、エレコムDVI→Mini Display Port(Thunderbolt)変換ケーブル。

職場のMacminiで必要になって、
DVI→ミニディスプレイポートの変換ケーブルを購入。
基本職場ではいわゆる「純正品」を使っていたのですが、
コストダウンの波にのまれ(笑)今回から社外品を。

ELECOM Mini Display Port 変換アダプタ for Mac DVI(AD-MDPDVI)
をAmazonで購入。
1500円程度でした。
やっぱApple製品より安いなぁ。

もちろん問題なく使えています。
Apple純正品より、
ケーブル部分が長め(1.5倍)で柔らかく、
私的にはエレコム製の方が使いやすいかな。
色も黒と白から選べるしね。

Macmini(Early2009)をBRAVIAで。テレビとの接続はオーバースキャン/アンダースキャンの設定を。

引っ越しと同時にウチにやってきた
Macmini 2GHz(Early2009)。
VPAM256MB、メモリ4GB、起動もHDDだし、
今の私が使うマシンとしてはスペックが少々心許なく、
さてどうしようかと考えて、

リビングでテレビにつなげ使うことにしました。
以前使ってたApple TVはこれにて物置行き(笑)

てことでAVラックにMacminiも入れました。
かなりの違和感・・。

そうなると
マウスもキーボードももちろんBluetooth。

BRAVIAの入力切り替えて・・

はいこの通り。

接続はミニDVI→HDMIの変換ケーブルを利用しています。
音声はAVアンプにデジタル接続です。

ただ、Macの画面、
BRAVIAの画面より少し小さくなって
周りが黒くなっちゃうんですよね。

こんな時は
システム環境設定>ディスプレイ>
オーバースキャンのチェックを付けます。

テレビとつなげた際の
オーバースキャン/アンダースキャンに関しては、
Appleのサイトにも記載があります。
https://support.apple.com/ja-jp/HT202763

チェック付けると、この通り・・ってわかりづらいすね(^_^;

Macminiのスペックです。

ついでにこんなのも。
BRAVIAに取り付けてある録画用HDDを
背面に背負わせました。
タイラップでがっちり固定。

スッキリといい感じ。
通常はまったく見えません。

auひかり、ルーターAterm BL900HWで速くなった♪無線LANも使えるー。

引っ越ししてから1か月半が経ちました。
片付けはまだまだ残っていますが、
快適な住環境で満足です(^。^)

ネット環境は回線・ISPとも従来のまま。
今回の引っ越しを、ネット回線とプロバイダーを使ってる
auに連絡したところ、
新しい機器が送られて来ました。

今回の新居では、電話・FAX・ネット機器コーナーを設け、
ソレに合わせて壁にジャックなども付けたので、
機器の配置取り付け、非常にらくちんでした(^。^)

従来auからの機器を3つ使っていましたが、
その3つとも新たに送られて来ました。
それが
ONU(黒いやつ)、ルーター(ホームゲートウエイ・白いやつ)、
そしてauテレビのセットトップボックス。

このうち、ONUとセットトップボックス(ST1100R)は、
従来のと同じ機器なんすよねー。
使い回せばいいと思うんだけど・・。
まあ、新しいのに変えました。

ルーターはヨカッタ!!
今までのAterm BL190HWから、
Aterm BL900HWになりました!!
てか、いつの間にか新型出てた!知らなかった!!

しかも私、携帯もauってことで「スマートバリュー」
(携帯電話と固定電話のセット割引)にも入ってて、
するとこのルーターの無線機能が無料で使えるとの事だったんです。

 

極めつけは、速い!
今までのMAXが83Mbps程度だったのですが、
http://mac.club16.net/?p=2032
今回の機器では140Mbps越え!!
住所も変わったけど、このBL900HWに変えた事も
大きく影響してると思われます(^。^)

au SONY Xperia Z5(SOV32)をAndroid 7.0 Nougat(ヌガー)に、そしてデータセーバー。

発表からけっこう待ちましたねー、
Xperia Z5のAndroid7へのアップデート。
先日ようやくアナウンスがありました。

auのサイトにも詳しく載っています。

ウチのau版Xperia Z5(SOV32)も、
昨夜寝るまえに操作して、
朝起きたらこの通り。
UIけっこう変わっていますね。

Android6の頃よりも、
若干ですがサクサク感がありますねー。
少し作動が軽くなてるようです。
こりゃいい。

ネット上で不具合報告もぽちぽち見受けられますが
主に先行していた海外モデルのものなので、
今回の日本でのアップデートまでの1ヶ月間(かな?)で
改良されているのを期待ですね。

今のところ私は不具合ナシです。

そうそう、バッテリーの持ちがどうなのかなーと
思っています。ちょっと2〜3日様子見。

で、少しでもバッテリー節約ってことで、
新しい機能使ってみました。

設定>データ使用>
「データセーバー」です。
なんてストレートなネーミング・・。

要するに、待ち受け状態のときに、
勝手にアップデートなど、いろいろ作動しないよう
アプリもお休みさせる機能ですね。

ただ、データの自動バックアップなど動いていて欲しい機能もあるので
それはひとつずつチェック付けていきます。

さて、これで数日様子見てみますー。

iMac G4 6W ? iMac分解してペンダントライトに。

今回の引っ越しで、かなりの断捨離を決行しました。
もちろん、ぽんこつMac群も例外ではありません。

その中で、修理不能だったけど外観がキレイで
捨てるのがあまりにももったいなかったのが
iMac G4 1.25GHz。

外側だけ再利用するため、中を全部はずしました。
トルクスレンチと根性で(笑)空っぽに出来ます。

で、そこまではいいのですが、
この底面にあるアルミ部分、

これがプラスチック製の筐体外側と、
スポットで融着してあるんですよね。
細かく細かく数十箇所も。

この融着部分の頭を、
地味にひとつずつドリルで削っていきます。

ふぅ。
外れました。

前の借家時代にこさえた、
ペンダントライト用自作アジアン傘。
新しい家にも持ってきたのですが、
これを、

このiMacに変えちゃいました。

上部と下部、それとCDトレイのフタ部分は、
プラスチック用の接着剤でくっつけました。

遠目に見ると、普通のペンダントライトにしか見えない(笑)

点けるとなかなかいいかんじ。
飽きるまでこれでいくかなー。
すぐ飽きそうだけど(笑)

iTunesのミュージックビデオからお手軽に音楽だけ抜き出す。

iTunesストアで、ミュージックビデオが欲しいけど、
iPodで聴けるように音楽だけも欲しい・・。
MVが400円、曲が250円、両方買ったら650円だもねー。
なんとなーくもったいないような無駄なような・・。

てな時に使う小技。意外と知られていないようで、
ちょっと記載します。
ミュージックビデオのデータがあれば、
音楽だけのデータもお手軽に作れます。
使うアプリはMac標準のiTunesとQuickTimePlayerだけ。
あ、Toast持ってる方はそちら使ったらよりいいかも。

ちなみに今回の私の環境は
Macmini Late2014+OS10.10.5Yosemite、
iTunesはバージョン12.5.5.5、QuickTimePlayerは10.4、
Toastは旧〜いToast9Titaniumです。

ひとまずMVだけ購入。

iTunes内にダウンロードできたら、右クリックでサブメニュー開き、
「Finderで表示」を選択。

表示された動画データ。
再生時間が3分21秒、サイズは45.2MBですね。
このファイルをこのままQuickTimePlayerで開きます。

起動したQuickTimePlayerのメニューバーから
ファイル>書き出す>オーディオのみ
を選択します。

はい出来上がり(^。^)
映像がない分、サイズが45.2MB→6.2MBにもなっちゃいます。
で、これだけではちょっと不具合があるので、それは後述します。

先に、Toastでの方法を。
もしToastがあるのなら、そっちのほうがクオリティ良く抜き出せます。

Toastを起動して、
変換>オーディオファイル
に動画データをドラッグ&ドロップ。

右下の赤いボタンを押すと、保存先を選択する画面が開きます。
この時に、フォーマットも選べるので、お好みのフォーマットで。
私はACCを選択しました。

フォーマット横のオプションを押すと、
ビットレートも選べます。
256kbpsにしました。
これでOKをクリックすれば、あっという間に音楽データとして
書き出してくれます(^。^)

さて、後述すると言っていたもうひと作業。

MVって、曲が始まる前にオープニングがあったり、
曲が終わってからエンドロール入ったりしますよね。
MVから音楽データ書き出しても、その部分の音が入ってたり、
あるいは無音で続いたり、要するにMVと同じ尺で書き出されるんですよね。

なのでその不要な部分を削除(正確には再生しないように)します。
iTunesのカウンタ見ながら一度再生して、何分何秒まで必要なのかをチェック。
確認したら右クリックでサブメニューを出し、「情報を見る」を選択します。

「オプション」を開きます。
これ、3分21秒のMVだったのですが、曲終了後エンドロールが入っています。
曲自体は3分07秒で終わるので、
「停止」にチェックを付けて「3:07」と打ち込みます。
これでこのデータは、iTunesやiPod・iPhoneで聞くときには、
3分07秒で終了するようになります。

これでMVだけ手に入れば、音楽データにも使えますね(^。^)

auひかりテレビ、ビデオサービスがビデオパスに、STBもSYW2000(Android TV)へ。

10月のお話しなのですが、先日やっと設定したので・・
(^_^;

ウチ、スマホもですが、
家庭のインターネット回線もau光、ISPもauone-net、
ついでに家電話もauで、テレビもau光に加入してます。
[http://blogs.yahoo.co.jp/dc2raka/64357033.html]

んで、そのau光テレビサービスですが、
10月からサービス(ソフト)もハードも変わるということで
連絡来たので、申し込んでありました。

ソフトの方は、「テレビ」部分は変わりませんが、
「ビデオ」部分が従来のシステムから、
スマホと同じ「ビデオパス」に変わったんですよねー。

まずはハードの設置。
STBは従来の三菱電機ST1100Rから、
この住友電気工業製STW2000に。

STBはauからのレンタルなので、
はずしたST1100Rは送り返します。

スルーout用のHDMI端子も付いててありがたやー。
でもなんといっても最大のトピックは、
2チューナー!
録画しながら別番組見られるように(やっと)なったんですねー。

リモコン。
左は今回の。右は従来の。
コンパクトになりました。

さて入れ替え。
ST1100Rさよならー。

STW2000、ちょっと大きい。

でねー、私サイトの説明とかなーんにも見ないで頼んだもんだから、
起動して(゚Д゚)びっくり。
Android TVだったんですねー。

まずは最新バージョンにアップデート。

んで、この設定がMac/PCでできるってのが楽ちん。
MacでGoogleにログインした状態で、
表示のURLにMacからアクセス。

テレビに表示されてる
テレビコードをMacで入力。

ほれほれ。終了。

次へ。

はいーチャンネル表示。

あとは外付けHDDの設定。

初期化したら

完了。

前よりレスポンス良くなかったり、
使い方面倒だったりするけど、
なんたって2チューナーになったことで
すべて許す(笑)

Macmini(OS10.12 Sierra)に、OS10.10 Yosemiteをインストール。

どんどん壊れてゆく職場のMacPro2008・・。
もう8〜9年になりますからねー。

だいたいはグラフィックカードがダメになります。
自宅ならウラ技も使いますが
MacPro Early2008で、GeForce GTX750Tiを動かす!
職場のは原則として純正パーツで直します。
で、もうMacPro2008用の純正グラフィックカードはないんですよね。

なわけで入れ替えは、高い高い現行MacProはムリムリ。
Macminiに切り替えます。
まあDTPならパワーは充分。

Macmini(OS10.12 Sierra・256SSD・メモリ16GB)を2台購入しましたが、
Macminiって
Macmini 2014(OS10.10 Yosemite)の頃からマシン自体は変わっていないんですよね。

まずは初期化。
一昨年購入したMacmini 2014(Yosemite)に、
今回購入したMacminiをThunderboltでつないで、ターゲットディスク起動。

初期化してあらためてOSインストール。

OSは、USBメモリに作ってあったインストーラーから。
Mac OS Lion/MountainLion/MavericksのインストールUSB作り。もちろん起動ディスクにも

気づきました?

今回購入したMacmini(OS10.12 Sierra)に初期化インストールしたOSは、
OS10.10 Yosemiteなんですねー。
使うアプリケーションの関係上、Sierraより前のOSの方が都合よかったので。

2016年に買ったこのMacminiも、
やはりMacmini 2014からどこも変わっていないってことですねー。
お陰で助かったけどね。

 

MacのTimeMachineをゴミ箱に→削除できない!

やーやってくれましたよ後輩ちゃん(;´Д`)
TimeMachineでバックアップ取っていますが
「HDDが一杯です」の表示が出たから、と
TimeMachineに入ってゴミ箱に入れちゃった・・。
ほっといても古いデータから消してくれるのに・・。

で、ゴミ箱に捨てたTimeMachineのデータって、
「ゴミ箱を空にする」で削除できないんですよね。

てなわけで、ターミナルの出番。

01

アプリケーション>ユーティリティ>ターミナルを起動。
そこに
cd /Users/ユーザ名/.Trash/

と入力。
最後の/の後ろに半角スペース入れます。
で、ENTERキーまたはRETURNキーを押す。
すると、勝手に文字列がちゃらっと書き込まれてゆきます。

そしたら次に

sudo rm -rf

と入力。
同じ様に最後のrfの後には半角スペースを入れます。

02

次に、ゴミ箱から削除したいファイルを、
このターミナルの画面上にドロップして、
ENTERキーまたはRETURNキーを押す。

03

すると、パスワード要求されるので、入力。
んで、ENTERキーまたはRETURNキーを押す。一度だけね。

そしてしばらく放置。
けっこう時間かかります。
フォルダ4つで1時間半〜2時間くらいかかったかなー。
でも、きれいになくなりました(^。^)